エピッククエスト「熱風導く双極技巧」のSSR報酬&SR神姫の評価

エピッククエスト
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年10月15日からエピッククエストに「熱風導く双極技巧」が追加されました.

今回は「熱風導く双極技巧」のSSR報酬&SR神姫の評価について記します.

 

スポンサーリンク

2. SSR幻獣 [導きの暁風]ヤタガラス

幻獣効果:風属性攻撃40[%]UP/バーストゲージ上昇量20[%]UP

属性攻撃力40[%]UPなので,イベント産幻獣としては十分な数値です.

特筆すべきはバーストゲージ上昇量UPも付与されることです.

 

基本的には通常攻撃1回でバーストゲージが10貯まります.

なので,幻獣効果を加味すると通常攻撃1回でバーストゲージは12貯まるようになります.

パッと見だとそこまで大きな上昇量には思えないかもしれません.

しかし,連続攻撃を考慮するとかなり違ってきます.

 

二連撃だとバーストゲージの貯蓄量が20 → 24

三連撃だとバーストゲージの貯蓄量が30 → 36になります.

そのため,全体のバースト回転率が良くなります.

 

特に,風属性にはアザゼル[神化覚醒]という強力無比なバッファーがいます.

アザゼル[神化覚醒]は味方全体に連続攻撃確率UPを含めた強力なバフを付与します.

そのため,[導きの暁風]ヤタガラスとは相性抜群です.

 

・召喚効果:味方全体の三段攻撃確率UP

幻獣効果と相性が良い召喚効果です.

効果量は不明ですが,優秀な召喚効果だと思います.

 

・ステータスの総合値:2658

ステータスの総合値はイベント産幻獣では結構高めです.

ステータスが高めで召喚効果も有用なので,サブ幻獣としても良いです.

 

スポンサーリンク

3. SSRウェポン 八咫双翼裂空弓

武器種:弓

スキル1:アサルト(大) 16[%]

 

アサルト(大)は良く使われる有用なスキルです.

編成に組み込みやすいウェポンなので入手しておきたいですね.

 

バースト効果:味方全体の風属性攻撃UP

幻獣&ウェポン枠の風属性攻撃バフなので優秀です.

アーサーアヴァロンの導きなどの攻撃バフとは枠が違うため,それらと重複します.

そのため,味方全体の攻撃力UPに大きく貢献してくれます.

イベント産のメインウェポンとしてはかなり優秀な効果だと思います.

 

幻編成について

風属性は恒常で入手しやすいSSR弓が複数あります.

ウェポン名入手先
四凶滅弓キュウキ週替わり降臨戦 窮奇降臨戦
狂毒弓ヴァーンズインエピッククエスト 交されし約束、時を越えて
風翼弓ドキマシアクォレル天宝交換
嵐狂弓アルクタンペットレイドメダル交換 or ULT風カタスドロップ

そのため,風属性で幻弓編成はかなり組みやすいのでおすすめです.

 

ちなみに現在私も風属性は幻弓編成を愛用しています.

だいぶ前の編成ですが,私が現在使用しているのに近い編成は下記の記事を参照して下さい.

シャルの風属性パーティ編成2019年12月末版
1. はじめに 2019年12月末時点の私の各属性パーティと以前の編成記録を比較する記事の第3弾です. 今回は私の風属性パーティ編成を紹介しようと思います. 2. 神姫の編成 現在所持している風属性SSR神姫は下記の14...

 

スポンサーリンク

4. SR神姫 [情熱の道標]サティー

「熱風導く双極技巧」を開始すると入手出来るSR神姫です.

役割としてはデバッファーバッファーです.

 

イグナイトロックピン付与が必中なのは嬉しいところです.

ストーミーパッションズのデバフの条件にピンが必要なので,必中は有難いです.

(デバフも必中ならなお良かったです.)

 

ストーミーパッションズは防御-10[%](属性枠)です.

属性枠の防御デバフで効果時間も通常通り180[秒]なので使いやすいです.

 

ブレイズガイダンスで全員に確実急所攻撃を付与します.

なので,フルバーストに合わせて使用したいですね.

 

アビリティやアシストは非常に優秀なのですが,リキャストが長い点だけは注意です.

総合的にサティーらしさを感じさせるバージョン違いで,個人的には結構好きです.

 

5. おわりに

[導きの暁風]ヤタガラスは良くまとまった性能なので非常に優秀です.

風属性のメインでもサブでも使えるので,付き合いの長くなる幻獣です.

 

八咫双翼裂空弓はアサ大なので使いやすいです.

風属性は入手しやすいSSR弓が複数あるので,幻弓編成を組みやすくて良いです.

 

[情熱の道標]サティーは使いやすいデバッファーバッファーです.

火属性で属性耐性ダウン持ちの神姫がいないなら,頼りになる神姫です.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント