1ターン目から青のプレイヤーのドリーム・キーが入手可能なIGアイコン紹介その3

Z/X雑記
スポンサーリンク

1. はじめに

1ターン目からドリーム・キーが入手可能なIGアイコン紹介の第4弾です.

引き続き今回も青のプレイヤーのドリーム・キー入手が可能なIGアイコンを紹介します.

3回目の今回は専用構築で使えるカードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 女神の神託 卑弥呼

ブレイバーデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚ブレイバーがあれば女神の攻撃で相手ゼクスを破壊すれば1ドロー出来ます.

女神デッキはもちろんのこと,ブレイバーデッキでも活躍出来ます.

女神デッキはドロー効果がそれなりにあるため,青プレイヤーの門でイデアライズも出来ます.

 

スポンサーリンク

3. トゥ・ユア・ハート胡喜媚

ミソスデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚ミソスがあれば登場時に1ドロー出来ます.

除外のミソスが貯まればNSの4コスト以下除外も使えるため,使いやすいIGアイコンです.

 

4. ヴィクトリーコール ポラリス

バトルドレスデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚バトルドレスがあれば手札のバトルドレスをデッキ下に置いて2ドロー出来ます.

バトルドレスデッキならば優先的に採用したいIGアイコンです.

状況によって5コスト以下対象の手札バウンスが使えるのも強力です.

 

ただし,イベントを採用しているデッキの場合は1ターン目に失敗することもしばしばあります.

リゲル★クリスマスやIGOBイベントが初期リソに入ってしまうこともありますからね.

 

5. ピュアリィ・サポート!ニュー

ニューデッキ用のIGアイコンです.

手札にあるニュー名称のカードを公開することで1ドロー出来ます.

上記3種はP指定がないため,ニューP以外のプレイヤーでも条件達成は可能です.

そのため,プレイヤーをあづみにしてニューデッキを使う際でもドロー効果を使えます.

 

6. 澄音の刻み手ラフト

マーメイドデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚マーメイドがあればこの効果で自分のマーメイド移動時に1ドロー出来ます.

相手のゼクスも移動出来るため,詰めの場面でも活躍してくれます.

 

7. 斥候機械スカウト

キラーマシーンデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚キラーマシーンがあれば登場時に1ドロー出来ます.

さらに,このカードがカードの能力で破壊されると相手の4コスト以下をバウンス出来ます.

キラーマシーンは自壊効果が多いので,盤面処理に手を割かなくて良いのは◎.

 

8. ε17猛追変形グラビトン

メタルフォートレスデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚メタルフォートレスがあれば登場時に1ドロー出来ます.

メタルフォートレスの能力で登場するとレンジ2を得るので非常に優秀なIGアイコンです.

 

9. 燃えるエモーション フラーマ

エンジェルデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚エンジェルがあるか,チャージにエンジェルがあれば登場時に1ドロー出来ます.

チャージに置かれた後もチャージの質を高める効果があるので優秀なIGアイコンです.

エンジェルデッキはチャージから登場する効果が多いですからね.

 

10. 炎天の輝聖フラーマ

エンジェル&ガーディアンデッキ用のIGアイコンです.

リソースにエンジェルとガーディアンがあれば登場時に1ドロー出来ます.

追加で手札をチャージに置いたり,ウェイカーを捲ったりと担える役割が多いです.

優秀なIGアイコンですが,2種族参照なので初期リソと手札次第では不発することも….

 

11. 墓城の哨戒役パトラ

ノスフェラトゥデッキ用のIGアイコンです.

デッキ上から2枚ノスフェラトゥをトラッシュに置いたら1ドロー出来ます.

トラッシュと手札を同時に増やせるので,ノスフェラトゥデッキには是非採用したいです.

 

12. ブルーミング・チア!ペクティリス

ペクティリスデッキ用のIGアイコンです.

トラッシュに青の専用イベントがあれば1ドロー出来ます.

ペクティリスデッキは元々P指定がないのでペクティリスP以外のプレイヤーでも動きます.

私はあづみをプレイヤーにしてペクティリスを使っていたこともありますしね.

 

13. 悍ましき北風イタァカ

ク・リトデッキ用のIGアイコンです.

リソースに3枚ク・リトがあれば登場時に2ドローして手札を1枚トラッシュに置きます.

手札とトラッシュを増やせるため,館に住む悪鬼テゴスのようなカードと相性が良いです.

有色のク・リトのオーバーブーストはあまり使われないので強化が欲しいところです.

 

14. おわりに

今回紹介したカードを見ると比較的新しいカードが多かったですね.

近年は種族単やキャラ単を重視してカードを制作されていることが分かります.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント