クラスS英霊全開放しました!クラスS英霊の使用感とおすすめ紹介

神姫初心者攻略ガイド
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年7月になってようやく私はクラスS英霊10人を全て解放出来ました.

2019年4月19日にクラスS英霊が実装されたときには全員解放出来るとは思いませんでした.

クラスS英霊解放に必要なアイテムが膨大ですからね….

ここまで来られたのは紫箱の追加や各種素材の入手方法が増えたおかげですね.

 

クラスS英霊実装当初に比べると楽になったとはいえ,大変なことには変わりありません.

莫大な量のアイテムを要求されるため,どのクラスS英霊を解放するか悩むと思います.

 

そこで今回は目的に応じてグループ分けした各クラスS英霊を簡単に紹介したいと思います.

(最初はランキングにするつもりでしたが,どの英霊も甲乙付けがたいので辞めました.)

あくまで私の使用感なので,参考程度に頭の片隅に置いてもらえれば幸いです.

これからクラスS英霊を解放するプレイヤーの参考にして頂ければ有難いです.

 

スポンサーリンク

2. 1人目に解放したいおすすめのクラスS英霊

10人の中でも私が特におすすめだと思う3人を選抜しました.

特に拘りが無い場合はこの3人から選べば問題ないと思います.

 

2.1 ペルセウス

レイドバトルを安定して戦いたい人には強くおすすめしたいです.

デバフが非常に入りやすくなるため,デバフが外れて苦戦する事態に遭遇しにくくなります.

神姫プロジェクトにおいてデバフが入るか否かは死活問題レベルですからね.

 

アシストの必中デバフは耐性の高い敵に有効かつ枠が独立なので非常に便利です.

さらに,相手の状態異常の数に応じてペルセウスの攻撃が強化されます.

連続攻撃確率もUPするため,バーストゲージが溜まりやすいのも◎.

体感ですが,ペルセウスのアシストは他のアシストに比べて連続攻撃UPを実感出来ます.

 

私は毎日オクと戦うときにペルセウスを使っています.

自発での討伐が楽になる!私が使用する対オク用編成紹介
1. はじめに クラスS英霊入手のためにオクと戦闘する機会は多いです. そのため,なるべく安定して楽に討伐出来る編成が求められます. オクはエネミーバーストのたびに各属性の天の因子を貯めます. 全属性揃ってしまう...

イミュニティキラーがあるのとないのではデバフの安定感が段違いです.

帯電や麻痺も入りやすくなるため,かなり安定して戦えます.

 

他にはオフィエルや風カタスのような状態異常耐性が極めて高い相手にも重宝します.

イミュニティキラー以外にもアシストの必中デバフが輝きます.

 

専用ウェポンの依存度が低いのも利点です.

そのため,専用ウェポンを属性毎に揃える必要がないので全属性で使いやすいです.

 

ペルセウスの魅力まとめ

(1)イミュニティキラーでレイド自発が大幅に安定.

(2)アシストで独立枠の必中デバフが便利.

(3)アシストのバフは体感できるレベルで連続攻撃が発生し易い.

(4)専用ウェポンの依存度が低め.

 

2.2 メディア

属性枠の攻防デバッファーやアビリティアタッカーと使い分けられる点が魅力です.

塔や迷宮踏破に挑むときは非常に頼りになるクラスS英霊です.

 

2アビと3アビを攻撃デバフと防御デバフにすれば属性枠デバッファーになります.

属性枠のデバフは割と貴重なので,全属性で使用出来るようになるのは大きいです.

そのため,各属性のデバッファーが揃っていないほど恩恵を得られます.

 

2アビのエモニ・リベレーションは1戦闘1回ですが,火力の高いアビリティです.

一途な執念を3回使用するため,短時間で高火力が欲しい場合に有効です.

 

3アビの金羊角の真髄は味方全体のアビリティ再使用間隔を1ターン短縮します.

アビリティは戦闘の要なので,全体リキャスト短縮はかなり影響が大きいです.

 

専用ウェポン(法剣アルゴノーツ)への依存度は中程度です.

通常の戦闘だと専用ウェポンが無くてもあまり気にならないです.

 

しかし,塔や迷宮踏破でメディアを使う場合は必須です.

1アビの一途な執念が全体化されるため,複数の敵を一撃で屠れるからです.

(2アビのエモニ・リベレーションも全体化されます.)

迷宮踏破&塔の攻略が楽々!メディアと法剣アルゴノーツのススメ
1. はじめに 塔と迷宮踏破を簡単に攻略したい人へおすすめしたいのがメディアと法剣アルゴノーツです. 私も以前はソロモンで十分だと思っていたため,メディアの専用特殊剣である法剣アルゴノーツを全属性揃える必要はないと思っていました. ...

非常に優秀なので,私にしては珍しく全属性の専用ウェポンを作りました.

塔が非常に楽になるのでメディアだけは全属性の専用ウェポン作成を推奨したいです.

 

メディアの魅力まとめ

(1)属性枠の攻防デバフが全属性で使用可能.

(2)強力なアビリティアタッカーとして運用可能.

(3)味方全体のアビリティリキャスト短縮でアビリティ回転率UP.

(4)専用ウェポンで塔や迷宮踏破の攻略がかなり楽になる.

 

2.3 頼光

BT以外でも初手フルバが可能なので短時間でダメージを稼ぎたいときにおすすめです.

そのため,ユニイベや塔,ギルド戦技競技会など様々な場面で使用する機会が多いです.

また,レイドバトルの救援をメインに動く場合もおすすめです.

人数が多くて短時間で終了してしまうレイドバトルでも紫箱を入手しやすいですから.

 

頼光は火力を出しやすいですが,高火力を期待するにはウェポンの育成が重要です.

アサルトやヴィゴラスはもちろんのことエクシードが非常に重要になってきます.

そのため,属性によってはエクシード不足で思ったより火力が出ないこともままあります.

 

頼光のバーストゲージ上限は200なので,バーストゲージが無駄になりにくいです.

先頭の英霊のバーストゲージ上限が200だとフルバのタイミングを合わせるのも楽です.

状況によっては単独バーストして味方のバーストゲージUPも可能です.

 

専用ウェポン(鬼槍・神楽)への依存度は非常に高いです.

何故ならば,初手フルバのために鬼槍・神楽で追加される亡霊2体が必要不可欠だからです.

鬼槍・神楽が無くても運用出来ますが,鬼槍・神楽有りに比べてだいぶ見劣りしてしまいます.

 

頼光の魅力まとめ

(1)専用ウェポンで初手フルバが可能.

(1)バーストゲージ上限が200なので,フルバのタイミングを合わせやすい.

 

スポンサーリンク

3. デバフ&バフが欲しい場合におすすめのクラスS英霊

シャルルマーニュカスパールはどちらも防御-30[%]のデバフが使用出来ます.

デバフ要員の人数を圧縮出来ますし,全属性で防御デバフを一気に賄えるようになります.

さらにどちらもデバフのみならずバフも使用出来るため,戦闘を優位に進めやすくなります.

 

3.1 シャルルマーニュ

防御-30[%](A枠)と各種攻撃系バフが魅力です.

複数の攻撃バフを切り替えられるため,敵や編成に応じて臨機応変に対応出来ます.

 

アースシェイクワースは防御-30[%](A枠)と闇討ちの完全上位互換です.

そのため,A枠以外で防御-20[%]を1つ用意するだけで防御デバフを下限に出来ます.

防御-30[%]のデバフでは珍しく条件やデメリットがないのも利点です.

クラスS英霊の調整で効果時間が150[秒]から180[秒]になったためより使いやすくなりました.

 

攻撃バフは複数ありますが,私はルーラーオーソリティを使うことが多いです.

3ターン参戦者全体のアサルト+40[%]はシンプルに強力です.

(ちなみにアーサーアヴァロンの導きはアサルト+20[%]です.)

リキャストは5ターンなので2ターンしか穴がありませんしね.

レイドバトルで味方の支援にもなるので重宝します.

 

アシストのモラルエンカレッジで味方全体のアサルト+5[%]も地味ながら優秀です.

 

専用ウェポンへの依存度が低い点も魅力です.

剣と斧は入手機会が多いため,他の英霊よりもメインウェポンに困ることは少ないです.

モナークコンクエストで即座にバーストゲージを100に出来ます.

そのため,バースト効果の優秀なウェポンと相性が良いです.

 

シャルルマーニュの魅力まとめ

(1)アースシェイクワースの防御-30[%]が優秀.

(2)状況に応じて各種攻撃バフを切り替えられる.

(3)専用ウェポンの依存度が低く,バースト効果目当てでウェポンを選びやすい.

 

3.2 カスパール

攻撃&防御-30[%](B枠)とスナッチ深度に応じた各種バフが魅力です.

スナッチ深度を参照する為,セレネーマモンとの相性が良いです.

その反面,スナッチ深度を稼ぎにくいwave数の多いギルドオーダーなどはやや苦手です.

 

魔弾は攻撃&防御-30[%](B枠)と狙撃の完全上位互換です.

そのため,B枠以外で防御-20[%]を1つ用意するだけで防御デバフを下限に出来ます.

攻撃も下限を狙いやすくなるので,かなり優秀なデバフです.

さらに防御-30[%]のデバフでは珍しく条件やデメリットがないのも利点です.

 

シュタールハートは自身に攻防+50[%](B枠)とHP1800回復を行います.

しかも,スナッチ深度が6ならば味方全体にこの効果を与えられます.

アザゼル[神化覚醒]の2アビと同レベルの攻防バフを付与しながら全体回復とかなり強力です.

 

シュタールハートと選択になりますが,ベシュベルングダイスも強力です.

こちらは味方全体の攻防+50[%](B枠)と連続攻撃&急所攻撃確率が上がります.

スナッチ深度が深くなるほど効果時間も伸びます.

短期決戦のときや攻撃重視のときはベシュベルングダイスに軍配が上がります.

 

アシストのギャンブルの心得で自身の特殊攻撃&連続攻撃確率が上がるのも良いです.

こちらもスナッチ深度を参照するため,必然的にダメージを稼ぎやすくなります.

 

専用ウェポンの依存度が低いのも利点です.

そのため,専用ウェポンを属性毎に揃える必要がないので全属性で使いやすいです.

 

カスパールの魅力まとめ

(1)魔弾の攻撃&防御-30[%]が優秀.

(2)スナッチ深度に応じた全体バフが強力.

(3)専用ウェポンの依存度が低め.

 

4. 耐久編成におすすめのクラスS英霊

耐久編成を組む場合にはアスクレピオスロムルスがおすすめです.

回復力を重視するならばアスクレピオス,ダメージ軽減を重視するならばロムルスですね.

 

4.1 アスクレピオス

全体HP回復と各種サポート用のアビリティを使い分けられるのが魅力です.

2アビと3アビの選択次第で幅広く柔軟に対応出来るようになるのが優秀です.

アンドロメダを愛用していた私が真っ先に解放したクラスS英霊だったりします.

当時は要求素材的に1人解放が限界だと思っていたので,迷わず解放しましたね.

 

2アビは「参戦者全体防御バフ」「強化効果1つ消去」「単体HP4000回復」から選びます.

正直どれも使いたい効果なので,どれを選ぶかは編成と相手次第ですね.

強化効果消去が選べるおかげでアンドロメダのときよりも編成の自由度を確保しやすいです.

また,ケイオスマジックと併用することでタイタンハントのヒュペリオンのように厄介なバフを連発する相手に対応し易くなる点も魅力です.

 

アンドロメダでは腐りがちだった3アビの蘇生を変更出来るのも良い点です.

アビオする際は事故防止で自身と味方1人の戦闘不能予防のイモータルデザイアを使用します.

手動のときはキュアボトルを作成出来るスピットポーションを使用します.

ディアンケヒトブエルと同様にキュアボトル作成は非常に便利です.

レイドバトルだけでなく,wave数が多いギルドオーダーやアクセクエストでも役立ちます.

 

自身に常時250のリジェネと味方全体最大HP+5[%]のアシストも耐久編成にうってつけです.

常時リジェネのおかげで,余程相手の火力が高くない限りアスクレピオスは倒されにくいです.

 

専用ウェポンへの依存度は中程度です.

シビラインリカバリー「参戦者全体の状態異常1つ回復」が付与される癒杖アスクラピアはなるべく欲しいところです.

もし次にクラスS英霊に調整が入るとしたらシビラインリカバリーにデフォルトで状態異常回復を付けて欲しいです.

 

杯槍ヒュギエイアのリジェネ付与もHPUPのウェポンスキルと合わせて耐久編成に良いのです.

しかし,癒杖アスクラピアの状態異常回復に比べると見劣りしてしまいます.

そのため,現状だと杯槍ヒュギエイアを選択しにくいですからね.

 

アスクレピオスの魅力まとめ

(1)強化消去や自動復活,キュアボトル生成など,便利なアビリティで柔軟に動きやすい.

(2)常時250のリジェネと味方全体最大HP+5[%]のアシストで耐久しやすい.

(3)癒杖アスクラピアで1アビに参戦者全体状態異常回復付与が便利

 

4.2 ロムルス

耐えきれない大ダメージを軽減して耐えたいときにおすすめです.

最近だとタイタンハントヒュペリオンアトラース相手に活躍してますね.

 

参戦者の被ダメージカット(60[%])のクストススピリトスが目玉です.

ダメージカットは加算されるので他にダメージカットを貼れれば大幅に被害を軽減出来ます.

レイドバトルで自分のクストススピリトスのリキャストが間に合わないとき,救援者が代わりにクストススピリトスを貼ってくれると非常に有難いです.

 

スク―トゥムフェッロとインヴィターレイクトの組み合わせも良いです.

味方全体をかばいつつ応戦するため,強力なランダム攻撃を抑えつつ反撃出来ますから.

 

デバフが通る相手ならば3アビをハビトゥスぺーデレにするのも有りです.

デメリットなしの攻撃-30[%](A枠)なので味方の被害を抑えやすくなります.

 

専用ウェポンへの依存度は中程度です.

クストススピリトスが5ターンに1回使えるようになる勇剣アエネアスはなるべく欲しいです.

クストススピリトスが間に合うか否かはパーティの生存に大きく影響しますから.

 

ロムルスの魅力まとめ

(1)クストススピリトスで参戦者全体ダメージカット60[%]が可能.

(2)スク―トゥムフェッロとインヴィターレイクトで強力なランダム攻撃を無効化.

(3)攻撃-30[%](A枠)で味方の被害を軽減

 

5. ダメージを稼ぎたい場合におすすめのクラスS英霊

神姫でデバフや回復が賄えた上でダメージを稼ぎたいときにおすすめのクラスS英霊です.

この項目のいずれのクラスS英霊も2020年6月1日の調整でだいぶ使いやすくなりました.

この調整で私のパラシュラーマへの評価が鰻登りです.

 

5.1 パラシュラーマ

自己強化アタッカーが欲しいときにおすすめです.

しかも,アビリティ次第ではバーストゲージUPとHP回復で味方をサポート出来ます.

さらに,専用ウェポンでバースト効果に防御-30[%](武器・幻獣枠)が付与されます.

そのため,アタッカー以外にも様々な役割が持てて楽しい英霊です.

万能に立ち回れるカル・ウルウィとパルラ・アムルタの組み合わせがおすすめです.

 

カル・ウルウィは自分のバーストゲージ+40とバースト性能を上げます.

バーストゲージが超過したときは味方全体のバーストゲージを+10します.

カル・ウルウィは再使用間隔が2ターンなのでガンガンバーストしていけます.

そのため,バースト効果が優秀なウェポンとの相性も抜群です.

 

パルラ・アムルタは自分の攻撃&防御を累積で強化しつつ,HPを回復します.

このときHPが最大まで回復すると味方全体を1000回復します.

アセンションで回復力を上げておけばヒーラーとしても運用可能です.

 

確実に連続攻撃発動&自身のアビリティ再使用間隔が1ターン短縮のアシストも優秀です.

自身のアビリティの回転率が上がるため,アビリティをガンガン使っていけるのは魅力です.

(カル・ウルウィの再使用間隔が2ターンになるのはこのアシストのおかげです.)

私はEXアビリティに乙女の祈りをつけてベトール戦で活躍してもらうことが多いです.

アヴァロンの導きをつけてほぼ常時参戦者全体にアサルト+20[%]も良さそうです.

 

専用ウェポンの依存度が低いのも利点です.

そのため,バースト効果が優秀な他のウェポンでもその力を存分に発揮してくれます.

 

パラシュラーマの魅力まとめ

(1)自己強化アタッカーながらサポートも出来て万能に立ち回れる.

(2)バーストゲージが貯まりやすいのでバースト効果を連発し易い.

(3)専用ウェポンの依存度が低め.

(4)EXアビリティの再使用間隔が1ターン短縮されるため,アビリティ回転率が高い.

 

5.2 パラケルスス

味方全体強化型の攻撃バッファーが欲しい場合におすすめです.

通常攻撃の強化に特化しているため,通常攻撃が強力な神姫と相性抜群です.

 

様々な組み合わせがあるため,どのアビリティを選択するかはプレイヤー次第ですね.

私が良く使う組み合わせは下記2つです.

(1)対単体戦

マッドトランスミッション(全体暴走)+コンパルションドライブ(全体即座に通常攻撃)

(2)対複数戦

マッドトランスミッション(全体暴走)+ホムンクルスディフューズ(全体に拡散付与)

 

(1)は暴走状態の通常攻撃をガンガン叩きこめるため,一気にダメージを稼げます.

ただし,3アビは味方全体のHPを20[%]消費するためヒーラーが必須です.

 

(2)はつよカタスのように複数敵がいる際に殲滅が容易になります.

暴走状態の攻撃を3体同時に与えられるため,取り巻きの処理がかなり楽です.

 

アシストのアビリティ使用不可状態の影響を受けないのも便利です.

そのため,暴走状態でもドープインサイトを途切れることなく使用可能です.

アビリティ封印の影響も受けないため,塔で乙女の祈りを装備して使うのも有りですね.

 

専用ウェポン(賢杖アルキドクセン)への依存度は低~中程度です.

連続攻撃発動時に確率で2&3アビのリキャストが短くなるのは魅力です.

 

パラケルススの魅力まとめ

(1)味方全体の通常攻撃を強化してダメージを稼ぎやすい.

(2)対単体戦でも対複数戦でもダメージを稼ぎやすい.

 

5.3 ヘクトル

レイジング&スタン特効のアタッカー&バッファーが欲しい場合におすすめです.

アビリティの選択次第ではレイジング&スタン状態でなくとも動きやすくなります.

 

プロバイドルナシーフェイスダウンでレイジングゲージを大幅に減らしやすいのも魅力です.

レイジングのエネミーバーストが強力な敵に対しては非常に有効です.

 

アシストが味方全体に影響するためレイジング状態の敵にダメージを与えやすいです.

各種アビリティと組み合わさることでダメージを稼げます.

 

専用ウェポン(悠刃ドゥリンダナ)への依存度は低~中程度です.

悠刃ドゥリンダナは味方全体がスタン状態の敵に確実に連続攻撃します.

そのため,スタン特効にどの程度重きを置くかですね.

さらに専用ウェポンのバーストには追加ダメージが発生します.

追加ダメージがバーストダメージと別計算なのでヘクトルは上限の200万を超えやすいです.

 

ヘクトルの魅力まとめ

(1)レイジング&スタン状態の敵に大ダメージを与えられる.

(2)アビリティの選択次第でレイジング状態以外でも動きやすくなる.

(3)レイジングゲージを大幅に減らしやすい.

 

6. おわりに

今回はクラスS英霊10人の魅力を簡単に紹介しましたが,いかがでしたでしょうか.

多少なりとも各クラスS英霊の魅力が伝われば幸いです.

そして,この記事がクラスS英霊を解放の一助となれたならば嬉しいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント

  1. シャル より:

    拍手でコメント下さった方,コメントありがとうございます.
    このご時世だと特に時間のやりくりがいつも以上に大変ですよね….

    コメント下さった方は既にクラスS英霊を7人解放されているそうなので山場は超えた感じがしますね.
    クラスS英霊解放には膨大なアイテムが要求されるので,時間が取れたときにコツコツ集めるしかないですね.

    もしくは,過去2回販売されているクラスS英霊解放セットが販売されたら購入するですかね.
    解放セットは値段だけ見ると高いですが,収集に割く労力を考えると有りだと思います.

    最近は消費AP半減キャンペーンが度々開催されるため,前よりは各種アイテム集めやすくなったと思います.
    ですが,どちらかと言えば消費2倍でドロップ2倍とかの方が嬉しかったりします.
    その方がより短時間でアイテム収集を進められますからね.
    要望が多ければそういったキャンペーンも実装されるかもしれませんね.