復刻煉獄戦「デーモン・プライド」SSR報酬の評価

神姫イベント報酬
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年4月20日に「煉獄戦 デーモン・プライド」が復刻開催されました.

前回開催したのは2018年7月12日でしたので,約1年9か月ぶりですね.

今回は「煉獄戦 デーモン・プライド」のSSR報酬の評価について記します.

 

スポンサーリンク

2. SSR幻獣 リリム・スペルビア

幻獣効果:メインメンバーの属性が3種類以上のとき光属性キャラの攻撃90[%]UP

数値のインパクトほどダメージが出ないため,おすすめしません.

メインメンバーとは最初から戦うメンバーのことでサブは含みません.

そのため,光3キャラ+光以外で属性が異なるキャラを2人用意する必要があります.

他属性の2キャラはこの幻獣効果も水属性のウェポンスキルも適用されません.

しかもこの幻獣効果でUPするのはアサルトと同じ枠なので条件に見合う火力は出しづらいです.

 

似た幻獣効果にディアボロス[魔力解放]の幻獣効果があります.

ディアボロス[魔力解放]が強力なのは特殊攻撃枠が全員上昇するからです.

特殊攻撃はアサルトとは乗算関係の攻撃力が上がります.

そのため,2人ウェポンスキルが適用されない不利を考慮しても使用する価値があると言えます.

さらにディアボロス[魔力解放]は攻撃力だけでなく,HP20[%]UPも全員に適用されるのも◎.

旺盛効果UP幻獣と特殊攻撃UP幻獣について
1. はじめに 前回は属性UP幻獣とキャラUP幻獣について説明しました. 今回は旺盛効果UP幻獣と特殊攻撃UP幻獣について説明します. 2. 与ダメージ式 前回と全く同じ内容なので,理解されている方は読み飛ばしていただい...

 

召喚効果:味方全体の光属性攻撃力UP(中)

味方全体の光属性攻撃力が上がるため有用な効果です.

 

ステータスの総合値:1992

ステータスの総合値はかなり低めです.

ちなみにリリムシリーズはステータスが全て同じ値です.

召喚効果は良さそうですが,低ステータスなのでサブ幻獣に採用しにくいです.

 

スポンサーリンク

3. SSRウェポン 罪光杖ギルティプライド

(上記画像は+99時のものです.)

武器種:杖

スキル1:プライド(大) 15[%](HP最大時)

スキル2:アセンション(小) 回復上限上昇37[%]

 

終凸済みのプライド&アセンションなので,非常に使いやすいウェポンです.

スキルLv30のプライド(大)なので,HP次第ではアサルト(大)よりも強力になります.

アセンションのおかげでHPの管理が容易なのも良い点です.

入手してから今日まで私はこのウェポンにずっとお世話になっています.

 

バースト効果:自分反攻に付与

バースト効果の反攻付与は英霊の与ダメージが増えるため,悪くない効果です.

 

幻編成について

光属性は天宝交換に光翼杖ドキマシアワンドがあります.

さらに優秀なヒーラーであるソルビギナーミラチケで入手可能です.

そのため,光属性は幻杖編成に向いていると私は思います.

 

4. SSRウェポン 傲慢斧ルミナパニッシャー

(上記画像は+99時のものです.)

武器種:斧

スキル1:アサルト(大) 21[%]

スキル2:エクシード(小) バーストダメージ上限上昇 30[%]

 

アサルト&エクシードなので非常に優秀なウェポンです.

このスキルの組み合わせはガチャ産のウェポンでもなかなかありません.

ステータスも高めなので,

イベント産SSRウェポン最強クラス

と言っても過言ではないと思います.

 

バースト効果:味方全体の光属性攻撃力UP(20[%])

英霊のバーストゲージ後にバフが付与されるため,フルバーストの威力が増します.

そのため,かなり有用なバースト効果です.

アーサーヘラクレス系の英霊を使う際,専用以外のメインウェポンとして優秀な一品です.

 

幻編成について

光属性はSSR斧を恒常で揃えにくいため,0からの幻斧編成は難しいです.

ですが,イベント産のSSR斧は複数あるため,手持ち次第では幻斧編成も十分可能です.

 

5. おわりに

今回は2つのSSRウェポンが優秀なので必ず入手したいです!

光属性を使う上で非常に頼りになる存在です.

そのため,どちらのウェポンも私はずっと愛用しています.

祝アスクレピオス解放!シャルの光属性パーティ編成(2019年5月)
1. はじめに クラスS英霊のアスクレピオス解放を契機とした,パーティ編成の紹介第5弾です. 今回は私の光属性パーティ編成を紹介しようと思います. 他の属性は守護武器の収集で育成が進み,かなり強化されました. 光...

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント