2022冬ミラチケから交換可能になったSSR神姫の確認

神姫ミラクルチケット
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年度年末年始無料ガチャが終了したので,そろそろミラチケ交換をしたいですよね.

各人にとって最適なSSR神姫を交換するために確認して候補を絞るのは大事です.

なので,今回は2022冬ミラチケから交換可能になったSSR神姫を確認したいと思います.

 

スポンサーリンク

2. 火属性で交換対象に追加された神姫

火属性で交換対象に追加された神姫は1人です.

 

2.1 [追想の憤炎]ネルガル

[追想の憤炎]ネルガルはアビリティアタッカー兼バッファーです.

1アビと2アビはそれぞれで得られる剛の噴炎柔の噴炎を所持していると強化されます.

そのため,どちらの追加効果を使いたいか状況に応じて使い分けたいですね.

2アビ→1アビで使用すると味方全体をかばいつつ,自身へのダメージを無効化します.

そのため,PB03グリフォンのエネミーバーストのランダム攻撃への対処にピッタリです.

 

また,剛の噴炎柔の噴炎を所持している場合はアシストで味方全体にバフを付与出来ます.

アシスト2では得意武器が剣か特殊剣の火属性キャラのアビダメ上限をUPします.

そのため,バッファーとしても活躍出来ます.

得意武器が特殊剣の神姫を参照する[焔葬の死神]タナトスとも相性が良さそうです.

 

さらに,バースト効果で1アビと2アビのリキャストが短縮されます.

各種効果を得るために剛の噴炎柔の噴炎を極力途切れることなく維持したいです.

そのため,なるべくバーストを連発しやすい編成で運用したいですね.

 

スポンサーリンク

3. 水属性で交換対象に追加された神姫

水属性で交換対象に追加された神姫は2人です.

 

3.1 [率先躬行の王]スカアハ

[率先躬行の王]スカアハはバッファー兼デバッファー兼自己強化型アタッカーです.

1アビで演武状態になると自身の通常攻撃が確定三段攻撃&状態異常付与を行えます.

2アビで即通常攻撃&3アビで味方全体の通常攻撃ダメージをUPします.

さらに,バースト効果で1アビのリキャストを3ターン短縮します.

なので,テクニカを積んでガンガン通常攻撃する編成で輝きます.

 

水影槍アズリヴァイヴはクリティカ(大)とディフェンダー&ヴィゴラス(小)です.

クリティカはスティンガーとは別枠の確率急所攻撃みたいなものです.

そのため,上手く活かせればこれまで以上にダメージを伸ばせそうな気がします.

 

3.2 [空断の騎士]アガートラム

[空断の騎士]アガートラムは自己強化型のアビリティアタッカーです.

1アビで水刃形成中は通常攻撃とバーストの代わりにハズズラッシングを2回発動します.

3アビは累積型の攻防バフでハズズラッシング発動毎に再発動します.

なので,ハズズラッシングをガンガン使用して自分を強化する戦闘スタイルですね.

 

刃魔装アルギュロスネロはエクシード(特大)とディフェンダー&アサルト(小)です.

エクシード(特大)はエクシード70[%]なので,カタス&新守護でも1枠で上限に到達しますね.

ガチャ産でスキル効果量特大は初めてだと思います.

今後追加される恒常ガチャ産SSRウェポンは一段階強力なものになるかもしれません.

 

スポンサーリンク

4. 風属性で交換対象に追加された神姫

風属性で交換対象に追加された神姫は1人です.

 

4.1 [王様街道驀進中]キングー

[王様街道驀進中]キングーはHPを低く保つことで活躍します.

1アビで自分のHPを25[%]にしつつ反攻と忍耐を自身に付与します.

そのため,リベリオンやプライドを多く積んだ編成で使用したいです.

3アビでHPを回復出来るので,HPの調整は比較的楽そうな気がします.

同じようにHPが減って強化される[広精風]サラスヴァティーと併用したいですね.

 

ハイパーキングリゲイリアはアサルト(大)&A&Tフォース<wind>です.

A&Tフォース<wind>は新スキルで風属性(wind)キャラのアタック(A)とトリッキー(T)Typeの特殊攻撃をUPさせるものです.

対象は限られてしまいますが,ウェポンで特殊攻撃UP出来るのは優秀ですね.

おそらくですが,名称が違うので守護やカタスの幻獣効果は乗らないと思います.

 

5. 雷属性で交換対象に追加された神姫

雷属性で交換対象に追加された神姫は2人です.

 

5.1 [暴雷の悪姫]クトゥルフ

[暴雷の悪姫]クトゥルフはデバッファー兼バッファーです.

1アビの有利属性(水&幻)の敵単体のチャージターン全消去はかなりインパクトがあります.

チャージターンが多い相手には特に刺さりますね.

2アビとバーストで攻撃DOWN,3アビで強化効果消去も出来て使いやすいですね.

アシストで味方全体の連続攻撃確率をUP出来るので攻撃面でも役立ちます.

 

艦雷砲ルルイエバスターはリベリオン(大)とディフェンダー&アサルト(小)です.

ですが,現状の雷属性だとリベリオンをそこまで活かせないように思います.

 

5.2 [決意の護衛者]ラー

[決意の護衛者]ラーはアビリティアタッカー兼バッファーです.

ダブルトリック状態で1アビと2アビを連打することでダメージを稼ぎます.

ダブルトリックはアシストで維持出来るので赤アビが多い編成にしたいです.

 

また,バースト効果で味方全体にアビリティダメージプラスを付与します.

この効果ではアビリティダメージ1回毎に50000ダメージ増えます.

そのため,1アビのように複数回ダメージを与えるアビリティと非常に好相性です.

 

雷陽宝剣ラーエリプスはエラボレイト(大)とディフェンダー&ヴィゴラス(小)です.

そのため,アビリティアタッカーが多めの編成ならば輝きやすいはずです.

アビリティでターン経過をせずに進める塔や魔宝石襲来でも重宝しそうですね.

 

6. 光属性で交換対象に追加された神姫

光属性で交換対象に追加された神姫は2人です.

 

6.1 [導きの光]フォルセティ

[導きの光]フォルセティはバッファー兼アタッカーです.

1アビ&3アビで味方全体に光壁&連続攻撃確率UPを付与して攻防共にサポートします.

光壁は防壁+エナジードレインなので,味方全体の耐久力が向上します.

バースト効果で味方全体の防御力をUPするのでさらに硬くなります.

サブでも発動するアシストで光属性の味方全体の通常攻撃ダメージUPも良いですね.

 

光衛銃ツヴァイチャネラーはテクニカ(大)とアサルト&バレッジ(小)です.

テクニカ(大)は優秀ですし,[導きの光]フォルセティ自身との組み合わせも良いですね.

 

6.2 [百錬成鋼]クー・フーリン

[百錬成鋼]クー・フーリンはデバッファー兼自己強化型のアタッカーです.

1アビの通常攻撃デバフと2アビの自身が確実に三段攻撃発動は好相性です.

2アビの極旺襲は自身のHPが多いほど高ダメージになる追襲の強化版です.

なので,HPを常に最大値に保つように意識したいです.

 

ゲイボルグ・エヴォルはヴィゴラス(大)とディフェンダー&アセンション(小)です.

いずれのスキルも使い勝手が良いので,なかなか優秀なSSR槍だと思います.

 

7. 闇属性で交換対象に追加された神姫

闇属性で交換対象に追加された神姫は2人です.

 

7.1 [鼎の劫愛]エレシュキガル

[鼎の劫愛]エレシュキガルは自己強化型アタッカー兼バッファーです.

極旺襲を活かすために堅牢やエナジードレインでHPを最大値で維持したいです.

確定三段攻撃とエナジードレインを維持するために,HPは80[%]以上をキープしたいです.

魔法陣展開中は味方全体の三段攻撃確率も上昇するため,サポートも出来ますね.

 

凶骸剣クルヌギアマリスはヴィゴラス(大)とディフェンダー&テクニカ(小)です.

闇属性でヴィゴラス(大)は貴重ですし,マグネイトも優秀です.

そのため,終凸IIして編成したいウェポンですね.

 

7.2 [天下無敵の大首領]コンス

[天下無敵の大首領]コンスは自己強化型アタッカー兼サポーターです.

戦闘開始時にのみ付与されるカマルの意志を消費してガンガン攻めます.

カマルの意志が無くなった後はアシストで毎ターン終了時に反動でダメージを受けます.

自身の戦闘不能時に一度だけキュアボトル3個生成&自分以外の闇属性キャラに連続攻撃確率UP&旺盛&防壁を付与します.

なので,仲間のために道を切り開き,その後に続く者たちに未来を託しましょう.

 

真魔剣カマルブレイバーはエクシード(大)とディフェンダー&ラッシュ(小)です.

闇属性のエクシード(大)は貴重なのでそれだけでも十分価値があります.

ですが,水属性のガチャ産ウェポンにはエクシード(特大)が追加されています.

遠くない未来に闇属性にもエクシード(特大)が追加される可能性もあります.

そのため,余程急ぎでないのであればアルゼンタムを使うのは待っても良いと思います.

 

8. おわりに

今回から交換出来るSSR神姫を確認したことで意外と知らなかったことにも気が付けました.

([空断の騎士]アガートラム解放ウェポンがエクシード(特大)だったこととかですね.)

なので,一通り新しく交換出来るようになったSSR神姫を確認して良かったと思います.

この記事が皆さんのミラクルチケット交換の助けになれば幸いです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント