ゼクス39弾新カード紹介「【転身再臨】キャノンシェル」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年1月27日にZ/X 39弾「破天<ワールドオーダー>」が発売されます.

今弾は38弾で未収録のプレイヤーたちのアンリミテッドブースト関連が目玉です.

さらに,竜の姫君や魔導書,サテライトなどの新カテゴリの追加カードも楽しみな弾です.

今回は転身シャドウ輝聖魔眼マジカルの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【転身再臨】キャノンシェル

転身初のオーバーシフトです.

手札を稼げてインストール能力も再利用出来るので使い勝手がかなり良さそうです.

 

1つ目の能力について

インストール持ちにシフトした時1ドローします.

転身は手札が減りやすいので,ドロー効果はかなり助かります.

5コスト以上の転身はインストール持ちばかりなので実質無条件みたいな感じです.

気になるとすれば“紅砲契騎”キャノンシェルにシフト出来ないくらいですかね.

 

2つ目の能力について

リムーブから1枚トラッシュに置けます.

そのため,インストールしたい能力を再利用し易くなります.

ただし,この能力を使ったターンはそのカードをインストール出来ない点に注意です.

 

自分のリムーブからという指定が無いので,相手のリムーブも対象に取れそうです.

それが可能ならリムーブを利用する赤系デッキの妨害手段としても使えますね.

相手がリムーブから登場させたい or 回収したいゼクスをトラッシュに置けますから.

 

スポンサーリンク

3. 【電影再臨】デネボラ

シャドウ初のオーバーシフトです.

やや変わった条件でノーマルスクエアの相手ゼクスを1枚バウンス出来ます.

 

能力について

このカードが能力でスクエアから離れるとNSの相手の5コスト以下を1枚までバウンスします.

つまり,これにシフトしてから電影することでバウンスを発動せよとのことですね.

カードの能力であれば自分でも相手でも良いので,誘発させる手段は多岐に渡りますね.

 

スポンサーリンク

4. 【輝聖再臨】ムリエル

輝聖初のオーバーシフトです.

シンプルな常在型パワーパンプなのですが,今回のサイクルの中で最もヤバさを感じます.

全蟹類って言葉はたぶん見るのも聞くのも初めてですね.

 

能力について

プレイヤースクエアにあるこのカードのパワーを常時+2000します.

さらに条件を満たすとパンプ値が+3000になります.

つまり,十輝聖 朧夜のラスダーシャン安らぎの輝聖 スミカといった場に残ったら非常に厄介なゼクスの生存が非常に容易になります.

白き英傑 十輝聖でPSに大型の輝聖を登場させるのが以前よりも容易になっています.

そのため,早期にパワー13500オーバーがPSに立つとそのまま流れを掴みやすいです.

 

5. 【魔眼再臨】インウィディア

魔眼初のオーバーシフトです.

トラッシュ増加orトラッシュコストで3コスト以下破壊となかなか小回りが利く感じです.

能力使用の制限が珍しいタイプですね.

 

能力について

自&相手ターンに使える起動能力で(1)か(2)から1つ選んで解決します.

(1)自分のデッキ上から2枚をトラッシュに置く.

(2)自分のトラッシュの魔眼を2枚デッキ下に戻し,NSにある相手の3コスト以下1枚破壊.

※次の自分のリブートフェイズ開始時までこの能力はプレイ出来ません.

 

(1)は使いやすいトラッシュ増加効果です.

魔眼はトラッシュの枚数を参照するので2枚増やせるのは良さそうですね.

相手ターンにも発動出来るので,迎撃系のESとか積んでおくと面白そうです.

 

(2)はトラッシュ枚数を調整しつつ相手の3コスト以下を処理出来ます.

トラッシュが増えすぎることもありますので,調整出来るのは助かりますね.

ついでに3コスト以下を破壊出来るので相手のIGを1回無効に出来ますね.

 

6. 【魔杖再臨】バジル

マジカル初のオーバーシフトです.

マジカルはゼロオプティマ達成にかなり時間がかかるのでリソブは助かりますね.

 

能力について

ゼロオプティマ5ならこのカードの攻撃時に自分のデッキ上をスリープでリソースに置きます.

リソブは偉いのですが,ゼロオプティマ5なので序盤からリソースを調整したいですね.

攻撃しないとリソブ出来ないので,ディンギルしにくいのはやや気になるかもしれません.

 

7. おわりに

新カテゴリはシフトがなかったので追加されて助かりますね.

今回だと輝聖がかなりヤバそうな感じですね.

逆にシャドウは結構マイルドな印象です.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント