祝アスクレピオス解放!シャルの水属性パーティ編成(2019年5月)

神姫プレイ日記
スポンサーリンク

1. はじめに

クラスS英霊のアスクレピオス解放を契機とした,パーティ編成の紹介第2弾です.

今回は私の水属性パーティ編成を紹介しようと思います.

 

前回はまだ水守護天使オフィエルが実装前でした.

なので以前と比べてウェポン編成が随分変わりました.

継続戦闘能力が大幅に向上したので,かなりお気に入りの編成になりました.

 

スポンサーリンク

2. 神姫の編成

現在所持している水属性SSR神姫は下記の5人です.

※前回から増えた神姫はこの色で表示しています.

 

・ニケ[魔力解放]

・龍王

・クトゥルフ:(属性SSRチケットで入手)

・ネプチューン

[鏡華氷月]ディアナ:(3周年記念ミラクルチケットで入手)

 

現在,神姫の編成は下の画像のようになっています.

EXアビリティは主に狙撃を設定しています.

アスクレピオスエンフィーブルボディのおかげで,敵の強化消去を標準装備することが可能になりました.

自身を強化する敵は多いため,様々な場面で戦いやすくなりました.

代わりに,[鏡華氷月]ディアナと交互にA枠防御バフを展開することが出来なくなりました.

しかし,要所要所で[鏡華氷月]ディアナの防御バフをかければ防御面の問題はないと思います.

 

サブ1はネプチューン,サブ2はウェヌスです.

ウェヌスのHP5[%]UPはサブでもパーティ全体に効果があるので便利です.

 

攻防デバフは下記のアビリティが使えます.

・アンドロメダ 狙撃:攻防-20[%] B枠

・ニケ[魔力解放]:防御-20[%] A枠

・龍王:攻撃-20[%] A枠 防御-20[%] A枠

・クトゥルフ:攻撃-15[%] A枠 ,防御-20[%] C枠

 

合計攻撃デバフ-40[%],防御デバフ-50[%]までかけることが出来ます.

攻撃は下限まで下がっていないですが,防御は下限まで下がっているのでOKです.

 

攻防デバフともにA枠が被っているのは少々もったいないところです.

しかし,デバフが必中で入るわけではないので保険の意味合いで有りかなと思っています.

EXアビリティに狙撃以外を設定したい時もあります.

そのため,神姫にB枠の防御デバフが欲しいところです.

 

攻防デバフ以外のアビリティも充実しています.

[鏡華氷月]ディアナ旺盛バフ&防御バフと全体HP回復にバースト強化

ニケ[魔力解放]全体攻防バフと全体HP回復

龍王敵最大チャージターン増加,

クトゥルフ敵チャージターン吸収,味方全体バーストゲージUP,狂乱付与,

とアビリティの種類が結構多く,使っていて楽しいです.

 

[鏡華氷月]ディアナの参入で攻防ともにバフが充実したのが嬉しいです.

アスクレピオス,ディアナ,ニケと3人ヒーラーがいるのでHPの維持が非常に楽です.

(分類上ディアナとニケはバランスTypeですが,ヒーラーとしても十分優秀です.)

一撃で倒れない限りは,戦場に留まり続けることが可能です.

耐久編成好きの私にとって,かなり好みの編成になりました.

 

強いて欠点を挙げるとすれば,状態異常回復や予防が無い点でしょうか.

この点はアスクレピオスの専用武器である癒杖アスクラピアを作成すれば解決出来ます.

ヒールに状態異常回復が付くので非常に優秀ですが,問題は作成コストの重さですね….

癒杖アスクラピアを全属性分作成したいですが,他のクラスS英霊も使いたいところです.

どちらにせよ当面はマテリアル不足なので,EXアビリティで対処することになりますね.

 

もしミラクルチケットを使うとしたら,下記2人のどちらかを取ると思います.

・ウォフ・マナフ:攻防デバフ-30[%](属性枠) (恒常ガチャ)

・[波乗り獣王]キュベレー:攻防デバフ-20[%](B枠) (限定ガチャ)

 

ウォフ・マナフ[波乗り獣王]キュベレーを採用するとEXアビリティの自由度が上がります.

そのため,先ほどの状態異常回復が無い点も乙女の祈りなどで解消出来ます.

ウェポンスキルにヴィゴラスを採用しているので自傷アビリティのない[波乗り獣王]キュベレーが良さそうです.

 

スポンサーリンク

3. ウェポンの編成

2019年1月時点では下記のような編成でした.

属性攻撃力:30[%]

アサルト:152[%] (=21×3+16×3+15×1+13×2)

ディフェンダー:36[%] (=21×1+15×1)

エクシード(ダメージ上限上昇):60[%] (=30×2)

アセンション(回復上限上昇):24[%]

 

現在,ウェポンの編成は下の画像のようになっています.

アサルト:153[%] (=21×2+16×6+15×1)

ヴィゴラス:42.5[%] (=8.5×5)

ディフェンダー:67[%] (=30×1+21×1+16×1)

エクシード(ダメージ上限上昇):60[%] (=30×2)

アセンション(回復上限上昇):120[%] (=24×5)

 

幻弓編成から幻槍編成にシフトしました.

水守護槍のおかげで,ヴィゴラスとアセンションを大きく伸ばせました.

・ヴィゴラス 0[%] → 42.5[%]

・アセンション 24[%] → 120[%]

 

属性攻撃力は無くなりましたが,ヴィゴラスがそれ以上の数値なので攻撃面は強化されました

アセンションが大幅に増えたおかげで,今は火つよカタスやファレグも安定して戦えます

以前の編成ではどうしても回復が追い付かなくて,ジリ貧になることが多かったです.

回復力の高さは継続戦闘能力に直結するとしみじみ感じました.

 

懸案事項だったHP不足は+99化不屈槌アクアエンフォーサで補いました.

不屈槌アクアエンフォーサディフェンダー30[%]なので上昇量が非常に多いです.

攻撃系スキルが無いためエンフォーサシリーズの評価は低くなりがちです.

しかし,最大HPを増やすのには非常に適しているウェポンだと私は思います.

オフィエルを使用するなら,実質ディフェンダー42[%]として機能しますしね.

 

エクシードは前回から据え置きの60[%]のままです.

水ディアナ解放ウェポンの月華ノ薙刀を採用すればエクシードを+20[%]することが可能です.

問題はアルゼンタム不足最終限界突破が実装されていないことです.

終凸が未実装なので,どうしても他のガチャ産ウェポンに比べると見劣りしてしまいます.

アルゼンタムに余裕があれば,完凸させたいところではあるのですけどね….

 

画像を見ると分かるのですが,無凸の水守護槍を3本編成しています.

ステータスよりも優秀なスキルを優先したためです.

そのため,今後完凸していけば攻撃力&HPの大幅な増強が見込めます.

まだまだ時間はかかりますが,じっくり腰を据えて集めていこうと思います.

 

4. 幻獣の編成

2019年1月時点では下記のような編成でした.

 

現在,幻獣の編成は下の画像のようになっています.

リヴァイアサンの幻獣効果を属性140[%]にするためにサブ幻獣を水染めしました.

それが可能になったのはオフィエルサリエルが入手出来たおかげです.

どちらもステータスが高いので,光カイザードラグーンの穴をある程度埋められました.

神姫が水属性編成なので同属性である幻獣のステータスは1.1倍されますからね.

 

また,オフィエルサリエルは高ステータスなだけでなく召喚効果が有用なのも嬉しいです.

オフィエル:味方全体のバースト性能UP

サリエル:味方全体の防御UP

 

実はレイドガチャで追加のサリエルが後1体で完凸になるところまで集まりました.

レイドクエストを周回してもう1体入手して九嬰と入れ替えようと思っていました.

しかし,残念ながらあと1体は入手出来ませんでした….

後々,エピッククエストに追加されると思うので,そのときを気長に待とうと思います.

 

今後強化するとしたら幻帝魂魄カルディアをリヴァイアサンか水カイザーに使用することですね.

ギルド戦技競技会を頑張って数を集めていきたいところです.

(神龍眼×20で交換するのはクラスS英霊やSSR神姫の覚醒を考慮すると難しいですしね.)

 

5. おわりに

[鏡華氷月]ディアナの加入でさらに耐久しやすい編成になりました.

英霊込みでヒーラー3人は抜群の安定感です.

アスクレピオスのおかげで強化消去を標準装備出来るのも嬉しいところです.

 

水守護槍を並べた幻槍編成のおかげで総合力が大幅に増しました.

ヴィゴラスとアセンションの複合スキルのおかげで攻防ともに強化出来たのは嬉しいです.

ヒーラー3人の安定感をさらに増してくれました.

 

水属性の幻獣が揃ったことでリヴァイアサンが属性140[%]として使えるのは大きいです.

イベント産ながら高ステータスかつ召喚効果の使いやすいサリエルの加入は助かりました.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

他属性の編成もよろしければ見て下さいね.

祝アスクレピオス解放!シャルの火属性パーティ編成(2019年5月)

祝アスクレピオス解放!シャルの風属性パーティ編成(2019年5月)

祝アスクレピオス解放!シャルの雷属性パーティ編成(2019年5月)

祝アスクレピオス解放!シャルの光属性パーティ編成(2019年5月)

祝アスクレピオス解放!シャルの闇属性パーティ編成(2019年5月)

 

コメント