迷ったらこれを選べばOK!ミストレのおすすめ宝珠や注意点について

ミストレ初心者攻略ガイド
スポンサーリンク

1. はじめに

月末に開催される狭霧の洞穴クエストでは様々な種類の宝珠を入手出来ます.

ですが,宝珠は種類が多く,装備出来る部位によって効果も異なります.

そのため,慣れないうちはどれを集めて強化すれば良いのか迷ってしまいます.

そこで今回は各部位ごとのおすすめ宝珠と強化の注意点などを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 武器宝珠のおすすめ

被弾せずクリア出来るステージなら万全増強【物攻 or 魔攻】がおすすめです.

HPがMAXの状態なら物攻か魔攻が25[%]UPします.

ステータスの上昇量がかなり多いので上手く使えると周回が非常に楽になります.

ちなみにHPがMAXから減少すると物攻か魔攻10[%]UPに効果量は減少します.

 

被弾するステージなら物攻 or 魔攻増強【III】がおすすめです.

こちらはHPに関係なく物攻か魔攻が常時15[%]UPします.

癖が無くて使いやすいため,これを揃えておくと何処でも戦いやすいです.

5[%]の差が気にならないなら万全増強だけ揃えて使うのも有りだと思います.

 

他には命中増強【III】を持っておくと回避率が異常に高い敵相手に助かります.

後は2種類ステータスが上がるXX・YY増強【II】も悪くないですね.

(XXとYYは異なるステータス名です.)

 

スポンサーリンク

3. 防具宝珠のおすすめ

防具宝珠は防御系のアビリティばかりなので,相手の攻撃次第で有用度が変わります.

例えば,物理攻撃が多い敵なら物防増強,魔法攻撃が多い敵なら魔防増強といった具合ですね.

そのため,これをつけておけばOKというおすすめを紹介しにくいです.

試練の塔の上層など難しいステージ用に色々揃えておくと助かる場面があると思います.

 

強いて言えば,状態異常をメインで使うキャラには幸運増強【III】をおすすめしたいです.

幸運が高いほど状態異常を付与し易く,敵からの状態異常を受けにくくなりますので.

また,幸運が高いと命中と回避も上昇します.

なので,付け替えが面倒なら幸運増強【III】を人数分揃えるだけでも良いと思います.

 

他には速度増強【III】も悪くないですね.

速度が速い相手に先制攻撃をしたい時や行動順番の調整に使えますので.

 

スポンサーリンク

4. 装飾宝珠のおすすめ

シンプルかつ何処でも有用な物攻 or 魔攻増強【I】がおすすめです.

物理攻撃用と魔法攻撃用のアクセサリーにそれぞれ装備しておけば簡単に使い回せますので.

他には状態異常付与キャラ用に幸運増強【I】やXXの極意があると便利ですね.

(XXは状態異常名です.)

 

5. 宝珠強化にはSS強化素材を使わないとゴールドを大損する.

宝珠は強化に使う素材によって強化に必要なゴールドが変化します.

戦士の宝珠【SS】の物攻増強【III】をレベル1からレベル5にする場合で説明します.

SS強化素材のみを使用した場合は625000ゴールド必要です.

A強化素材のみを使用した場合は936250ゴールド必要です.

SS強化素材を使用した時と比べて311250ゴールドも無駄に消費することになります.

色々な宝珠を強化するので,この損失が重なるとすぐにゴールド不足になってしまいます.

そのため,宝珠を強化する時は必ずSS強化素材のみを使用しましょう.

 

6. SS強化素材は商店の原料鉱石交換で入手する.

SS強化素材は商店の原料鉱石交換で無制限に交換出来ます.

ちなみに原料鉱石は宝珠を売却した時にも入手出来ます.

そのため,不要な宝珠を大量に売却することでSS強化素材をたくさん入手出来ます.

 

7. 装飾宝珠は入手が容易かつ強化無しなのですぐに入手したい.

武器宝珠や防具宝珠は5階層や6階層でないと有用なSS宝珠を集めにくいです.

しかし,装飾宝珠の物攻 or 魔攻増強【I】は1階層で入手可能です.

しかも,装飾宝珠は強化出来ないので入手後即戦力として活用出来ます.

なので,初心者の方でも装飾宝珠だけは必ず入手したいです.

 

8. 個別売却を設定して快適に宝珠を掘る.

宝珠堀を始める前には出撃前画面で必ず個別売却設定をしましょう.

個別売却設定をしておけば不要な宝珠を自動で売却してくれます.

この作業を手動でやるのは非常に面倒かつ時間がかかってしまいます.

狭霧の洞穴クエスト初実装時には個別売却が無くて非常に大変でした….

 

9. おわりに

宝珠の種類はかなり多いですが,現時点だと優先的に集めたい宝珠は少ないです.

そのため,必要な宝珠をしっかりと揃えて強化しましょう.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント