ゼクス「ドリームステージ!!」新カード紹介「“純蒼誓姫”ニュー」他6枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年8月27日にZ/X EXパック22弾「ドリームステージ!!」が発売されます.

今弾はSHiFTのイデアライズとイデアライズ対応のオーバーブーストが目玉です.

今回はニューの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. “純蒼誓姫”ニュー

2種類目のニュー専用オーバーブーストです.

手札上限追加,ドロー,バウンスと全体的に“至純契騎”ニューに近い能力構成になっています.

 

1つ目の能力について

あなたの手札の上限枚数を+4します.

 

“至純契騎”ニューは手札上限枚数+3だったので,さらに手札上限が増えました.

オリジナルXIII Type.I “A-Z”は封神解除されてから手札枚数条件が1枚増えました.

そのため,“至純契騎”ニューよりもオリジナルXIII Type.I “A-Z”を使いやすくなりますね.

 

2つ目の能力について

このカードの登場時,あなたはメロディを2個得ます.カードを2枚まで引きます.

 

新オーバーブースト特有のメロディ入手効果に追加でドローも出来ます.

手札上限が増えているため,基本的には2ドロー推奨ですね.

ドロー枚数は任意なので,デッキ切れが近いときに引かない選択が出来るのは◎.

 

3つ目の能力について

自ターンのみ1回プレイ可能な起動能力です.

コストとしてチャージにあるニュー名称のカードを1枚トラッシュに置きます.

あなたの手札枚数以下のコストのノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選びデッキに戻しシャッフルします.

 

コストにチャージが必要ですが,除去の中でも強力なデッキバウンスは魅力的です.

バウンス対象は手札枚数依存なので,常に手札枚数は多く保ちたいです.

“純蒼誓姫”ニューは手札上限が増えていてドローもあります.

そのため,相手の7~8コストのゼクスも問題なく対象に取れそうです.

 

3. 純真のイデア ニュー

ニュー専用イデアライズの1種類目です.

ドリーム・キー6個消費に相応しい強力なフィニッシャー足り得るイデアライズです.

セルフバウンスが使えるので,効果的にはちょっとキラーマシーンっぽい印象を受けます.

 

1つ目の能力について

このカードは絶界を得ます.

 

イデアライズで初の絶界持ちです.

リソース消費なしに7コストパワー10500絶界持ちを登場させられるだけで強力です.

基本的にはオーバーブーストと同時に登場するため,相手からするとかなり厳しいはずです.

 

イデアライズに絶界持たせて良いのならば,最初はサイクロトロンに付けて欲しかったです.

サイクロトロンはZ/X最初の7コストパワー10500絶界持ちでしたからね.

 

2つ目の能力について

このカードの登場時,スクエアにあるゼクスを1枚選び,手札に戻します.

 

一見するとシンプルなハンドバウンスですが,非常に強力な能力です.

バウンス対象がスクエアにあるゼクスなので,相手PSのゼクスをバウンス出来ます.

そのため,相手PSを攻撃することなく排除してライフを削りやすくなります.

 

さらに,自分のゼクスも手札に戻せます.

そのため,相手PS隣接の自分のゼクスを戻すことで容易に連続攻撃可能です.

しかも,高みを目指す武闘家ニューはオーバーブーストがいれば0コストで登場出来ます.

そのため,この能力で連続攻撃する際には非常に相性が良いカードです.

桜の木の下でニューとの相性も良いです.

桜の木の下でニューは能力で自身をPSに戻せます.

純真のイデア ニューは自分のPSのゼクスもハンドバウンス出来ます.

そのため,PSが埋まっている状態でも桜の木の下でニューで連続攻撃可能となります.

 

3つ目の能力について

1ターンに1回プレイ可能な起動能力です.

スクエアにあるあなたのゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.ノーマルスクエアにある相手のゼクスを2枚まで選び,手札に戻します.

 

セルフバウンスしつつ,最大2面相手のゼクスをバウンス出来るため非常に強力な能力です.

相手ターンにも使えるため,攻撃性能だけでなく,防御性能も高いです.

相手のゼクスが攻撃破壊で誘発する能力を妨害出来るため,普通のバウンスよりも厄介です.

しかも,自身が絶界持ちなため,割と安心して能力を構えられるのも強みです.

 

4. 素晴らしき観察日記 ニュー

2種類目のニューの3コストIGアイコンです.

手札を増やせますし,状況によって手札を消費して3コストバウンスも出来て使いやすいです.

 

能力について

このカードの登場時,カードを1枚まで引きます.

あなたの手札にあるカードを1枚まで選び,デッキの1番下に置いたならば,ノーマルスクエアにある相手の3コスト以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

 

ニューデッキは手札を大量に必要とするため,初手からドロー出来るのは有難いです.

3コスト以下を1面バウンス出来るため,序盤からIG差で負けにくいのも良いです.

中盤以降でも埋められた盤面をIGで空けられるため,なかなか活躍出来ると思います.

 

5. ファイアーファイター ニュー

序盤を支える便利なドロー効果とイベントのように使える起動能力が魅力です.

ファイアーファイターという名前も韻を踏んでいて面白いですね.

 

1つ目の能力について

このカードの登場時,カードを2枚まで引きます.

2枚引いたならば,ターン終了時,あなたの手札を1枚選び,デッキの1番下に置きます.

 

手札を減らさずにデッキを掘れるのでキーカードにアクセスし易くなります.

ドロー枚数が任意なので,デッキが薄い時やトップ確定時に引かない選択が出来るのも◎.

 

2つ目の能力について

このカードが手札にあるときにプレイ出来る起動能力です.

コストとして青1を支払い手札にあるこのカードをトラッシュに置きます.

あなたの手札が5枚以上ある場合,ノーマルスクエアにある相手の5コスト以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

 

青1コストのイベントのようにバウンスを構えられるため相手の計算を崩しやすくなります.

最近のZ/Xはあまり小型のイベントを構えないため,意表を突きやすいはずです.

こういったカードが増えると攻防の駆け引きがもっと面白くなりそうだと思います.

 

この能力を発動するためにはコストの支払い後に手札が5枚必要です.

そのため,手札が6枚以上ないと能力が発動せずコストだけ支払うことになるので注意です.

 

6. 奏でよう、純真の歌を

ドリームステージ!!収録のニューのゲートカードです.

パートナーゼクス以外32弾収録の青のプレイヤーのゲートカードと同じです.

 

ドリーム・キーでなく,メロディになったので何か変化があると思っていました.

しかし,単純にトークンの種類が変わるだけでしたね.

 

個人的にはトークンの管理が面倒になるためドリーム・キーのままが良かったです.

ゼクメモもドリーム・キーとは違うトークンですしね.

設定的にドリーム・キーが特定のキャラしか使えないのは納得しました.

しかし,メロディとドリーム・キーはゲームにおいて同一扱いにして欲しかったです.

 

7. 誓いの純蒼 ニュー

“純蒼誓姫”ニュー専用の誓いです.

パートナーゼクス以外32弾収録の青のプレイヤーのIGOB起動ゼクスと同じです.

 

実用性はほぼありませんが,下記のカードでもIGOB起動条件を満たせます.

ブランド・ニュー・ライフ バーベナはディンギルLvを参照するなら採用する可能性があります.

 

8. 憧れのステージ ニュー

ニューのイデアライズ対応ゼクスです.

レンジ2にドローと相手の除去に反応するバウンスもあるため,詰めの場面で活躍してくれます.

強力ですが,自身のコストが重いので登場させるタイミングはある程度限られそうです.

 

まさかニューがオリジナルXIII Type.XIIIの予備機的存在だったとは思いませんでした.

関係性としてはオリジナルXIII Type.IIとリゲルの関係と同じですね.

νはギリシャ文字の13文字目なので,それがヒントだったのかもしれませんね.

 

1つ目の能力について

スクエアにあなたの「純真のイデア ニュー」がある場合,このカードはレンジ2を得ます.

 

純真のイデア ニューがいるとレンジ2を得られるため,詰めの場面で大変重宝します.

現状だとニューにレンジ持ちがいないので,このカードに頼る場面は多そうです.

 

2つ目の能力について

このカードかあなたのニュー名称のゼクスの登場時,カードを1枚まで引きます.

 

1ドローは確定で,追加のニュー登場枚数次第でドロー枚数が増えます.

手札を減らさずに盤面を埋められるため,ニューデッキと好相性です.

ノーコストで高みを目指す武闘家ニューを投げ続けるだけでもかなりアドを稼げます.

 

3つ目の能力について

このカードが相手のカードの能力でスクエアから離れたとき,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.

 

対除去用の能力で攻防どちらでも使えます.

攻撃時には相手に除去を使わせた上で相手の盤面を1面空けて攻撃を通しやすくします.

防御時には相手の攻撃要員をバウンスすることで,相手の手数を減らし守りやすくなります.

 

9. おわりに

今回紹介したカードを見るとニューは結構いいカードをもらえたように思えます.

特に純真のイデア ニューのインパクトが強いです.

今回のカード群を見てニューデッキを組み直すのが一層楽しみになりました.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント