ちび☆ドラ新カード紹介「十輝聖 夢見るアルパマーヨ」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年6月27日にEXパック第16弾「ちび☆ドラ」が発売されます.

 

今回はガーディアン&エンジェルミソス&マイスターの新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. 十輝聖 夢見るアルパマーヨ

3人目の十輝聖はアルパマーヨですね.

エンジェル&ガーディアンレベル1が分割されているので,今までの十輝聖とは能力の条件が少々変わっていますね.

囮としてかなり厚い盾になってくれそうな感じです.

使い方次第ではスクエアロックも出来そうです.

 

一つ目の能力はこのカードのパワーを+1000して,相手はカードの効果でこのカードを選べる場合,このカードを選ばなければなりません.

パワーが11500になるため,IGOBなどの7コスト10500に一撃で倒されないのは良いですね.

効果を吸収するので,ダメージ振り分けなどの除去が使いにくくなります.

効果を1回以上受けてくれるので,囮性能は高いですね.

 

二つ目の能力はこのカードが指定スクエアにいるとき,相手は他のゼクスを攻撃出来ません.

そのため,スクエアの配置次第ではロック状態を作り出せそうですね.

5に十輝聖 夢見るアルパマーヨ,4と6にも自分のゼクスを置きます.

そして3体全てに絶界を付与したとします.

すると相手はPSからパワー11500以上でこのカードを倒さない限り,盤面を空けられなくなります.

(ただし,全体バーンやレンジがあればロックを崩せます.)

 

両脇をガーディアンで固めるならば,ロウブリンガー ノシャックで3体に絶界を付与出来ますね.

 

十輝聖 夢見るアルパマーヨのコストを踏み倒して登場させるならば,これらと相性が良いです.

これらを組み合わせることで,何度も厄介な盤面を作り続けることが可能です.

 

スポンサーリンク

3. 午睡からの目覚めシラミネ

トラッシュ絶対許さないガールです.

トラッシュを使う相手を徹底的にメタりたい場合に採用したいです.

「トラッシュを叩く,徹底的にな!」

 

一つ目の能力はこのカードがカードの能力で登場したとき,相手のトラッシュにあるカードを5枚選び,デッキに戻し,シャッフルします.

これはトラッシュを利用するデッキにとっては非常に痛いです.

例えば墓城,序曲ベイン,ロックマンなどが挙げられます.

どのデッキもトラッシュが無ければ満足に機能しませんからね.

 

注意点は5枚必ずデッキに戻す必要があるということです.

(トラッシュに5枚未満しかカードがないならば,トラッシュにあるカード全てを戻します.)

IGOBイベントやIGアイコンなどを戻すのはデメリットになる場合があります.

なので,トラッシュを活用しない相手には使用しないほうが良いです.

 

二つ目の能力は相手のトラッシュにカードが18枚以上ある場合,手札から1リソースで自軍スクエアにこのカードを登場させます.

相手のトラッシュに18枚カードがあるってことは,相当トラッシュを肥やすデッキが相手ですね.

この能力で登場した場合でも,1つ目の能力が発動します.

 

1リソースでトラッシュを選んで除去出来るので相手の動きをかなり制限出来ます.

しかも,無色なので白がこのカードだけでも採用出来るので,どのデッキにも入れられますね.

 

4. 猛暑の過ごし方ミゼリ

2種類目のミゼリですね.

22弾以来の収録なので結構間隔が空いてますね.

 

能力は相手のチャージ除外と自分のチャージ増加です.

どちらの効果も非常に優秀だと思います.

IGOB環境なので,お互いのチャージを増減出来るカードは強いと思います.

 

エンジェルはチャージからの登場が多いので,再登場させやすいのも良いです.

エンジェルで登場効果を持つゼクスで私がすぐに思いつくのは下記9枚ですね.

ディンギルレベルやウェイカーレベル,IGOB参照など多種多様です.

なので,色々組み合わせてみるのも面白そうです.

エンジェルレベル3なので,ディンギルとウェイカーどちらでも条件を満たせますしね.

 

5. 泉の出会いセマルグル

3種類目のセマルグルです.

工夫次第でかなり遊べそうな感じの面白いカードだと思います.

 

一つ目の能力は登場時デッキトップ3枚から1枚をこのカードのフォースにします.

二つ目の能力でプレイするためのカードを探す効果ですね.

選ばなかった2枚は除外されるので,除外を増やす目的でも使用出来ます.

 

二つ目の能力はこのカードのフォースにある3コスト以下のカードをノーコストでプレイ出来ます.

自分のターンしかプレイ出来ず,1ターンに2回までプレイ出来ます.

自ターンしかプレイ出来ないので,イベントを構えられないのはちょっと残念です.

 

プレイ対象は3コスト以下と対象範囲が広く,他に指定がないため色々な用途で使えますね.

ミソスデッキなら,未来を告げる牛人 件滅陽蛇アポピス,IGOBイベントあたりが良さそうですね.

 

問題は1ターンに2回プレイ出来るのに,フォースが無くなることです.

ゼクスをプレイしたら,スクエアに登場してフォースからいなくなります.

イベントをプレイしたら,トラッシュに置かれてフォースからいなくなります.

なので,2回プレイするためにはなんらかの補助が必要になります.

現状だと泉の出会いセマルグルにフォースを付けられるのはトキシックブレスくらいですね.

トラッシュから好きなカードフォースに付けられるので,疑似的な回収としても使えます.

赤を含むデッキでトラッシュに落ちたIGOBイベントを回収する目的に使用するのも可能です.

 

6. フラワートンネル探検隊エキドナ

28弾で初収録されたエキドナの2種類目が早くも収録です.

 

能力は登場時相手のゼクスの枚数分自分のデッキトップを除外し,自分の除外が10枚以上ならノーマルスクエアの相手のゼクスを1枚除外します.

序盤から除外を増やせるので,除外を参照するデッキとは相性が良いですね.

 

相手が展開していればいるほど,除外枚数を増やせます.

なので,上手くスクエアを調整すれば,除外スピードを一気に上げることも可能ですね.

中盤以降は3リソースで相手のゼクスを除外出来るので,いつプレイしても活躍出来そうです.

 

除外が10枚必要な極麗六鳥 迦陵頻伽とはかなり相性が良いです.

他にはアレキサンダーデッキやマイスターデッキなんかでも採用出来そうな気がします.

 

7. ノリノリ肝試しクロススピア

3種類目のクロススピアですね.

なんだかずいぶん久しぶりに見た気がします.

相馬がプレイヤーで構築された戦陣の獅子発売後,しばらくの間はかなり目にしたのですけどね.

 

能力は登場時,指定スクエアにあるすべての相手ゼクスに6000ダメージを与えます.

クロススピアだから,指定スクエアがこの設定なんでしょうね.

 

対象を取らないためIGOBにも有効なのは優秀です.

6000ダメージなので,効果持ち4コストまで破壊出来ます.

自身の攻撃も含めればパワー13500まで対処することが可能です.

滅神騎王アーサーゆらゆらブランコ くるみから登場させるのが良さそうです.

 

小型掃討から大型への対処まで,幅広く行える良いカードだと思います.

マイスターレベル2なので,ディンギルとウェイカーどちらでも使えるのも○です.

ただ,現状だと[ディンギル/マイスター]は滅魔の一矢ガーンデーヴァしかいないのがネックです.

そろそろ,6コストの[ディンギル/マイスター]が欲しいところです.

 

8. おわりに

今回紹介したカードはどれも採用の余地があって,考えるのが面白いですね.

 

午睡からの目覚めシラミネのトラッシュに対する徹底的なメタは新鮮です.

今後はこういった何かに対するピンポイントなメタカードが収録されるかもしれないですね.

 

今回紹介したカードの中だと泉の出会いセマルグルが一番気になりましたよ.

能力の制限が緩いため,色々遊べそうですからね.

泉の出会いセマルグルを上手く活かしたデッキを作って遊びたいところです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント