ゼクス34弾新カード紹介「【鍵誓『教皇』】ニーナ」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年10月22日にZ/X 34弾「夢幻<イデアドライブ>」が発売されます.

今弾の目玉はパックタイトルとなっているイデアドライブです.

さらに各プレイヤーの新オーバーシフトであるイデアシフトも魅力です.

今回はメインクーンの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【鍵誓『教皇』】ニーナ

ニーナ&メインクーンの新オーバーシフトであるイデアシフトです.

チャージ入れ替えによるデッキの安定&相手のリソースを潰して妨害を受けにくく出来ます.

 

1つ目の能力について

このカードにシフトしたとき,あなたの手札にあるカードを1枚選び,チャージに置いて良いです.置いたならば,あなたのチャージにあるゼクスを1枚選び,手札に戻します.

 

手札とチャージを入れ替えられるため,デッキの動きが良くなります.

メインクーンデッキは手札とチャージどちらからもゼクスを登場させられます.

そのため,状況に応じてチャージと手札を整えられるのはかなり便利そうです.

 

2つ目の能力について

このカードにシフトしたとき,このカードが[オーバーブースト]の場合,相手のリソースにあるカードを2枚まで選び,スリープし,ターン終了時,あなたはドリーム・キーを1個得ます.

 

相手のリソースを2枚スリープするため,イベントや起動能力の妨害を受けにくいです.

ですが,相手がこちらのターンにリソースを使用しないデッキだと効果はほぼ無いです.

そのため,こちらの能力は主にドリーム・キー入手がメインだと思って良さそうです.

 

スポンサーリンク

3. くれてやるのニャ!

ニーナ&メインクーンのイデアドライブです.

ドリーム・キー消費はやや重いものの,コスト&パワーパンプは優秀です.

今回のカード名はくれないかニャを意識して付けられていそうですね.

 

1つ目&2つ目の能力について

この2つの能力はパートナーゼクス以外イデアドライブ共通なので紹介は割愛します.

メインクーンデッキはそこまで手札が増えないので,手札2枚消費はかなり重そうです.

 

3つ目の能力について

このカードがデュナミスで表向きの状態のとき,1ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてドリーム・キーを1個消費します.

スクエアにあなたの「英雄のイデア メインクーン」がある場合,スクエアにあるあなたのメインクーン名称のゼクスを1枚選び,ターン終了時まで,コストを+1し,パワーを+4000します.

 

イデアライズと同時使用が前提ですが,コスト&パワーパンプは有用です.

特にメインクーンデッキは5コスト以下が主体なので,どちらも有難いです.

相手の大型ゼクスを一撃で倒せますし,5コスト以下に対する除去も回避出来ます.

ちょっと勿体ないですが,3コストのメインクーンがイデアドライブを避けるのにも使えます.

相手ターンにも使用出来るため,防御に使用出来るのも良いですね.

 

ただし,能力を使うたびにドリーム・キーを消費してしまうため,乱発は厳禁です.

幸い,英雄のイデア メインクーンはドリーム・キー3個消費です.

そのため,ドリーム・キーの収支に気を付けていれば,そこまで気にはならなそうです.

 

4. 素敵なお買い物 メインクーン

初の2コストIGアイコンなしのメインクーンです.

相手の破壊効果に反応する登場効果とリソースをスリープする妨害効果が使えます.

どちらも優秀な効果ですが,バウンスやリソース送りに無力な点には注意です.

 

十周年記念公式同人誌って販売されるのはしばらく先の話ですね.

大丈夫だと思いますが,無事に十周年,さらにはその先の周年記念も迎えたいですね.

 

1つ目の能力について

このカードがチャージにあるとき,自ターンのみ有効な自動能力です.

同名以外のあなたの[ケット・シー]が相手のカードの能力で破壊された場合,このカードをリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

ターン終了時まで,あなたは同名のこの能力をプレイ出来ません

 

相手の能力で同名以外のケット・シーが破壊されても自分のゼクスの枚数を維持出来ます.

そのため,相手の破壊効果による干渉をある程度軽減出来ますね.

次の環境だと相手のイデアドライブで攻撃の手が止まりにくくなりますね.

 

2つ目の能力について

このカードが破壊されたとき,あなたのドリーム・キーが2個以上ある場合,相手のリソースにあるカードを1枚選び,スリープします.

 

特別な条件なく破壊さえされてしまえば問答無用で相手のリソースを1枚スリープ出来ます.

効果による破壊はもちろんのこと,攻撃による破壊でも能力が誘発します.

そのため,このカードを複数枚並べておくと相手はかなり動きにくくなります.

特に破壊しか除去手段を持たないデッキの場合,大幅に行動を制限出来ます.

 

もちろんディンギルや能力で能動的に破壊して自ターンに使用することも出来ます.

攻防に使用出来ますし,見た目の印象以上になかなか厄介な1枚になりそうな気がします.

 

5. おわりに

メインクーンは相手のリソースをスリープするカードが増えてきましたね.

盤面を埋めやすいデッキなので,リソースをスリープすると行動をかなり制限出来そうです.

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント