ゼクス35弾新カード紹介「【鍵誓『審判』】出雲」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年1月28日にZ/X 35弾「想星<キュレーション>」が発売されます.

34弾に収録されなかったプレイヤーのイデアドライブイデアシフトが売りです.

さらに式神,フラッグス,祈獣,黒剣などの新カテゴリの強化も楽しみな弾です.

今回はガーンデーヴァと英雄たちの戦記G結果反映の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【鍵誓『審判』】出雲

出雲&ガーンデーヴァのイデアシフトです.

ドリーム・キーを稼ぎつつ,トラッシュのカードを除外したいときに活躍出来ます.

 

1つ目の能力について

赤のイデアシフト共通のデッキ上除外とドリーム・キー入手効果です.

 

2つ目の能力について

オーバーブーストにシフトしている場合,起動能力でトラッシュを3枚まで除外します.

現状だとガーンデーヴァで自分のトラッシュを除外出来るのは創星六華閃ガーンデーヴァガーンデーヴァ&フィーユだけです.

ガーンデーヴァデッキは除外枚数を必要とします

そのため,トラッシュに置かれたカードを除外しやすいこの効果は助かりそうです.

 

この効果は相手のトラッシュも除外出来ます.

そのため,トラッシュを利用する魔眼などの黒系デッキやインストールが重要な転身デッキにはかなり刺さりそうです.

 

スポンサーリンク

3. アロー・ディスティネーション

出雲&ガーンデーヴァのイデアドライブです.

コストは重めですが,攻防に渡って使用出来る非常に強力な起動能力です.

技名的にアロー・コンセントレーションの上位版みたいな感じですね.

 

1つ目&2つ目の能力について

この2つの能力はパートナーゼクス以外イデアドライブ共通なので紹介は割愛します.

ガーンデーヴァデッキは手札を補充しやすいので手札コストは問題なさそうです.

 

3つ目の能力について

赤1とドリーム・キー2個で無垢のイデア ガーンデーヴァに追加でスクエアバーンを付与するような効果です.

このダメージは相手のPSも対象に出来るため,相手のPSを空けやすいです.

ガーンデーヴァの除外枚数×1000ダメージなので,大型ゼクスも軽々処理出来るのが強力です.

 

破壊したゼクスと同名のゼクスが登場出来なくなる追加効果も非常に強力です.

例えばLRやVBをこの効果で破壊すれば,ライフから登場することが出来なくなります.

つまり,相手のLRとVBを封殺することが可能になるのです.

LRとVBでなくともIGアイコンが登場出来なくなることでライフを奪う機会が増えるのは◎.

 

しかも,このスクエアバーンは相手ターンにも使用出来ます.

相手の攻撃の起点になるゼクスを破壊して2枚目以降の同名を登場出来なくしてしまえば,相手の動きを制限することが可能になります.

攻防に渡って強力な効果なので,ドリーム・キーをたくさん用意したくなりますね.

 

スポンサーリンク

4. 魅惑のバランス ガーンデーヴァ

3種類目の3コストIGアイコン持ちのガーンデーヴァです.

デッキ上から必要なカードをサーチしつつ,除外とトラッシュも増やせるので使いやすいです.

 

能力について

手札1枚をトラッシュに置きつつ,デッキ上3枚から1枚手札に加え,1枚除外出来ます.

手札は増えないものの,デッキを掘り進められるのでキーカードにアクセスしやすくなります.

手札を切りやすく,除外も任意なので,ガーンデーヴァデッキ以外でも活躍出来そうです.

 

5. アフター・ラグナロク

ゼクストリーム2020.SUMMERに行われた英雄たちの戦記Gの結果を反映したカードです.

プレイヤーの選択の結果がカードに反映されるのもZ/Xの楽しみの一つです.

ですが,昔に比べるとイベント結果を反映したカード作成頻度が少なくて残念に思います.

アフター・ラグナロクの前に作られたイベント結果反映カードはひよっこ天使ガムビエルちゃん(27弾)だったと思いますし.

 

能力について

無8コストと非常に重いイベントですが,強力な3つの効果から1つ解決出来ます.

 

1つ目の効果は1ターンの間スクエアのすべての[ディンギル]をデュナミスに戻し,デュナミスにあるすべてのカードは[ディンギル]を失います.

プレイヤースクエアも対象になりますが,自分も相手もすべてのディンギルがいなくなってしまうので諸刃の剣です.

追加効果によりデュナミスで[ディンギル]を失うのでディンギルLv参照能力も無効化します.

上記4枚はディンギルのような扱いですが,[ディンギル]じゃないので対象外です.

 

2つ目の効果はNSにあるすべての相手ゼクスに25185831ダメージを与えます.

桁違いのダメージなので,相手だけ対象の全体除去という認識でOKです.

リソースが大幅に伸びる緑デッキならば全体除去目的で採用するのも有りかもしれません.

ちなみにダメージ量はイベントの結果を反映したものですね.

 

3つ目の効果は自分のデッキから好きなゼクスを1枚選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

好きなゼクスをデッキから即座に登場させられるので強力な効果です.

登場させるゼクスに一切の制限がないため,面白い運用方法が確立されるかもしれませんね.

 

6. おわりに

今回紹介したカードだとアロー・ディスティネーションがかなり強力な印象です.

攻防どちらでも使えるスクエアバーン+登場制限はゲームの趨勢を決めかねないですから.

 

アフター・ラグナロクは面白いですが,重過ぎるので緑系デッキかミカエルデッキで採用出来るくらいですね.

Z/Xの楽しみの一つなのでこういったイベント結果反映カードがもっと増えると嬉しいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント