ゼクス35弾新カード紹介「イース」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年1月25日にZ/X 35弾「想星<キュレーション>」のカードガチャが発売されました.

それに伴い,公式サイトに35弾とPRのカードリストが追加されました.

今回は公開されたカードリストの中から気になる3枚について紹介します.

 

スポンサーリンク

2. イース(35弾UR)

ソルの配下である9人の幹部の1人がまさかのプレイヤーとして収録されました.

このタイミングで新規のプレイヤーが追加されるとは思いませんでしたので驚きです.

 

ちなみにイース以外の無色のプレイヤーは下記の3人しかいません.

(ストーリーに関係ないコラボカードなどは除きます.)

始まりの竜の巫女エアは他の五世界とは異なる現代世界のドラゴンであるラストゼオレムやリダクトナムがパートナーゼクスです.

夜刀うららは幻夢郷のク・リト,その中でもアスツァールがパートナーゼクスです.

カール・ワイバーンはゼクス使いではないのでパートナーゼクスはいません.

 

このように無色のプレイヤーは他の五世界のプレイヤーとは異なりやや特別な存在です.

そのため,イースも既存の種族とは異なる新種族がパートナーゼクスになるかもしれません.

新種族がパートナーゼクスでないのならばソル側のク・リト使いなのかもしれません.

流石にカール・ワイバーンみたいにただのプレイヤーカードではないと思います.

 

スポンサーリンク

3. 風に乗りて跳ぶもの イタァカ

デメリットはあるものの,全色で使えるドロー効果持ちの3コストIGアイコンです.

 

能力について

任意の手札をトラッシュに置きつつ2ドロー出来るので優秀な効果です.

しかも,無色かつ効果に条件がないので,どのデッキでも採用出来るのが魅力です.

しかもク・リトなので,上記4種のオーバーシフトも使えます.

彼方のアルバイター イタァカでさらに手札を入れ替えられるのは便利そうです.

 

この能力最大のデメリットは相手も同じドロー効果が使えてしまうことです.

相手の手札とトラッシュの状況が良くなるので,相手の動きをアシストしてしまいます.

無条件でドローが使える故の大きなデメリットですね.

ですが,それでも手札補充に乏しいデッキならば採用を検討する価値は十分あると思います.

 

スポンサーリンク

4. 今年も一緒に フレデリカ

2021年1月28日木曜日から開始される「新春Z/Xキャンペーン」で貰えるPRカードです.

店舗でZ/X新品商品3000円購入ごとに1枚貰えるので35弾を購入しつつ貰いましょう.

 

能力について

登場時にデッキ上4枚から3コスト以下のマーメイドを1枚リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させられるので手数を稼ぎやすいです.

登場させて美味しいマーメイドは結構いますので,なかなかよさそうな感じです.

登場したゼクスはターン終了時デッキの下に戻ってしまうのでディンギルやオーシャン・フラッグス ナムのコストにすれば無駄がないですね.

 

未完の響打アキはターン終了時に自身と引き換えにデッキ上のマーメイドを登場させられます.

未完の響打アキ秘密の看板娘フレデリカローレライ・バニー フレデリカを登場させられれば,盤面を処理しつつ展開することも可能になります.

 

5. おわりに

カードリスト公開までにすべてのカードが判明していたと思っていたので驚きましたね.

イースは多分36弾くらいに追加されるんじゃないかなぁと思っています.

もしくはゆたかから続く新プレイヤーはエンジョイスターターで追加ということなのかも?

 

風に乗りて跳ぶもの イタァカはメリットとデメリットがともに大きいカードです.

手札補充が苦手なデッキは割とあるので,そういったデッキに挿すのが良さそうに感じます.

 

35弾を購入しつつ今年も一緒に フレデリカもしっかり確保しておきましょう.

ただし,店舗によってはキャンペーンやっていないので公式サイトで要チェックです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント