ゼクス38弾新カード紹介「【式神再臨】晴明」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年10月21日にZ/X 38弾「無限<アンリミテッドブースト>」が発売されます.

今弾はアルターブレイクと併用したい新システム「アンリミテッドブースト」が目玉です.

さらに,新プレイヤーである竜の姫君の追加と新カテゴリである魔導書やサテライトやピュアティの追加も楽しみな弾です.

今回は新カテゴリ専用オーバーシフトの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【式神再臨】晴明

式神専用のオーバーシフトです.

新カテゴリのオーバーシフトの剣臨条件はアルカナシフトとほぼ同じですね.

 

能力について

式神はトラッシュを増やしたいので,手札の式神を捨てて1ドロー出来るのはかなり便利です.

しかも,トラッシュに4枚以上式神があれば手札が増えますから至れり尽くせりな感じです.

式神デッキは5コスト以上を登場させやすいので,シフト先にも困りませんし.

 

スポンサーリンク

3. 【協奏再臨】ナム

フラッグス専用のオーバーシフトです.

私的には今回紹介するシフトの中で一番微妙だと思います….

 

能力について

4コスト以下が対象とは言え,リソースを支払わずに使えるバウンスは便利です.

ですが,バウンス出来るスクエアやセッションと色々と縛りがある割にはかなり微妙です….

5コスト以上のフラッグスが登場している段階だと既にスクエアに展開して動き始めています.

そのため,初動で展開先を確保するためにバウンスを使えないのが動きと噛み合いません.

使えないことも無いですが,正直もっと有用な能力が欲しかったです….(;_;)

 

自ターンのみのバウンスなら,もっと上のコストも対象にして欲しかったです.

この能力のままなら,相手ターンに使えるとか自分の4コスト以下も対象とかね….

もしくは,フラッグスだけコスト制限無しでシフト出来るとか….

ちょっとテキストを変更するだけでもだいぶ印象が変わるのですけど….

 

スポンサーリンク

4. 【象徴再臨】ホルス

祈獣専用のオーバーシフトです.

プレイヤースクエアで暇を持て余している大型祈獣にも仕事が出来ました.

 

能力について

リソースを支払わずにチャージからコスト4以下の祈獣を登場させられるのでかなり便利です.

コスト6以上を除去したり,チャージを稼いだり,トラッシュやリムーブから祈獣をチャージに戻したり,連続攻撃したりと現状のカードプールでも結構やれることが多いですね.

5コストまで許すと強情な顕示 祈獣ネフティス竜舞の陶酔 祈獣アナトが使えてしまうので4コストまで登場が許されているのだと思います.

 

5. 【集魂再臨】アヴァンツ

黒剣専用のオーバーシフトです.

このフレーバーテキストはアヴァンツなのでしょうか?

黒剣は人の様に喋れないものと思っていたので,アヴァンツだとしたら意外ですね.

 

能力について

手札の黒剣を切れて,反魂も発動させやすいので黒剣と非常に噛み合った優秀な効果です.

反魂のために大型を破壊したいので5コスト以上しか破壊出来ないのもさほど気になりません.

黒剣は低コストでシフト先を用意出来るのも非常に好相性です.

 

6. 【新緑再臨】紅姫

紅姫専用のオーバーシフトです.

この流れで紅姫のオーバーシフトは結構意外でした.

マジカルかエレメンツ,五頭領のオーバーシフトが収録されると思っていましたので.

 

紅姫や五頭領が新カテゴリ扱いならアドミニストレータも復活して欲しいところです.

またはとうに忘れさられていると思われるアステリズムとかでもOKですよ.

アステリズムである7人のバトルドレスはシャスターのバックアップという設定があるはずなのに,この設定は1回も使われていないですよね…?

アークコマンダー メグレスの能力で全員揃えば特殊勝利はありましたけど,ストーリーではノータッチだったはずです.

 

能力について

自分のリソースのコスト7のカード5枚につき,自分のすべての紅姫のパワーを+1000します

深緑の中の夢幻 紅姫はリソースに7コストが11枚,陽光と水面の姫君 紅姫はリソースに7コストが10枚必要です.

そのため,パワー+1000~+2000くらいが常になりそうです.

効果自体は悪くないのですが,出来ればリソース操作系の効果が欲しかったところです.

紅姫は始動までの準備が長いので,動ける時には手遅れと言ったことも良くありますので.

 

7. おわりに

新カテゴリはオーバーシフト出来なかったので今回の追加は有難いです.

ですが,カテゴリによってはっきり明暗が分かれてしまったのは非常に残念です….

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント