ゼクス「ゼクス伝説」新カード紹介「転身!ブレイズ・インストール!!」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年12月16日にEXパック31弾「ゼクス伝説」が発売されます.

今弾は様々な新カテゴリの切り札となるレジェンドレアの追加が楽しみな弾です.

アルターブレイクなどの再録もあるので,入手難で組めなかったデッキを組みやすくなります.

今回は転身とフラッグス,祈獣のレジェンドレアを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 転身!ブレイズ・インストール!!

転身のレジェンドレアは2コストのイベントです.

リソースの条件や効果から転身版のリゲル★クリスマスのような感じですね.

 

九州では赤の世界大戦が始まりそうですね….

赤の世界らしいといえばそうですが,どう転んでも内部分裂で大幅に弱体化しそうですね.

そういえば,随分前に徳叉迦が九州の赤の世界のブラックポイントと青森の緑の世界のブラックポイントを入れ替えましたよね.

今は戻っていますが,戻した時の話はストーリーであんまり触れなかった気がします.

 

能力について

自分のリソースにある転身の枚数に応じて効果が追加されます.

(1)2枚以上の場合,デッキ上3枚から2枚まで手札に加え,残りをトラッシュに置きます.

(2)4枚以上の場合,NSにある相手のゼクスを1枚まで選び,15000ダメージを与えます.

(3)6枚以上の場合,手札か除外にあるインストール持ちのゼクスを1枚までNSに登場させます.

 

(1)は便利な手札とトラッシュ増加効果です.

インストールさせたい効果持ちのゼクスをトラッシュに置けるのは良いですね

状況次第では手札に加えずにトラッシュを一気に増やすこともあるかもしれませんね.

 

(2)はほとんどのゼクスを焼ききれる高火力のバーンです.

素のパワーが15000を超えるゼクスはほとんどいませんからね.

 

(3)は手札かリムーブからインストール持ちを登場させるので攻撃の起点に出来ます.

わずか2コストで大型のゼクスをNSにリブートで登場させられるのはやはり強力ですね.

攻撃時は気になりませんが,迎撃時はPSに登場させられないの気になりそうな気がします.

 

注意点は(2)のバーンを与えて破壊したゼクスのスクエアに登場出来ないことです.

ダメージで破壊状態にはなっているのですが,まだそのスクエアに存在していますから.

ダメージやパワーマイナスと登場効果がセットになった能力はこの点に気を付けたいです.

 

スポンサーリンク

3. フラッグス・ジャムセッション

フラッグスのレジェンドレアは2コストのイベントです.

手札を増やしつつバウンスも出来るので,今までよりも動きが結構良くなりそうな予感です.

ジャムセッションは懐かしいですね.

自分限定ですが,ジャムセッション内蔵の奏流フロートは非常によく使用されましたよね.

奏流フロートは人気だったので,Vジャンプの応募者全員サービスで再録されました.

奏流フロートと一緒に上記4枚も1枚づつ貰えました.

当時最凶のVBだった奈落の魔人アビッソは便利過ぎて通算6回くらい再録されましたね.

もしかしたらZ/Xで最も再録回数が多いカードかもしれませんね.

八宝美神フリージアは好きだったのですが,封神で姿を消してしまいました….

封神されるクラスの強さでしたが,もうちょっと加減した下方修正にして欲しかったです.

 

1つ目の能力について

自ターンのみ,自分の隣接するゼクスが1組あれば手札で1コストになります.

フラッグスはセッションの都合上隣接が要なので,条件達成は非常に容易です.

ポップ・フラッグス リリーデルタ・フラッグス マリオンを使えばかなり早い段階から1コストでプレイ出来ますね.

 

2つ目の能力について

自分のリソースにあるフラッグスの枚数に応じて効果が追加されます.

(1)2枚以上の場合,デッキ上5枚からフラッグス名称のゼクスを2枚まで手札に加えます.

(2)4枚以上の場合,NSにある相手のゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.

 

(1)はデッキ上5枚からフラッグスを2枚加えられるので動きやすくなります.

フラッグスは動き始めに必要なカードが多いので,揃えやすくなるのはかなり良いです.

オーシャン・フラッグス ナムレインボー・フラッグス ニンガルを再登場させて効果を複数回使う時にも助かります.

(1)でデッキをシャッフルするので,デッキ上5枚が弱い場合はリセット出来ますから.

 

(2)はフラッグス的にはかなり有難いコスト制限のないバウンスです.

フラッグスは展開力に優れているものの,高コストに効く使いやすい除去は少ないです.

なので,1コストでバウンス出来るのはかなり助かります.

相手ターンに2コスト立てておけば,バウンスで妨害することも可能ですね.

 

スポンサーリンク

4. 暇を持て余した祈獣たちの悪戯

祈獣のレジェンドレアは1コストのイベントです.

チャージサポートにパワーマイナスとかなり優秀なイベントです.

1コストなので広漠なる『勝宴』ニンカシなど色々な手段で回収出来るのも良い点です.

しばらく黒剣以外のトーチャーズはめっきり見かけませんが,元気にしているでしょうか?

 

1つ目の能力について

自分のリソースにある祈獣の枚数に応じて効果が追加されます.

(1)2枚以上の場合,自分のトラッシュから祈獣名称のカードを1枚チャージに置きます.

(2)4枚以上の場合,NSにある相手のゼクスを1枚まで選び,パワーを-8000します.

 

(1)は非常に助かるトラッシュから任意のカードを1枚チャージに置ける効果です.

IGや相手の妨害でトラッシュに置かれたキーカードを即座にチャージに置けますから.

特に祈獣はホルスへの依存度が極めて高いので,弱点を補いやすくなりました.

ですが,除外は駄目なのでロードクリムゾンやガーンデーヴァの相手は相変わらず辛いです.

 

(2)は使いやすいそのターン中限定のパワーマイナス8000効果です.

リソース条件があるとはいえ,1コストで使える妨害としてはかなり優秀だと言えます.

5コスト以上分のパワーダウンを僅か1コストで使えるわけですからね.

今後は祈獣を相手にする時は常に警戒する必要があるくらい厄介な効果だと言えます.

 

2つ目の能力について

自分のPSにいるホルスにターン終了時までレンジ2を付与します.

PSで暇を持て余している信仰の頂き 祈獣ホルスが攻撃に参加出来るようになるのは良いですね.

PSからパワー12000レンジ2で相手のPSを攻撃出来るのは相手からすると堪らないでしょうね.

注意点はシフトしているホルスにはレンジ2を付与出来ないことです.

なので,【象徴再臨】ホルスはPSの信仰の頂き 祈獣ホルスにシフトしない方が無難です.

余談ですが,名称しか指定していないので激奏ホルスティオもレンジ2を付与出来ますね.

信仰の頂き 祈獣ホルス以外の別名称のホルスは追加されないのでしょうか?

 

5. おわりに

今回紹介したレジェンドレアはいずれも相手ターンの妨害にも使用出来ます.

そのため,攻撃一辺倒ではなく防御寄りの立ち回りも出来るようになりそうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント