ゼクス39弾新カード紹介「瑞々しき無限誓装 百目鬼きさら」他3枚+モールス信号解読

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年1月27日にZ/X 39弾「破天<ワールドオーダー>」が発売されます.

今弾は38弾で未収録のプレイヤーたちのアンリミテッドブースト関連が目玉です.

さらに,竜の姫君や魔導書,サテライトなどの新カテゴリの追加カードも楽しみな弾です.

今回はヴェスパローゼシンクロトロンの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 瑞々しき無限誓装 百目鬼きさら

きさらのアンリミテッドブーストです.

リソースとトラッシュを増やせて自壊含めた盤面処理も出来るのでとても優秀ですね.

 

1つ目の能力について

4リソース時に1枚リソースブースト出来るのはかなり優秀です.

先行時にリソブ目的でノーマルスクエアに投げるのも有りですね.

任意でデッキ上からトラッシュを2枚増やせるのも助かります.

“勇凛誓装”百目鬼きさらの効果にトラッシュが必要ですからね.

早い段階でIGOBしたり,2回目のIGOB時にトラッシュが足りないこともしばしばありますから.

 

2つ目の能力について

NSにある自分と相手の5コスト以下のゼクスを1枚づつスリープでリソースに置きます.

コスト制限はあるものの,相手を6リソースにしてIGOBを行いやすくなるのは大きな利点です.

また,1回で自分のゼクスと相手のゼクスを両方退かせるので連続攻撃が容易になります.

相手ターンにも使える起動能力なのも非常に優秀ですね.

4リソース時に瑞々しき無限誓装 百目鬼きさらをPSに置ければ突破されにくいです.

 

今まではディンギル阻止のためにヴェスパローゼのスタートカードは割られやすかったです.

ですが,今後はスタートカードを序盤で割ってしまうと相手は瑞々しき無限誓装 百目鬼きさらが残り続けてしまうリスクを背負うことになります.

そのため,今までよりもスタートカードが残りやすくディンギルしやすくなりそうですね.

 

3つ目の能力について

アンリミテッドブースト共通のデメリットです.

4リソ時のリソブは有効なのでノーマルスクエアに登場させるのも有りだと思います.

ですが起動能力が優秀なので,それ以外の場合は極力PSに置きたいです.

 

スポンサーリンク

3. 保護者の気持ち ヴェスパローゼ

ヴェスパローゼ4種類目の3コストIGアイコンです.

リソースからヴェスパローゼ名称のカードを回収出来るのは非常に嬉しいです.(*^-^*)

 

能力について

登場時に(1)か(2)の効果を1つ選び,解決します.

(1)デッキ上リソースイン&自分のリソ5以下ならリソース1枚トラッシュ.

(2)自分のリソ9枚以上ならリソからヴェスパローゼ名称のカードを1枚回収.

 

(1)は使いやすいリソース入れ替え兼リソースブーストです.

“勇凛誓装”百目鬼きさらのためにトラッシュを増やしておくのは大事です.

また,5リソース時のIGで当たればリソブ出来るので結構動きやすくなりますね.

 

(2)はヴェスパローゼ待望のリソースからヴェスパローゼ名称のカード回収です.

誓いがイベントの時からずっと待ってた効果なのでかなり嬉しいです.

現在だとリリースイベントの瑞々しき解放 ヴェスパローゼやリソースリンクの片割れであるヴェスパローゼときさら 盲執の絆を回収出来るのはかなり助かります.

 

スポンサーリンク

4. 疾き無限誓装 獅子島七尾

七尾のアンリミテッドブーストです.

キーカードを探しつつ,1面バウンス出来るのでアドバンテージを稼ぎやすいですね.

 

怜亜と超と七尾はテラと交戦中でしたね.

スパロボ的な表記だとサイズLL対サイズSSと言ったところでしょうか.

(人VSロボと言う構図を見るとマスターアジアVSジェガンを思い出します.)

字面だと3対1のように見えますが,3体合体しているので実質1対1ですね.

絡みつかれているようなのでオープンゲット(合体解除)でもしないと反撃できないでしょうか.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ上3枚から好きなカードを手札に1枚加えます.

加えるカードに一切制限がないので,シンクロトロン以外のデッキでも使えますね.

また,残りをデッキ下に置くのでサテライトデッキに入れるのも面白いかもしれません.

自ターンならコスト制限無く相手を1枚バウンス出来るので除去としても使いやすいです.

 

2つ目の能力について

アンリミテッドブースト共通のデメリットです.

登場時に仕事は終わっているのでノーマルスクエアに登場させるのも有りだと思います.

 

5. 煩悩ブレイカー シンクロトロン

シンクロトロン5種類目の3コストIGアイコンです.

ご機嫌なアサギにP指定を付与して強化したような印象のカードです.

 

1つ目の能力について

自ターンのみですが,手札が4枚以上あれば自身のパワーを+1500します.

IGから4コストの能力持ちを倒せるゼクスが登場出来るのは良さそうですね.

後攻の場合は無理なく4コストパワー6000に対処出来るのも利点です.

 

2つ目の能力について

ターン終了時に自身を手札に戻しつつ,デッキ上1枚をチャージに置きます.

手札を増やしつつチャージを稼げるので悪くない感じです.

相手がバウンスや除外を多用するデッキならチャージに困りにくくなるはずです.

相手ターン終了時にも発動するので,ライフから登場して生存した時にも使えますね.

他には意味の無いスクエアにいるこのカードを有効利用したい時にも役立ちますね.

 

6. リリースイベントとアルターシフトのモールス信号

今回もシンクロトロンのフレーバーのモールス信号を解読してみます.

今まで通りだと☆が長点(-),★が短点(・)に相当します.

 

6.1 疾き解放 シンクロトロン

-・ 「タ」

---・ 「ソ」

・・・- 「ク」

-- 「ヨ」

-・--・「モ」

 

繋げて読むと「タソクヨモ」となり意味が分かりません.

なので,長点と短点を逆にして読み直してみます.(☆が短点,★が長点)

 

・- 「イ」

・・・- 「ク」

---・ 「ソ」

・・ 「゛」

・-・・-「ヰ」(わ行のい)

 

繋げて読むと「イクゾヰ」→「行くぞい」となります.

フレーバーもホロ加工の場合だと長点と短点が逆になってしまうみたいですね.

 

6.2 【刃心天臨】シンクロトロン

前回アルターは長点と短点が逆だったので,今回も同じだと思います.

疾き解放 シンクロトロンの時と長点と短点を逆にして解読します.(☆が長点,★が短点)

 

・・-・ 「チ」

・--・ 「ツ」

・・-・・ 「ト」

-・・-・ 「モ」

 

繋げて読むと「チツトモ」→「ちっとも」となります.

これは誰の台詞を受けての「ちっとも」なんでしょうか?

 

7. おわりに

ヴェスパローゼデッキはかなり強化された印象です.

ずっと欲しかったリソからイベント回収が出来て,4リソ時のリソブも増えましたから.

シンクロトロンデッキも強化されましたが,ちょっとマイルドな感じがします.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント