ゼクス40弾新カード紹介「光翼の拳闘士 メデューズ」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年4月21日にZ/X 40弾「勇気<クライシスアーク>」が発売されます.

今弾は大きく環境を変化させるであろう新システムのクライシスアーク関連が目玉です.

他にも新しいゼクスエクストラや多色カードの登場で構築の幅が広がりそうです.

今回はメデューズズィーガー転身シャドウの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 光翼の拳闘士 メデューズ

白のP指定無しのクライシスアーク対応の7コストのメデューズです.

自力でPSに戻れるので連続攻撃し易く,全体パワーマイナスで攻防共に活躍し易いです.

随分久しぶりにリソース症候群って言葉を聞いた気がします.

 

1つ目の能力について

メデューズEXなら手札にあるこのカードのコストを-2します.

スタートリソースのメデューズ 光翼の決意で登場出来るようになるので大事な効果です.

白はチャージからゼクスを登場させる効果がほとんどです.

そのため,手札でのコスト軽減を他のカードからの登場効果に活かせなさそうですね.

 

2つ目の能力について

扶翼のイデア フィエリテ誇りのフィエリテを彷彿とさせるPSへの移動能力ですね.

相手のゼクスを攻撃破壊したらPSに戻れるので連続攻撃しつつPSに大型を置けます.

しかも,起動能力で攻防共に使用出来る全体パワーマイナスが使えます.

そのため,効果で除去されにくいPSに戻れるメリットはかなり大きいです.

ただし,相手のゼクスを破壊しないと駄目なのでパワー増減の妨害に気を付けたいです.

効果はだいぶ異なりますが,PSへの移動が可能なカードだとディスガイアのアデルとロザリーを思い出します.

昔は打倒ゼノンを誓うアデル湯けむりロザリーを好んで使用していましたから.

相手PSを攻めつつ,自分のPS回りを固められるのはなかなか便利でしたよ.

 

3つ目の能力について

指定種族の手札を1枚消費しますが,起動能力でNS全体パワーマイナスは優秀です.

効果量は相手次第ですが,最大で全体のパワーを-8000出来ます.

なので,8面埋められているなら5コスト以下を一掃して残った大型も簡単に処理出来ますね.

絶界にも効くので,相手の攻撃順番などをコントロール出来そうです.

 

スポンサーリンク

3. 紫閃の反逆獣 ズィーガー

ズィーガー初のアークゼクス(黒白)です.

手札かチャージを稼ぎつつ,2面破壊に自身リブートとなかなか優秀です.

「紫閃の反逆獣」読み方は「しせんのりべりおん」だそうです.

 

1つ目の能力について

恋の応援モテッツ“聖翼誓装”天王寺飛鳥清き無限誓装 上柚木さくらと同じようなライフから手札やチャージを増やす効果に相手が対象を選択する2面破壊効果もついています.

この手の効果が優秀なのは既に上記3枚で証明済みですね.

ノーマルスクエア2面破壊効果は相手が対象を選ぶのでやや使いにくいです.

そのため,破壊したいゼクス以外のゼクスは他の手段で先に処理しておきたいです.

 

2つ目の能力について

ズィーガーお馴染みのチャージを使って自身をリブートする効果です.

相手のライフを一気に削りやすくなるので優秀な効果です.

ただし,ズィーガー名称のチャージが2枚必要なのでズィーガー以外はやや採用しにくいですね.

終天のイデア ズィーガーは3枚ズィーガー名称が必要です.

そのため,どちらも併用するならほぼズィーガー単でデッキを組むのが良さそうですね.

やはりドリーム・キー3個組は40弾以降でも使いやすいのが大きな利点ですね.

 

スポンサーリンク

4. 焔纏転身 フレア

起動能力で3つの効果を使い分けられるのはなかなか便利そうです.

なので,自身が登場するよりもインストール候補として活躍しそうです.

私が燃料代わりになる!って,どうするのでしょう.

 

1つ目の能力について

お互いのライフが3以下ならすべての領域でインストールを得ます.

中盤以降ならほぼ気にしなくてもインストールを得た状態でいられそうです.

インストールを得ることで焦熱転身 バーニング転身!ブレイズ・インストール!!の効果で登場させられるようになります.

さらに【転身再臨】キャノンシェルで1ドローも出来るようになるので大事な効果です.

 

2つ目の能力について

起動能力で自分のチャージを1枚トラッシュに置くと(1)~(3)を1つ解決します.

(1)2枚引きます.

2ドロー出来るので手札を消費し易い転身的にはかなり助かります.

 

(2)手札にあるコスト3以下のゼクスを1枚選びリブートゼクスのないNSに登場させます.

コスト3以下を登場させられる起動能力持ちである操機転身 ガンポッド拳竜転身 クランチと異なり登場させるゼクスに種族や名称縛りがありません.

そのため,色々なゼクスを登場させられるのでかなり使いやすそうです.

しかも,登場させたゼクスがスクエアに残り続けるのも良い点です.

 

(3)自分のトラッシュにある転身名称のゼクスを2枚選び,手札に戻します.

黒で良く見かけるゼクス回収効果ですが,非常に有難いです.

今までほぼ回収出来なかった契りの紅砲 転身キャノンシェルを簡単に回収出来ますから.

IGOBが主軸になるデッキにとって誓いを回収出来るのは非常に有益です.

 

5. フレキシブルシャドウ オフカス

条件達成ですべての領域でIGアイコンを得る6コストのシャドウです.

電影しやすく4コスト以下3面処理も出来るので攻撃に専念し易くなりそうです.

 

1つ目の能力について

すべての領域でIGアイコンを得られるのでIGが強くなるのは良さそうですね.

ただし,自分のリソースにシャドウが4枚必要なのでほぼシャドウ単でないと使えませんね.

コストの割にパワーが低いのは欠点ですが,電影対象に使えば問題ないですね.

ですが,ここまで条件が厳しいならパワーをもう少し上げて欲しかったです.

 

2つ目の能力について

手札1枚消費でNSにある相手の4コスト以下のゼクスを3枚までバウンス出来るので,一気に盤面を返して攻撃に専念しやすくなります.

バウンスを誘発するためには電影でもいいですし,ディンギルしても良いですね.

40弾で破天降臨が出来るようになるので,今までよりも誘発させやすくなりますね.

ただ,出来れば2枚バウンスで5コスト以下くらいまで対象の方が使いやすかったと思います.

蒼き無限誓装 各務原あづみを良く使う身からすると余計にそう感じてしまいます….

好きなカードではあるのですが,他のアンリミテッドブーストに比べると効果が….

難しいとは思いますが,蒼き無限誓装 各務原あづみを上方修正して欲しいです.

 

6. おわりに

今回紹介した中だと光翼の拳闘士 メデューズに色々と活躍出来る可能性を感じます.

手札消費は厳しいものの,相手ターンにも使える全体パワーマイナスは厄介ですからね.

PEXやIGOBを使わないエンジェルかガーディアンデッキで見かける機会が多くなりそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント