ゼクス41弾新カード紹介「聖烈の守護者 ケィツゥー」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年7月28日にZ/X 41弾「未知<ミスティックアーク>」が発売されます.

今弾は40弾で追加されなかったプレイヤーのクライシスアーク関連が目玉です.

他にも多色新カテゴリのD・ウィッチとステイシー,さらに新しい汎用EXや破天降臨やゼクステンド・ドライブ!などの追加要素も楽しみです.

今回はケィツゥーアスルブリューナクの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 聖烈の守護者 ケィツゥー

ケィツゥー初のアークゼクス(白赤)です.

チャージを増減する能力と2面処理出来る除去が魅力ですね.

「聖烈の守護者」読み方は「せいれつのあいぎす」だそうです.

ガルマータが復帰するチャンスだと思ったのですが,戻ってこないようですね….

 

1つ目の能力について

このカードがスクエアにいる時だけですが,チャージ上限+2は悪くないですね.

ケィツゥーはチャージからの登場とコスト支払いが多いです.

なので,常にチャージが上限一杯なことは良くあります.

この能力のおかげで2つ目の能力でチャージを増やす効果を活かしやすくなります.

 

2つ目の能力について

プレイ登場時に自分のチャージを増やすか相手のチャージを除外するを2回行えます.

どちらの効果も魅力的なのでどちらを使うか迷いますね.

前述の通りケィツゥーはチャージがかなり大事なので,チャージ増加は助かります.

ケィツゥーはこの効果でチャージを稼ぐことで展開していくことになりそうです.

 

相手のチャージ除外もなかなか強力ですね.

スタートカードを潰せますし,白や黒相手だった場合は相手の再利用を防げますから.

単純にIG差をつけられるだけでも十分です.

 

3つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で0コストでこのカード以外のNSのゼクス2枚までのパワーを-11000出来るのは優秀そうです.

パワー11000が多い環境なので除去としては十分ですね.

ケィツゥーは除去がやや苦手なので1回で2面処理出来るのも助かります.

しかも,自壊も出来るので連続攻撃しやすいのもメリットです.

チャージから登場出来るケィツゥーを破壊すれば再登場が容易なのも好相性です.

2面空けられるので蜜月のハネムーン マシャールがあるとガンガン攻撃出来そうです.

 

スポンサーリンク

3. 静寂の暗殺者 アスル

41弾の青汎用EX担当はバトルドレス&キラーマシーンのアスルでした.

ドロー&トップ確定にレンジ2付与もあるので良さそうですね.

「静寂の暗殺者」読み方は「せいじゃくのあさしん」だそうです.

 

1つ目の能力について

EX化していると手札で5コストになるいつもの効果です.

青は手札から登場させる効果があると思うのですが,上記3種以外は思いつかないです.

 

2つ目の能力について

登場時に2ドロー&手札1枚をデッキ上か下に置けるのはなかなか便利です.

単純にアドバンテージを稼ぐのも良いですが,デッキ上確定を上手く利用したいです.

デッキ上からゼクスを登場させる効果で任意のゼクスを登場させたいですね.

 

3つ目の能力について

起動能力でスクエアにあるバトルドレスかキラーマシーンにレンジ2を付与出来るので相手のライフを削りやすいです.

レンジ2の付与対象が比較的広いため使いやすそうですね.

 

スポンサーリンク

4. 赤鋼の機装甲 ブリューナク

41弾の赤汎用EX担当はマイスター&ギガンティックのブリューナクでした.

デッキ上からゼクスを展開出来るのでガンガン攻撃出来そうです.

「赤鋼の機装甲」読み方は「せきこうのふるばーすと」だそうです.

 

1つ目の能力について

EX化していると手札で5コストになるいつもの効果です.

赤は手札からの登場効果が多いので,他の色よりも有効に作用する場面は多そうです.

5コストウェイカーの貫神岩跳スピネルペンギンで登場させられるのはかなり大きそうです.

他だと1コストでプレイ出来るヒロイックカットインも使いやすそうですね.

今思えばこのサイクルのゼクスは懐かしいリソースリンクの誠実な雌雄剣 榎流浪の刀鍛冶 長光と相性が良さそうですね.

誠実な雌雄剣 榎は5→6にリソブ出来るのでスタートリソースを1ターン早く使えますから.

流浪の刀鍛冶 長光は効果が使えるのは9リソース以降と遅いですが,手札から5コスト以下のゼクスを1枚スリープで登場させられますし.

 

2つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で手札を1枚トラッシュに置くとデッキ上3枚から5コスト以下かつマイスターかギガンティックを1枚リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させるので不確定ながらアタッカーを用意し易いです.

不確定とはいえ登場対象が5コスト以下なのは魅力的ですね.

しかも,この手の効果にしては珍しくターン終了時にいなくならないのも優秀です.

さらに,登場したゼクスはパワー+3000なので格上を倒しやすいですし.

公開したデッキ上3枚はトラッシュに置かれるのでESが発動するのも面白そうです.

先攻で貫神岩跳スピネルペンギンから赤鋼の機装甲 ブリューナク登場,ESで整備職人ヒンデンブルク,手札を捨てる際にHere We Go!オリハルコンティラノを捨てるなど上手く噛み合うと5リソース時の動きが凄いことになりそうですね.

 

5. おわりに

聖烈の守護者 ケィツゥーはなかなか良さそうな感じでしたね.

チャージからの登場と自壊を絡めてガンガン攻撃したいです.

 

静寂の暗殺者 アスルは手札を稼ぎつつレンジ2を付与出来るので便利そうです.

デッキ上を確定出来るのでそれを上手く活用したデッキにしたいですね.

 

赤鋼の機装甲 ブリューナク貫神岩跳スピネルペンギンと好相性です.

色々と組み合わせることで爆発的な攻撃力を得られそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント