ゼクス「キャラクターデッキ リルフィ」新カード紹介「どっかん粉砕ハンマー リルフィ」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年8月1日~9日限定で「キャラクターデッキ リルフィ」が発売されています.

前回に引き続き今回も「キャラクターデッキ リルフィ」収録の新カードを6枚紹介します.

 

スポンサーリンク

2. てくてく登下校 リルフィ

ゼクステンド・ドライブ!を持っている5コストのリルフィです.

5コストでゼクステンド・ドライブ!持ちは初めてです.

絶界を無効化したり付与出来るのでスムーズな攻撃の助けになりそうです.

 

1つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で現在スクエアにあるすべての相手のゼクスの絶界を失わせてNSにある相手ゼクスを1枚破壊出来るので除去としては強めです.

専用EXで付与された相手ゼクスの絶界を無効化してから効果で破壊出来るわけですから.

ただし,コストとして手札を1枚捨てるので手札の維持には気を付けたいです.

 

2つ目の能力について

ゲーム中1度限りですが,味方全体絶界付与はコントロール系デッキに刺さりますね.

ですが,ライフへのダメージなど勝利に直結する効果ではありません.

なので,出来れば他のゼクステンド・ドライブ!を優先したいです.

ゼクステンド・ドライブ!を使うのではなく各種ゼクステンド・ドライブ!参照効果で参照することがメインになると思います.

 

スポンサーリンク

3. どっかん粉砕ハンマー リルフィ

このデッキの展開の要となる7コストのリルフィです.

トラッシュ回収から登場効果に繋げられるのでかなり使いやすそうです.

さらに,パンプもあるのでパワー11000が多い環境でも問題なく立ち回れそうです.

 

1つ目の能力について

登場時にトラッシュからゼクステンド・ドライブ!持ちのゼクスを2枚まで回収出来ます.

2つ目の能力で登場させたいカードを回収出来るのはかなり良いですね.

手札消費が激しいデッキなので,手札を補充出来るだけでも十分です.

 

2つ目の能力について

自ターンのみの起動能力で手札からゼクステンド・ドライブ!を持つゼクス1枚をリブートでゼクスの無いNSに登場させます.

コスト無しに手札から7~8コストを登場させられるので展開手段として優秀です.

1つ目の能力があるので狙ったゼクスを登場させやすいのも良いですね.

しかも,ターン終了時まで登場させたゼクスはパワー+3000されます.

そのため,多少のパンプやパワーマイナスを物ともせずに相手ゼクスを粉砕出来ます.

どっかん粉砕ハンマー リルフィの名に相応しい感じがします.

どっかん粉砕ハンマー リルフィが優秀過ぎるので,同じようにゼクステンド・ドライブ!を登場させられるきらきら優等生 リルフィの影が薄くなりそうです….

ですが,きらきら優等生 リルフィは比較的登場させやすい5コストです.

なので,プレイヤー能力以外の効果で上手く登場させる方法を考えたいですね.

リソースに赤が入るなら滅神騎王アーサーが使いやすいですね.

緑のゼクス2枚はやや手間ですが,ずっと一緒に くまのももも有りだと思います.

 

スポンサーリンク

4. ざっくり両断ブレード リルフィ

リルフィ2種類目のゼクステンド・ドライブ!持ちです.

40弾のゼクステンド・ドライブ!と同様に登場時効果を持っているのでゼクステンド・ドライブ!を何度も登場させるこのデッキだと重要です.

ですが,ざっくり両断ブレード リルフィはこのデッキに2枚しか収録されていません.

そのため,2デッキ購入して4枚採用にするのも有りだと思います.

 

1つ目の能力について

40弾のゼクステンド・ドライブ!と同様に自分がライフ1の時に手札から登場してスクエアにあるゼクスを1枚をトラッシュに置きます.

条件は厳しいものの,0コストで8コストパワー11000がコストを支払わずに登場しつつ1面除去出来るのでかなり優秀です.

しかも,除去は相手のゼクスだけでなく自分のゼクスも対象です.

そのため,防御だけでなく攻撃手段としても活躍出来ます.

この能力を使用するためにはリソースに特定の色(今回は無色)が必要です.

そのため,今までは色の関係で採用出来なかったアスツァールや無色が主軸になるイースとエアとニグたん&テオゴにゃんのデッキにも40弾のゼクステンド・ドライブ!と同様のカードを採用出来るようなります.

なので,それらのデッキを使っている人も是非入手したいカードですね.

SHiFTとiDAも無色のカードを採用し易いのでざっくり両断ブレード リルフィを使えますね.

 

2つ目の能力について

登場時に3ドロー2ディスなので手札とトラッシュを増やせます.

大型の登場効果としては地味ですが,手札事情の厳しいこのデッキ的には助かります.

他のデッキで採用する場合でも逆転の一手を狙えるカードを引ける可能性があるので良い効果だと思います.

 

5. オネスティ・ヴェール

1枚で2種類のパンプが使える無色1コストのイベントです.

無色かつP指定が無いため,どのデッキでも採用出来るのが強みです.

状況をひっくり返す強さは無いですが,上手く使えば流れを変えられる1枚です.

オネスティ・ヴェールって技名を聞くだけで既に懐かしい気持ちになります.

 

1つ目の能力について

1ターンだけですが,プレイヤーにパンプ能力を付与する珍しい能力です.

PS限定ですが,1コストで2コスト相当のパワー+3000はなかなか良い感じです.

しかも,自分のPSにあるすべてのゼクスがパンプ対象です.

そのため,専用EXで絶界を付与していてもパンプ出来ますね.

なので,絶界はパンプ出来ないと思っている相手の不意を突いて攻撃を耐えられます.

 

この能力が優れているのは常在効果でパンプすることですね.

プレイヤーに常在能力でパンプ能力が付与されているので,現在PSにいるゼクスが破壊されてライフから次のゼクスがPSに登場した場合はそのゼクスもパワー+3000されます.

つまり,そのターンだけライフから登場するIGアイコン持ち3コストパワー4500がパワー7500扱いに出来るということです.

3コストを倒すのに5コスト相当を要求されるので相手の攻める勢いが弱まるはずです.

デュナミスに表向きのカードを増やせるので停留合体キング・Xデッキで使うのも有りですね.

 

2つ目の能力について

自分のゼクスが登場した時にデュナミスにあるこのカードをトラッシュに置いた場合,ターン終了時までそのゼクスのパワーを+2000します.

1つ目の能力でこのカードをデュナミスに置けるのでスムーズにパンプ出来ます.

1つ目の能力と併用出来るので一時的にPSをかなり硬くしてライフを守れます.

もちろん,攻撃時にも使用出来るのでなかなか便利なパンプ効果です.

対象を選んでいないので絶界持ちも問題なくパンプ出来ますね.

 

6. ぎゅんぎゅんバレンタインドライブ

リルフィ専用のイデアドライブです.

リルフィは専用EXが無いので3段目の絶界付与は結構重要ですね.

 

1つ目と2つ目の能力について

今まで収録されたイデアドライブとほぼ同じです.

リルフィ専用なので0コストでプレイするのに必要なカードがリルフィ名称のカードとゼクステンド・ドライブ!持ちのゼクス合計2枚になっていますね.

 

3つ目の能力について

どっかん粉砕ハンマー リルフィがスクエアにあればリルフィ名称のゼクスかゼクステンド・ドライブ!持ちのゼクス1枚にターン終了時まで絶界を付与します.

リルフィは専用EXが無いのでこちらのターンに使用出来る起動能力持ちのゼクスやイベントを構えるタイプのデッキ相手の時に非常に重宝しそうです.

そのため,リソースに余裕があるタイミングで積極的に空打ちしておきたいです.

ただし,能力起動に手札を1枚捨てるので手札の維持には注意です.

 

7. ぷかぷかアクアリゾート リルフィ

リルフィ1種類目のオーバーシフトです.

剣臨条件は自分のリソースが5枚以上なので他のオーバーシフトと同じです.

ですが,剣臨器はリルフィ名称のゼクスなのでコスト制限無くシフト出来ます.

5リソース時から毎ターン使いたいので4枚欲しくなりそうですね.

 

能力について

シフト時に(1)か(2)の能力を解決します.

 

(1)自分の手札にあるゼクステンド・ドライブ!を1枚トラッシュに置き,自分のトラッシュからゼクスを1枚手札に戻します.

条件付きの手札とトラッシュの入れ替え効果です.

トラッシュから何でも回収出来るのでうきうきお昼休み リルフィのようなキーカードを比較的簡単に回収出来るのはかなり助かりそうです.

 

(2)自分のトラッシュにあるゼクステンド・ドライブ!を1枚手札に戻します.

回収対象は狭いですが,シフトするだけで手札を増やせるのは良いですね.

リルフィはコストで手札を消費するカードが多いですからね.

 

8. おわりに

どっかん粉砕ハンマー リルフィがリルフィデッキの展開の要になるようですね.

シフトやイデアドライブで不足しがちな手札や専用EXで付与出来ない絶界を付与出来るのでバランス良く立ち回れそうです.

ぷかぷかアクアリゾート リルフィは4枚欲しいですし,手持ちの40弾のゼクステンド・ドライブ!が少ないならざっくり両断ブレード リルフィも4枚欲しくなりそうです.

なので,リルフィデッキを使うなら2セット購入した方が良さそうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント