ゼクス「神々の夜明け」新カード紹介「罪過の獅子姫 フィーユ」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年11月17日にZ/X EXパック36弾「神々の夜明け (エリュシオン・ウェイカー)」が発売されます.

今弾は「ディンギルが支配するifの世界」をテーマにしたパックです.

そのため,ディンギルとウェイカーの新カードや再録カードが多く収録されます.

今回はフィーユ関連の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 罪過の獅子姫 フィーユ

低コストで登場出来る5コストのフィーユです.

緑ディンギルデッキの手札問題を一気に解決してしまうくらい優秀です.

 

相馬を失って耐えがたい気持ちになるのは想像できますし,共感も出来ます.

ですが,ディンギル側について人竜側に報復するのは違うような気がします.

 

1つ目の能力について

緑2&手札1枚トラッシュ置きでリソースからリブートで相手PS以外に登場します.

2つ目の能力でリソースを使いたいので低コストで登場出来るのは非常に助かります.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにある時,自分のリソースにあるディンギルLvを持つゼクスをコストを支払ってプレイ出来ます.

プレイ対象は限定されますが,リソースを手札として使えるのは非常に優秀です.

憐憫の離離孤神 ユーリと組み合わせると物凄く動けそうです.

ディンギルデッキ用に調整された碧天の鉄爪 禊萩と言えそうですね.

 

スポンサーリンク

3. アイとユウジョウのサイハテ

新しいディンギルLvを上げる緑の1コストのイベントです.

手札を減らさずにリソ入れ替えしながらディンギルLvを上げるので優秀なイベントです.

 

相馬が亡くなったのは破神戦だと思っていました.

ですが,ルクスリアも既にいないのでもしかしたらフィーユと別れてから破神戦が始まる前に亡くなっていたかもしれません.

 

1つ目の能力について

ディンギルを表にしつつ,デッキからリソブ&リソからゼクスを1枚回収をします.

1コストのイベントが手札を減らさずにディンギルLvを上げるのは優れています.

リソースが増える後半ほど選択肢が増えるのも良いですね.

 

2つ目の能力について

ディンギルLv4ならNSの相手の5コスト以下のゼクスを1枚までリソースに置きます.

1コストで5コスト相当まで処理出来るのは良いですね.

ただし,相手にリソースを与えるので乱用は禁物です.

使用後にリソースにある緑を1枚リブートするので他の妨害手段を使用することも出来ます.

 

スポンサーリンク

4. 邪頭領 ガイルタスク

ディンギルを表向きに出来る4コストのガイルタスクです.

手札を増やせて攻撃時に一時的にリブートでリソブ出来るので使いやすそうです.

 

1つ目の能力について

登場時にディンギルを表にしつつ,デッキ上3枚からゼクスを1枚手札に加えるのは便利です.

種族指定など一切ないのでキーカードを探しやすいですから.

 

2つ目の能力について

攻撃時にデッキ上からリブートでリソブして,ターン終了時にそのカードを捨てます.

一時的とはいえ行動回数を増やしやすいので有用なリソブです.

リソブ出来るので早期にディンギルを作りやすくなるのも良いですね.

リソブしたカードを別の領域に移動すれば捨てるデメリットを回避出来ます.

なので,捨てるカードを手札に加えたり登場させられるとアドを稼げます.

 

5. 夜啼鳥人 ウェアルスキニア

2つのリソブ能力を備えたディンギルLv持ちの3コストIGアイコンのゼクスです.

緑ディンギルデッキの初動を早く出来るので有用そうです.

リトルガーディアンが邪魔ってことは千歳と龍膽は健在のようですね.

このルートは悲しい出来事ばかりなので久しぶりにホッとしました.

 

1つ目の能力について

このカードが破壊された時にトラッシュから1枚までリソースにスリープで置きます.

リソースに置きたいカードを置きやすくなるので良さそうなリソブです.

ディンギルLv1なので序盤から使いやすいのも◎.

 

2つ目の能力について

起動能力で一時的にデッキ上から2枚スリープでリソブ出来ます.

早期にディンギルを作ったり,リソース回収候補を増やせるのは良さそうです.

リソブしたカードを回収したり登場させられるとアドを稼ぎやすいです.

憐憫の離離孤神 ユーリを作る時にコストとして使うと早期に動けそうです.

 

6. おわりに

罪過の獅子姫 フィーユ憐憫の離離孤神 ユーリと相性抜群です.

夜啼鳥人 ウェアルスキニアでリソースを伸ばしやすいので想定している以上に早く動き始めることが出来そうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント