ゼクス45弾新カード紹介「鳳雛§結望 黒崎春日」他5枚

Z/X新カード紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています.

スポンサーリンク

1. はじめに

2023年7月23日にZ/X 45弾「螺旋輪転編 降魔<プロフェシーリンク>」が発売されます.

今弾は44弾で収録されなかった各パートナーのリンクとリンクゼクスが目玉のパックです.

他には新たなパニッシャー&汎用約束,新カテゴリのSSD(サメサメ団)の追加も魅力です.

今回はネイ緑のパニッシャー緑の汎用約束緑のシフトの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 鳳雛§結望 黒崎春日

春日の専用リンクです.

春日はさくらと八千代のことを双子先輩って呼んでいるんですね.

初めて聞く呼称なので新鮮です.

そういえば旧時間軸だとこの3人はあまり接点がありませんでしたっけ.

 

鳳雛§結望 黒崎春日固有能力について

このリンクと同じスクエアに自分のゼクスが登場するとデッキ上2枚をトラッシュに置けます.

黒系デッキはトラッシュが命なので結構大事な効果です.

相手ターンにも誘発するので運が良ければトラッシュを増やせますね.

上手くすればESで迎撃したり手札やリソースを稼ぐことも出来そうです

有用な効果なのですが,他のリンクに比べると少々物足りなさを感じなくも無いです.

 

スポンサーリンク

3. 鳳雛§結魂 ネイ

鳳雛§結望 黒崎春日の対応リンクゼクスです.

スリープ登場ですが,スクエアを埋めやすくなるのは良さそうです.

 

鳳雛§結魂 ネイ固有能力について

登場時にトラッシュからコスト3以下かつノスフェラトゥを1枚までスリープで相手PS以外に登場させます.

スリープ登場は微妙ですが,面を埋めやすくなるのは良さそうです.

アルターブラッド ネイを登場させればさらに面を埋められます.

トラッシュで3コストになる星空への願い ネイみたいなゼクスとも相性が良いです.

ノスフェラトゥならネイ以外を登場させられるのも色々応用が利きそうです.

 

4. てきとー風紀委員 ネイ

4コスト以下のネイ登場効果を持ちつつ5コスト以下バウンスを構えれるのは便利そうです.

 

1つ目の能力について

登場時に手札からネイ名称かつ4コスト以下のゼクスをリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

ネイデッキなら盤面を埋める手段として良さそうです.

ですが,登場させたいネイは手札に必要なので手札の維持に気を付けたいです.

 

2つ目の能力について

起動能力でNSにある相手の5コスト以下を1枚手札に戻します.

相手ターンにも使えるので悪く無い除去だと思います.

不満があるとすれば,このカードを一撃で破壊しにくるゼクスに無力なところでしょうか.

6コストまで対象なら印象は変わると思うのですが….

 

コストで自分のトラッシュを2枚デッキ下に戻すのは良いですね.

ネイはデッキをガンガン削るのでリロードを回避しやすくなりますから.

幽水の魔術姫 ネイをデッキ下に戻すことで確実に彼方向かう想いの約束 春日で登場させられるのは良さそうです.

 

5. 緑の褒賞“驚” バーベナ

緑5コストのパニッシャーです.

かなり久しぶりにバーベナが収録されました.

最後に収録されたのは2019年8月29日発売のEXパック第17弾「サマーステージ!!」収録の彼女の休息バーベナでしたから.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ上3枚からゼクスを1枚手札に加えるので欲しいゼクスを探しやすいです.

残りのカードはデッキ下に置くので次以降のドローで引ける可能性も上がりますし.

 

2つ目の能力について

起動能力でNSにある相手の5コスト以下を1枚リソに送ります.

基本的に相手にリソースを与える除去は使いにくいです.

ですが,先にアークゼクスを登場させたり専用約束を使いたい場合に使えるかもしれません.

相手のリソースが自分よりも多ければこちらも1リソブします.

なので,後攻時や相手がリソブする相手だと多少は使いやすくなります.

 

6. 世界を絆ぐ約束 バーベナ

新しい緑3コストの汎用約束です.

世界を超えた約束 由仁に近い感じですが,細かい部分で色々異なります.

 

1つ目の能力について

自分のリソース枚数以下のコストの緑のパニッシャーを1枚まで相手PS以外に登場させます.

世界を超えた約束 由仁とほぼ同じ効果なので使いやすさは折り紙付きです.

しかも,こちらは手札を捨てる必要がない点で優れています.

3コストですが,1ターン目や2ターン目に使用する分にはこちらの方が良さそうです.

序盤はあまり細かく動きませんし,手札消費を抑えられた方が楽ですから.

 

2つ目の能力について

手札を1枚捨てたらNSにある相手の7コスト以下のゼクスを1枚リソ送りにします.

7コストまで処理出来るので盤面を空けたい時には助かりそうです.

使用するかどうかは任意なのも良いですね.

 

7. 【奸雄招来】和修吉

剣臨条件で緑2,剣臨器に緑のパワー11000以上を要求する緑専用シフトです.

リソブしつつリソから緑のゼクスを回収出来るのは良さそうです.

和修吉がカード化されるのは随分久しぶりですね.

最後にカード化されたのは22弾のゼクスレアの蛇神鱗君 和修吉でしたから.

22弾はまだゼクスレアがあったというのもかなり懐かしいです.

メインデッキに入る和修吉が欲しいですが,果たしてカード化されるのでしょうか?

 

1つ目の能力について

パワー15000以上のゼクスにシフトするとリソースを2枚リブートします.

つまり,シフト時に支払った緑2を無かったことに出来ます.

緑2はなかなか重いので極力パワー15000以上のゼクスにシフトしたいです.

ですが,最近の緑のゼクスはあまりパワーが上がらない印象です.

なので,パワー15000以上の条件を満たすのは割と難しそうな気がします.

 

2つ目の能力について

このカードが攻撃破壊したい時,デッキから2リソブ&リソから緑のゼクスを1枚回収します.

1リソブしつつ,緑のゼクスを回収するので動きやすくなります.

効果自体は良いのですが,攻撃破壊が条件なのはちょっと怖いです.

相手の妨害で攻撃破壊出来ないとシフトした意味を失ってしまいますから.

その反面,ゼクスをリブートする効果と組み合わせれば1ターンに複数回使えるのは良いですね.

 

8. おわりに

ネイはトラッシュを増やしやすく面を埋めやすくなりそうです.

今回紹介した緑のカードはいずれも便利だと思います.

ですが,どれくらい使われるか現状だと判断しにくい感じです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント