ゼクス27弾新カード紹介「閻釜の解放アビッソ」他6枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年1月31日にゼクス27弾「未来の叙事詩」(エースクロニクル)が発売されます.

 

今回は27弾収録のディアボロス,プラセクト,キラーマシーンの新カードを紹介していきます.

いよいよ発売日が迫って参りましたので,新カード紹介は今回で最終回です.

 

スポンサーリンク

2. 閻釜の解放アビッソ

 

「人間のプリミティブな衝動に準じて捲られる最凶最悪の破壊屋」

長きに渡り多くのプレイヤーに愛され,同時に畏怖されたアビッソです.

数度の再録を経て再び新カードとして帰って参りました.

「待ちに待ったときが来たんや!(中略) ゼクスよ!ウチは帰ってきたんや!」

(CVは○これの関西弁な軽空母の人がいいかな~.)

 

効果自分のゼクスを破壊しトラッシュから4コスト以下のゼクスを1枚手札に戻す能力です.

以前のアビッソと違い今回は回収効果ですね.

自分のゼクスを破壊する以外の条件は無いので使いやすいです.

スクエアを空けながらゼクスを回収出来るので,手札を枯らさずに連パン出来ます.

 

速攻系デッキと相性がいいですし,4コスト以下にキーカードがあるデッキにも良さそうです.

ディンギルデッキは手札が枯れやすいですし,盤面を空けたいことが多々あると思います.

ですので,支配する金狼ヤシギ辺りと組み合わせるとなかなかアドを稼いでくれそうです.

 

スポンサーリンク

3. 邪眼の魔人オルクス

 

効果チャージ4枚消費でNSのゼクス全てを破壊し,破壊したゼクス2枚につきトラッシュにあるカードを1枚選びチャージに置く能力です.

全てのゼクス対象なのでIGOBなどの絶界持ちも破壊出来ますね.

自分のゼクスも破壊してしまうので効果を使うタイミングには注意ですね.

 

盤面を制圧されている状態ならばこれ1枚で解決出来るところが強みです.

しかも,チャージさえあれば相手ターンにも効果が使えます.

オルクスがいるときは攻撃順に最大限の注意をする必要があります.

 

スポンサーリンク

4. 龍眼の支配者ロンガンカギバ

 

一つ目の効果自分のコスト6以上のプラセクトに疑似絶界を付与する能力です.

絶界と違い自分の能力では選択出来るのでパワーパンプなどは有効に使えます.

 

二つ目の効果自分のプラセクト1枚につきNSのゼクスを1枚までリソ送りにする能力です.

自分も相手も対象にとれるので除去にもリソースブーストにも使えます.

 

このカードは紅姫プラセクトデッキで使われそうですね.

私はデッキを組んでないので詳しくないのですが,
このカードで盤面を空けられるのでワンショットが以前より狙いやすくなるはずです.

 

5. 惑いを誘う揚羽スワロウテイル

 

白緑リソースリンクの片割れだったスワロウテイルが収録されました.

効果登場時スクエアにある自分のプラセクト1枚につきデッキトップをリソに置く能力です.

 

ヴェスパローゼだとこのカードを登場させる能力が無いと思いますので,
やはりこのカードも紅姫プラセクトデッキで採用されそうなカードです.

リソースブーストしてロンガンカギバの条件を早期に達成せよということでしょうか.

 

6. イレギュラーX エクスクルーシ

 

「可能性の獣(戦士),再び」

 

一つ目の効果手札にあるときトラッシュのES1枚につきコストが1下がる能力です.

序盤でESが何枚も捲れれば,どんどんコストを下げられます.

最終的に1コストで10500が出てきますし,二つ目の効果もESと噛み合っていて強いです.

 

二つ目の効果登場時デッキトップ3枚を捨て,その中にあるES1枚につきNSの相手ゼクスを手札に戻す能力です.

ESデッキなのでデッキをトラッシュに送る効果は有難いですし,追加でバウンスもついているのでかなり強いです.

 

このカードのおかげでESデッキはかなり強化されたと思います.

デッキをトラッシュに置く効果が多いので,このカードを回収する手段を組み込みたいですね.

 

7. 暴龍機械ドラコニアス

 

一つ目の効果自身スリープでデッキトップ5枚から4コスト以下のゼクスを2枚までNSに登場させ,ターン終了時に登場したゼクスを破壊する能力です.

 

出せるゼクスはデッキトップ次第なので,このカード以外は4コスト以下多めの方がいいですね.

4コスト以下で展開させられるゼクスをデッキから登場させ,この効果で出したゼクスはディンギルする,といった使い方になるのでしょうか.

 

二つ目の効果手札を1枚捨てて,このカードを手札に戻す能力です.

破壊されそうなら回収し,8コスト支払って小型を展開し続けるという戦い方のようです.

 

登場させるゼクスのコスト的にディンギルデッキなどで使うのが良さそうですが,
このカードのコストが重いので,デッキのスピードに噛み合っていない気がします.

ディンギルで使うとしたら緑メインでリソースブーストすればよいでしょうか.

 

8. 覇聖斬機ブレーダー

 

16弾以来で初めて収録されたブレーダーです.

といっても元のカードはあんまり使われなかったので,記憶に無い方が大半かもしれませんね.

 

効果自分のゼクスを破壊し,NSにある相手の4コスト以下のゼクスを1枚手札に戻す能力です.

以前のアビッソっぽい能力ですね.

現状,アビッソが採用されることが少ないので,このカードも採用されにくそうです.

 

対象が4コスト以下のゼクスであれば自分のゼクスを手札に戻せたので使われたかもしれません.

でもそれだと強すぎるから対象が相手のゼクス限定なんだと思います.

 

9. おわりに

空白の時を経て,舞い降りるアビッソ.

久々の収録なので是非活躍して欲しいです.

 

紅姫プラセクトが暴れそうで結構怖いです.

 

ESが結構強化されたのでESニンジャくらい流行になるかな?

 

27弾は色々なデッキが台頭して面白くなりそうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント