ゼクス28弾新カード紹介「湯けむり名探偵ディザ」他2枚+α

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年4月25日にゼクス28弾「星界の来訪者」(アストラル・ストレンジャー)が発売されます.

 

今回はディアボロス関連の新カードを紹介していきます.

+αでカードゲーマーの付録である妄想の魔人ファンタズマも紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 湯けむり名探偵ディザ

ディザの収録はサマ・ドラ以来なので,ずいぶん久しぶりな感じがします.

何気にフレーバーで葬られかけている龍膽の身に何があったのか気になるところです.

効果はディザらしく,フォースに関連するものです.

 

一つ目の効果はこのカード以外のゼクスが破壊されると自分のトラッシュのカード1枚をこのカードのフォースにします.

ディアボロスは破壊(自壊も含む)が得意なので,フォースはどんどん貯められそうです.

このカード以外のゼクスが破壊されればいいので,相手がディンギルするだけで2枚貯まります

自分でディンギルを作って2枚以上相手のゼクスを破壊するだけで4枚フォースを付けられます.

二つ目の効果で4枚フォースを使うのですが,条件達成は難しくなさそうです.

 

二つ目の効果は起動効果でこのカードのフォースを4枚トラッシュに置くと発動します.

その効果は自分のトラッシュから7コスト以下のゼクスをリブートでNSに登場させます.

登場させる対象は7コスト以下であれば良いので様々な使用方法が考えられますね.

 

しかもこの効果,相手ターンにも発動出来ます

相手のゼクスを迎撃出来る効果持ちのゼクスを登場させたいですね.

ディアボロスだったら下記の3枚が良さそうだと思います.

夕暮れのぬくもりディザは相手ゼクス1枚破壊と6コスト以下のゼクス1枚をトラッシュから手札に回収します.

邪眼の魔人オルクスはノーマルスクエアのゼクスを全て破壊出来ます.

瞋恚の冥焔イラはディアボロスパンプと登場時にゼクスを1枚破壊出来ます.

どれも効果が異なるので状況によって使い分けられると戦いやすいですね.

ディアボロス以外も登場出来るので,他にも色々なゼクスを登場させるのも面白いです.

 

一つ目の効果で付けられるフォースはトラッシュにあるカードから任意で選べます.

となるとやっぱりこのカードはデッキに入れたくなりますね.

HAPPY VALENTINE!!をフォースに付けるだけでパワーが2000上がります.

4枚フォースに付けたら湯けむり名探偵ディザパワーは15500になります!!

湯けむり名探偵ディザのパワーが上がれば場持ちが良くなります.

唯一の欠点はHAPPY VALENTINE!!の入手が難しいことです.

元々はシークレットでしたし,再録もゼクストのシーツ購入特典だけですからね.

エヴォリューション・コネクトみたいに再録してくれると嬉しいのですけどね.

 

スポンサーリンク

3. 虚構の魔人フィクション

ディアボロスの3コストIGアイコン持ちゼクスです.

伝承の魔人トラディスの姉らしいです.

 

効果はこのカードが破壊されたとき自分の手札を1枚トラッシュに置き,ノーマルスクエアの相手の5コスト以下のゼクスを1枚選び破壊します.

シンプルですが,破壊対象が5コスト以下なので使いやすそうです.

このカードの真の利点は,手札をトラッシュに置きやすいことだと考えます.

なぜなら,黒はトラッシュからの登場やトラッシュの枚数を参照する効果が多いからです.

 

他にもチャージとトラッシュを置き換えるIGOBサポートカードを捨てやすいのも良い点です.

早期に捨てて置けると5リソース時に黒のウェイカーにもなりやすいですからね.

意外と手札を簡単に切れる黒のカードは少なかったので,採用される機会は多そうです.

 

4. 伝承の魔人トラディス

ディアボロスのIGアイコンを持たない2コストのゼクスです.

虚構の魔人フィクションの妹らしいです.

姉が3コストだから妹は2コストなのかもしれませんね.

 

一つ目の効果はこのカードが破壊されたとき,スクエアにある自分のフォースを持たないゼクスにトラッシュにある伝承の魔人トラディスをフォースとして1枚置きます.

つまり効果を使うためにはスクエアとトラッシュに1枚づつ伝承の魔人トラディスが必要です.

この効果でフォースを付ける場合は早くトラッシュを肥やしたいです.

なんだかんだで姉妹の間に軽いシナジーっぽいものが形成されていますね.

 

二つ目の効果はこのカードがフォースとしてついているゼクスに能力を与えます.

その能力はこのカードが攻撃したときNSの5コスト以下のゼクスを1枚選び破壊するものです.

攻撃するだけで5コスト以下を破壊出来るので,盤面を返しやすくなります.

 

注意したいのは,破壊効果が強制だということです.

つまり,相手の5コスト以下のゼクスがいない場合,自分のゼクスを選ばなければなりません.

盤面を埋めたい場合は注意が必要です.

自分のゼクスを破壊出来るので連パン用に効果を使うことも可能です.

 

湯けむり名探偵ディザと相性が良さそうですね.

フォースは自前の効果で付けられますし,破壊するとさらにフォースが貯まりますからね.

他にはアルターフォース持ちのゼクスやフォースを付けるイベントとも相性が良さそうです.

古いカードですが,個人的には殺戮の魔人コーメリスを推したいです.

殺戮の魔人コーメリスは自身のフォースが[ディアボロス]なら自分の[ディアボロス]全てに能力を付与出来ます.

その能力はディアボロスが攻撃したときNSの3コスト以下のゼクスを1枚破壊してよいものです.

ディアボロスのフォースが必要という点が既に噛み合っています.

盤面制圧しても良し,自分のゼクスを破壊して連パンしても良しと応用が利きやすいです.

 

アルターフォースは初出が古いため(9弾から)か,最近ではほとんど収録されない効果ですね.

たまに収録されますが,結構珍しい効果になってしまっている気がします.

(それでもゼロオプティマよりは目にする機会は多い気がしますけどね.)

 

 

5. 妄想の魔人ファンタズマ(カードゲーマーvol.45付録)

カードゲーマーvol.45の付録として1冊に1枚付いてくるプロモーションカードです.

この手の付録はほとんど出回りませんし,流れても値段が高くなる傾向にあります.

欲しい方はカードゲーマーがあるうちに入手することを強くお勧めします.

 

一つ目の効果は自分のターン終了時に手札を1枚捨てて,このカードをリブートします.

この効果により,二つ目の効果を自ターンと相手ターンの両方で発動することが可能です.

トラッシュに登場させたいゼクスがいないときでもこれで用意出来るので良い感じです.

 

二つ目の効果はこのカードをスリープすることで,自分のトラッシュにある7コスト以下のゼクスをリブートでノーマルスクエアに登場させます.ただし,そのゼクスは自動&起動能力が使えません.ターン終了時にこの効果で登場したゼクスはトラッシュに置かれます.

最初にこの効果を見たときは,ただのスクエア封じ&ディンギルの素体確保だと思っていました.

しかし,よくよく読み返してみると常在能力は発動するんですよね.

登場させる対象として私がパッと思いつくのは下記の3枚でしょうか.

どれも妨害性能はピカイチだと思います.

注意したいのは四凶星 終焉の魔獣エンデはターン終了時に1点ライフを失います.

妄想の魔人ファンタズマの効果でスクエアから先にいなくなっても1点は失うはずです.

ターン終了時に四凶星 終焉の魔獣エンデがスクエアに存在する時点で効果は発動していますから.

探せばもっと面白いカードもあると思うので,是非妄想の魔人ファンタズマを使ってみて下さい.

 

6. おわりに

湯けむり名探偵ディザは登場させられるゼクスの対象が広いのでなかなか遊べそうなカードです.

虚構の魔人フィクション伝承の魔人トラディスも色々なデッキで使えそうな感じです.

妄想の魔人ファンタズマは登場させるゼクス次第で様々な可能性を秘めたカードだと思います.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント