ゼクス28弾新カード紹介「待望の釣果 太公望」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年4月25日にゼクス28弾「星界の来訪者」(アストラル・ストレンジャー)が発売されます.

 

今回はブレイバー関連の新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. 待望の釣果 太公望

一つ目の効果はこのカードのフォースにあるカードをコストを支払ってプレイ出来ます.

なかなか珍しい効果ですね.

フォースを手札のように扱えると思えば良いです.

 

二つ目の効果はこのカードが登場したとき,デッキトップをこのカードのフォースにします.

デッキトップを操作しておけば,任意のカードをフォースにすることも可能です.

 

今は使い方が浮かびませんが,面白そうなカードなので上手く使ってみたいところです.

 

スポンサーリンク

3. 覇道の哀歌アレキサンダー

黒崎神門専用の5止め対策アレキサンダーです.

アレキサンダーデッキはIGOB出来ないと厳しい場面が多いと感じます.

したがって,5止めが流行る環境であれば積極的に採用したいですね.

 

スポンサーリンク

4. 温和な光の神バルドル・フリングホルニ

この背景,このキャラの感じ,どこかで見覚えがあると思いました.

実はこれらのカードと出自が同じだったのです.

神々の悪戯というPSPおよびPSvitaのゲームのキャラクターらしいです.(今回初めて知りました.)

開発元が日本一ソフトウェアで発売元がブロッコリーです.

 

一つ目の効果はこのカードが登場したとき,ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスに2000ダメージを与えます.

2000ダメージだと効果持ちのヴォイドブリンガーも割れません.

(たいていの場合,パワー3000は有りますからね.)

したがって,他のカードと組み合わせて運用することになると思います.

 

二つ目の効果はこのカードが手札にあるとき,温和な光の神バルドル・フリングホルニ以外のスクエアにある自分の6コストのリブートのゼクスと入れ替えます.

入れ替えられるのは6コストのゼクスだけなので注意したいですね.

6コストのブレイバーだと下記の2体が相性が良さそうです.

魔槍蹴撃クー・フーリンで登場させたゼクスはターン終了時に手札に戻ってしまいます.

そこで,魔槍蹴撃クー・フーリンで登場させた6コストのブレイバーと温和な光の神バルドル・フリングホルニを置き換えることで盤面に残すことが出来ます.

 

展開するとしたらこんな感じですかね.

(1)魔槍蹴撃クー・フーリンA天下の猿将 豊臣秀吉を登場させる.

(2)水辺の癒しナイチンゲールを登場させる.

(3)天下の猿将 豊臣秀吉水辺の癒しナイチンゲールを手札に戻し,魔槍蹴撃クー・フーリンBを登場させる.

(4)魔槍蹴撃クー・フーリンB女神の休息アルテミスを登場させる.(レンジ2を付与)

(5)天下の猿将 豊臣秀吉女神の休息アルテミス温和な光の神バルドル・フリングホルニを置き換える.

 

すると盤面には

・魔槍蹴撃クー・フーリン×2

温和な光の神バルドル・フリングホルニ×2

が残ります.

水辺の癒しナイチンゲールを手札に戻す前に攻撃していれば,5回攻撃出来ますね.

手札枚数と手札の質が要求されるので,上手く手札を揃えておきたいです.

 

最近のブレイバーはアレキサンダーか女神デッキが主流です.

たまには,こういった別のカードを使ってみるのも面白そうです.

 

5. 狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテイン

こちらのキャラクターも神々の悪戯から参戦です.

6コストのディンギルブレイバーです.

と言いつつも,降臨条件は赤のゼクス2枚なので赤系のデッキなら広く採用出来ますね.

 

効果はこのカードが登場したとき,自分のチャージ1枚をトラッシュに置き,自分の手札にあるカードを1枚除外し,カードを2枚引きます.

チャージ1枚消費で除外と手札を1枚ずつ増やせるので,使いたい場面は多そうです.

赤のデッキは除外を参照するものが多いですし,手札を維持しやすいので非常に便利です.

2ドロー出来るのでIGOBイベントなどを引きに行けるのも嬉しいところです.

 

6. おわりに

今回紹介した中だと狡猾な炎の神ロキ・レーヴァテインが便利なので使う機会が多そうです.

連続で収録されているので今後も神々の悪戯からキャラクターが参戦しそうな感じがしますね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント