ゼクス28弾新カード紹介「闘争を求めるリンクス」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年4月25日にゼクス28弾「星界の来訪者」(アストラル・ストレンジャー)が発売されます.

 

今回はケット・シー関連の新カードを紹介していきます.

さらに,28弾発売と同時に行われるキャンペーンでもらえるPRカードも紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 闘争を求めるリンクス

闘争を求めるリンクスが言う「神に与し十二使徒」って誰なんでしょう?

ウリエルが変調をきたしているようなので,配下の誰かだと予想出来ますけど.

公式サイトのストーリーが長いこと更新されていないので,そろそろ更新して欲しいです.

 

(個人的にはリンクスよりレイヴン派です.)

(何の話かというとアーマードコアの話ですね.)

(ちなみに,よく遊んだ作品は「3」「ネクサス」「ラストレイヴン」です.)

(さらに脱線しますが,アーマードボアならシンフォニア(TOS)を思い出します.)

 

効果はこのカードが手札にあるとき白1コストを支払うことで,このカードをノーマルスクエアにリブートで登場させます.

起動効果を使う条件は下記の2つです.

・スクエアに相手の7コスト以上のゼクスが2枚以上ある.

・自分のリソースに白のカードしかない.(無色がある場合はダメ)

 

デザインとしては劣勢時に強いカードですね.

1コストで7コスト10500を登場させられるので,押されている状況でも覆しやすくなります.

相手のIGOBと7コストゼクスで起動条件は達成出来るので,使用できる場面は多そうです.

私としてはこういう負けているときに強いカードは好きですね.

ゲームの趨勢が最後まで分からない状況は遊んでいて楽しいですから.

 

劣勢時に強いカードとしては逆転の混合石オーラライトコアラがあります.

こちらはウェイカーレベルを5要求されるので,なかなか採用出来るデッキが少なかったです.

闘争を求めるリンクスは白単であれば色々採用出来るのが嬉しいところです.

 

スポンサーリンク

3. 研究するリフコイ

ケット・シーの3コストのIGアイコンを持たないゼクスです.

 

効果はこのカードが[ケット・シー]の能力で登場したとき,自分のデッキトップ3枚を公開し,その中にあるゼクスを1枚選び手札に加え,残りのカードを好きな順番でデッキボトムに置きます.

先行のときは手札が苦しい場面も割とあるので,この効果は結構有難いです.

ケット・シーは登場させる効果が多いので,手札が増えやすくなりますね.

登場させる効果を持つケット・シーで主要なところだと下記の3体が挙がります.

特にメインクーン2種と相性がかなり良いと感じます.

メインクーンの当たりを増やすためにアイコン無し3コストをデッキに採用することが多いです.

今まではスタートカードを採用することが多かったです.

今後はさらに研究するリフコイもメインデッキに採用する猫の候補に挙がりますね.

 

スポンサーリンク

4. フォックス・サマー玉藻(ゼクスデビューキャンペーンPR)

こちらは28弾ではなく,2019年4月25日から行われるキャンペーンでもらえるPRカードです.

3000円購入ごとにもらえるので,28弾を一定数購入すれば自然ともらえますね.

 

一つ目の効果はこのカードが手札にあるとき,スクエアにある自分の[ミソス]を1枚につき,このカードのコストが3減ります(ただし,0以下にならない).

10コストと通常ではかなり重いので,それを補佐するための効果ですね.

(手札だけでなく,除外でもコストが下がってくれると,なお嬉しいのですけどね.)

スクエアに3体自分のミソスを用意することで最大1コストまで軽減出来ます.

 

4リソース時に登場させるとしたら下記のような感じですかね.

(1)スタートカード(-3) + IGでミソス登場(-3) → 4コストでプレイ可能.

(2)スタートカード(-3) + 滅陽蛇アポピス×2(-8) → 1コストでプレイ可能.

 

(2)の場合は滅陽蛇アポピスを1体目を2コスト,2体目を1コストでプレイ出来ます.

1コスト残るためフォックス・サマー玉藻を1コストでプレイ可能になります.

安定して4リソース時に登場させるのは,なかなか難しそうですね.

もちろん,リソースが伸びれば登場出来るミソスの枚数は増えます.

したがって,後半になればなるほど1コストで登場する機会が増えますね.

 

二つ目の効果はこのカードが登場したとき,自分のデッキトップを3枚公開し,その中にある[ミソス]を1枚選び手札に加え,残りのカードを除外します.

デッキトップ3枚から選べるので,手札の質を維持しつつ手札を増やせます.

残りのカードを除外するので,除外枚数を参照するカードと相性が良いです.

シンプルに27弾で収録された奔放なる妖狐 玉藻と合わせて使うのが良いですね.

 

5. おわりに

闘争を求めるリンクスは劣勢を覆す切り札として白単で採用出来ますね.

研究するリフコイはメインデッキに投入する3コストケット・シーの新たな候補です.

フォックス・サマー玉藻は低コストで手札と除外を増やせるのでミソスの要になりそうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント