ちび☆ドラ新カード紹介「IGOBにょ!デ・ジ・キャラット」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年6月27日にEXパック第16弾「ちび☆ドラ」が発売されます.

 

今回はデ・ジ・キャラット関連ドラゴン関連の新カードを紹介していきます.

 

2. IGOBにょ!デ・ジ・キャラット

プレイヤー指定の無い汎用IGOBとしてでじこが収録されました.

まさかのでじこIGOB化でビックリしました.

 

24弾でデ・ジ・キャラット関連のカードが新旧含めて3枚収録されてました.

これはもしかしたら,1年間隔くらいでデ・ジ・キャラット関連のカードが収録される…かも?

 

効果はチャージの[ライカンスロープ]を2枚トラッシュに置くことで発動します.

(1)ノーマルスクエアにある相手ゼクス1枚選び,リソースにスリープで置く.

(2)自分のデッキの上から5枚公開し,その中にある[ライカンスロープ]を2枚まで手札に加える.

(3)ターン終了時まで,このカードのパワーを+10000する.

 

(1)はチャージを与えないノーマルスクエアの除去として使えます.

ただし,リソース送りは強制な点は注意です.

 

(2)デッキの上から5枚見て手札に加えられるので,手札の量と質を確保出来る優秀な効果です.

この効果で引き込みたいカードは,やはりこのカードですね.

というのも(3)の効果で未来の大女優デ・ジ・キャラットの登場条件を満たせるからです.

 

(3)はIGOBにょ!デ・ジ・キャラットのパワーを+10000します.

なので,ノーコストで未来の大女優デ・ジ・キャラットを登場させられます.

 

能力発動に制限がないため,複数枚未来の大女優デ・ジ・キャラットを登場させられます.

パワー11000がノーコストで登場し,出るたびに3リソブはなかなかにエグそうです.

青を絡めてセルフバウンスと登場を繰り返し,超リソブするのも面白いかもしれないですね.

 

このIGOBは山札サーチからパワーパンプまで未来の大女優デ・ジ・キャラットに必要な要素が詰め込まれています.

まさに,未来の大女優デ・ジ・キャラットのためのIGOBと言っても過言ではないです.

 

3. デ・ジ・キャラット 大女優への誓いにょ

デ・ジ・キャラット専用のIGOBイベントです.

プレイヤー指定がないため,好きなプレイヤーで使用可能です.

素直に使うなら,フィーユを使える剣淵相馬(長知内ユーリでも可)ですね.

ライカンスロープでフィーユを使うならこの3枚は外せませんね.

どれもリソースや手札を増やせるので,デッキを潤滑に動かすための優秀なカードです.

 

ストライク・バック フィーユは一時期,2000円~3000円とかなり高かったです.

(そもそも,カードを店舗に置いてないことも多々ありました.)

それがゼクプレで再録されて随分値段が下がったため,入手しやすくなりました.

 

とはいえ,今後はまた需要が増えて高騰しそうな気もします.

前日に紹介した長知内ユーリセットでも,デ・ジ・キャラットでも使いますしね.

ライカンスロープを使いたい人は今のうちに揃えたほうが良さそうです.

(私ももう1セットくらい欲しいかな….)

 

4. 碧海の怒濤リダクトナム

リダクトナムの人型形態ですね.

元パートナーのアストヴェリアと異なり,リダクトナムはパートナー継続ですね.

アストヴェリアとリダクトナムで何故このような差が生まれてしまったのか….

「なんでこないなってもうたんやーーーー!」by アストヴェリア

 

ふと思ったのですが,五帝竜に下記のような人型形態があります.

巫女のパートナーである五神竜には人型形態はないのでしょうか?

あるならば,そろそろ見てみたい気がします.

 

一つ目の効果は自分のウェイカーが登場したとき,ノーマルスクエアにある相手の5コスト以上のゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.

相手の大型ゼクスを手札に戻すことで除去出来ます.

効果で戻すかどうかは任意なので,未来の大女優デ・ジ・キャラットのようなカードはあえてスクエアに残して,攻撃で破壊する選択肢も採れる点は優秀です.

 

自分のウェイカーが登場するたびに効果が発動します.

なので,二つ目の効果や滅天の名乗りラストゼオレムと一緒に運用すると◎.

 

二つ目の効果はこのカードがカードの能力で登場したとき,自分のデュナミスにある表向きの5コスト以下の[トゥルードラゴン]を1枚まで選び,ゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

このカードを天壌に栄えよ其が星界“護界祈装”エアの効果で登場させるのが良さそうです.

一つ目の効果も誘発するので,展開しつつ大型除去も出来る優秀な効果です.

 

現状だと登場させられる5コスト以下の[トゥルードラゴン]は下記の2枚です.

海真竜リダクトナムは相手の3コスト以下のゼクスをハンドバウンスと手札補充,

大天竜醒テオゴニアスはデッキトップ3枚から1枚選びリソースブーストが可能です.

どちらもアドを稼げるので,状況に応じて上手く使い分けたいところです.

 

5. 大天竜醒テオゴニアス

巫女デッキを支える屋台骨としてすっかりお馴染みのテオゴニアスがウェイカーとして収録です.

巫女共通で使用出来る5コストウェイカーの収録は嬉しいです.

海真竜リダクトナムが巫女共通のウェイカーだったらなぁ,と思うことが良くありますので.

 

効果はこのカードの登場時,自分のデッキトップ3枚を見て,その中にあるカード1枚を選びリソースにスリープで置きます.

3枚の中からリソースに置くカードを選べるため,リソースの質を上げられる優秀な効果です.

 

例えば下記のような,リソースにあるカードの枚数を参照するカードの補佐に使えます.

もしくはリソースリンクを揃えるのに使ったり,足りない色を引っ張るのに使用出来ます.

デッキを安定して回せるようになるので,大天竜醒テオゴニアスが使われることは多そうですね.

 

6. おわりに

私としてはでじこIGOB化がかなり衝撃的でしたね.

完全に不意打ちでしたからね.

未来の大女優デ・ジ・キャラットを補佐する良いIGOBだと思います.

ライカンスロープデッキの一つとして目にする機会が増えそうですね.

 

碧海の怒濤リダクトナムの収録でまた一段とエアが強化されましたね.

ぽんぽんスクエアに登場するし,除去もするのでかなりスクエア制圧力が増しましたね.

 

大天竜醒テオゴニアスは巫女デッキにはかなり有難いカードです.

エア,ユイ,クシュルあたりは5コスト時にそんなに苦労しないです.

しかし,メイラル,ニノ,バラハラは引き次第では5リソースが過ごしにくかったです.

大天竜醒テオゴニアスのおかげで安定して5リソース帯を過ごす選択肢が出来ました.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント