ゼクス30弾新カード紹介「【剣誓『女帝』】ほのめ」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年10月24日にゼクス30弾「運命の交わる刻(アルカナ・ディスティニー)」が発売されます.

今弾はゼクスにも使える新しいタイプのシフトの追加が目玉ですね.

 

今回は迦陵頻伽,墓城,ク・リトの新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. 【剣誓『女帝』】ほのめ

迦陵頻伽専用新シフトの1種類目です.

効果に派手さはないですが,堅実にアドバンテージを稼げます.

とても愛らしいほのめなので,私としては女帝よりも姫って感じがします.

(女帝というと,私は真っ先にZかZZ時代のハマーン様を思い浮かべてしまうので.)

 

効果について

このカードにシフトした時,自分の手札にあるカードを1枚選び,トラッシュか除外に置き,2枚カードを引きます.

 

トラッシュか除外を増やしつつ,手札も増やせるので,なかなか優秀な効果です.

問題は現状だと5コストで使いやすい迦陵頻伽が少ない点です.

(可能であれば早い段階でシフトしたいですからね.)

この点に関しては次に紹介するうわさのDJ迦陵頻伽が解決してくれそうです.

 

スポンサーリンク

3. うわさのDJ迦陵頻伽

手札にある迦陵頻伽のコストを下げる効果が強力です.

 

一つ目の効果について

ターン終了時にスクエアにあるこのカードを破壊した場合,1ドローします.

 

迦陵頻伽名称のチャージを増やしつつ,手札を補充出来ます.

二つ目の効果がトラッシュで機能するので,それをサポートするための効果に思えます.

 

効果で破壊してしまうと盤面が空いてしまうため,何かの効果で登場させたいところです.

赤で使いやすいところだと下記2枚ですかね.(2枚と言いつつ別名の同一カードですけどね.)

本来なら手札に戻るゼクスでチャージを稼ぎつつ,ドロー出来るので相性は良さそうですね.

 

二つ目の効果について

自分のリソースが5枚以上ある状態でトラッシュにあるこのカードを除外した場合,次に手札からプレイする迦陵頻伽名称のゼクスのコストを4減らします.

 

このカードをトラッシュから除外するだけで迦陵頻伽のコストを4減らしてプレイ出来るのは,なかなか強力に思えます.

5リソースから使えるようになるため,迦陵頻伽デッキの動きが大分変わりそうですね.

現状だとデュナミスから炎舞の符術 胡喜媚をプレイするしかない場合が多いですから.

 

この効果を使ってプレイしたい迦陵頻伽は現状だと下記4枚です.

左の2枚は除去の起動能力持ちなので,5リソース時に置かれるとなかなか対処に困りそうです.

トラッシュを肥やすために黒を混ぜて麗の妙声鳥 迦陵頻伽の効果を最速で使うのも面白そうです.

 

4. 墓城七姫 四の姫サリア

墓城名称の3コストIGアイコン持ちのウェイカーLvアッパーです.

トラッシュを肥やしつつ,自身がトラッシュから登場する効果もあるので使いやすそうです.

 

一つ目の効果について

自分のデュナミスのウェイカーを1枚表にして,自分のデッキトップをトラッシュに置きます.

 

自分のウェイカーを1枚表にすれば,デッキトップをトラッシュに置けるシンプルな効果です.

墓城だけでなく,トラッシュを参照するデッキなら採用されやすそうです.

 

二つ目の効果について

自分のトラッシュにカードが13枚以上あり,スクエアに自分の「墓城七姫 四の姫サリア」がいないなら黒1支払い,このカードをリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

 

トラッシュが13枚必要ですが,黒1で3コストのゼクスを登場させられるのは便利です.

攻撃はもちろんのこと,ディンギルに使用しても良いので用途は多岐にわたります.

 

特筆すべき点は,スクエアからいなくなれば再度この効果を使用出来る点です.

なので,このカードを用いた連続攻撃デッキが作られそうですね.

これからは相手のリソースが残り1コストでも攻撃される可能性を考慮しなければならないです.

 

5. 栄華を侵す王冠ノルデン

ク・リト待望の6コストディンギルが遂に収録されました.

でも,ドロー効果が便利なので試作型ブリMKII&汎用型ブリが外れることはなさそうです.

 

効果について

このカードの登場時,チャージ1枚消費で2つの効果が発生します.

(1)ターン終了時まで,このカードのパワーを+3000します.

(2)ターン終了時,「異形の落とし仔」を1枚スリープで指定スクエアに登場させます.

 

(1)は6コストでありながら,7コスト効果持ちゼクスを一撃で倒せるようになります.

その反面,相手ターンは5コストのゼクスに倒されてしまうパワーになってしまいます.

自ターンは1コスト分強く,相手ターンは1コスト分弱いと考えれば良いバランスですね.

 

(2)はターン終了時ですが,ク・リトデッキにとって非常に有難い効果です.

「異形の落とし仔」はク・リトデッキのキーなのでいくらでも活用出来ます.

出来ればメインフェイズ中に「異形の落とし仔」が登場して欲しかったです.

ですがおそらく,カード調整の結果,ターン終了時登場になったと推測します.

 

シフト以外で“夢境の顕臨姫“夜刀うららの効果で表に出来る初のク・リトです.

パンプも「異形の落とし仔」登場も使いやすいので,多めに積みたいところです.

(SRなのでシフトを揃えるよりはお財布に優しいのも◎.)

 

6. おわりに

どのカードも優秀なので,30弾発売以降はよく目にしそうなカードばかりですね.

今から構築を考えるのが楽しくなりそうです.

 

墓城七姫 四の姫サリアはSRの中では高くなりそうな気がします.

昔はバトルドレスのSRが高いイメージでしたが,最近は墓城が高い傾向にあります.

エンジョイ!ノスフェラトゥのおかげで墓城を使用するプレイヤーは多いですからね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント