スーパー!オール☆ゼクスターズ収録カード紹介「グラトニーウィッチ グラ」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年12月19日にZ/XのEXパック「スーパー!オール☆ゼクスターズ」が発売されます.

今弾は新カードだけでなく,多数の入手難なカードの再録が魅力です.

 

今回は新カード2種再録(リビルド&封神解除)3種を新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. グラトニーウィッチ グラ

グラの新カードがSRとして収録です.

不思議の国のグラが24弾収録だったので,実は久しぶりの新カード収録だったりします.

 

効果について

このカードのプレイ登場時,自分のトラッシュ15枚をランダムにデッキの下に置いた場合,スクエアにあるすべての相手の7コスト以下のゼクスを破壊します.

 

プレイ登場&トラッシュ15枚という条件はあるものの,とても強力な効果です

相手PSやオーバーブーストも巻き込んで全体リセットが使えます.

そのため,反撃の起点として使用出来ます.

 

トラッシュが15枚無くなってしまうため,連発は難しいです.

なので,このカードを使用したターンに一気に勝負を決めに行きたいところです.

順番はランダムですが,キーカードを山札に戻せる点は面白いですね.

山札から登場やサーチカードがあるデッキならば,その後の展開が楽になります.

 

スポンサーリンク

3. 不羈奔放の令嬢フィーユ

フィーユの新カードが4コストのRとして収録です.

リソースからの回収とトラッシュからキーカードをリソースに拾えるのは便利です.

4コストなので,猛攻大車輪フィーユの登場対象になるのも良い点です.

 

一つ目の効果について

このカードの登場時,リソースにあるフィーユ名称のカードを手札に戻せます.

 

特別な条件なしにリソースのフィーユ名称のカードを回収出来るのは有難いです.

リソースリンクや誓いを無理なく回収出来るため,格段に動きやすくなります.

今までは恋愛獣人ウェアレッドディアーでなんとかリソースから誓いを回収していました.

(リソースブーストの際に誓いをリソースに巻き込むことが多かったので.)

今後はフィーユ名称で同じ動きが出来るため,だいぶ楽に準備が出来そうです.

4リソース時に無理なく回収効果を使える点も上記カードより優れています.

 

二つ目の効果について

このカードの登場時,自分のリソースが10枚以上ならば,自分のトラッシュにあるゼクスを1枚選び,リソースにスリープで置きます.

 

イグニッションやライフから出たキーカードをリソースに置けるのは嬉しいですね.

フィーユデッキだと下記3種がリソースに戻す有力候補だと思います.

どれも重要なカードであるため,リソースに戻せるのは非常に大きいです.

唯一の欠点はゼクスしかリソースに置けないため,イベントは拾えない点だけ注意です.

 

4. 創星六華閃ガーンデーヴァ(リビルド)

左の画像がリビルド前で,右の画像がリビルド後です.

能力でゼクスを破壊した場合,リムーブからゼクスを登場させる効果が追加されました.

正直なところ,なかなかにヤバめな感じがする追加効果です.

 

効果について

起動能力でリムーブゾーンの枚数に応じたバーンを振り分けつつ,この能力でゼクスを破壊したとき,自分のリムーブゾーンにある3コスト以下のゼクスをスリープでノーマルスクエアに登場させます.

 

バーン効果は振り分けダメージなので,相手が多数展開していても一気に焼けます.

そのため,リムーブゾーンの枚数さえ稼げれば攻防ともに優れた効果です.

 

リビルドで追加されたゼクス登場効果は強力です.

相手のゼクスを1枚破壊すれば良いため,条件は容易に達成可能です.

私が登場させるゼクスとしてパッと思いつくのは下記3種です.

ディンギル軸であれば前2種,ウェイカー軸であれば扇動するトイガーです.

いずれも追加でゼクスを登場させられるため,盤面を制圧しやすいです.

ここから,除去系の効果持ちゼクスに繋げることでさらに妨害することも可能となります.

上記4種のようなカードで盤面除去からチャージ除外と色々な手段で妨害が可能となります.

そのため,相手にかかる圧力はかなりのものになるはずです.

 

この能力の恐ろしいところは相手ターンにもゼクスを登場させられることです.

バーンとスクエア埋めに追加で盤面除去やチャージ除去などを絡められるため堪らないです.

この能力によるゼクス登場は自分のターンだけで良かったような気がします.

 

5. 壮麗な苦無 牡丹(封神解除)

左の画像が封神解除前で,右の画像が封神解除後です.

条件に5体のゼクスが必要になったため,本来の意図に近い効果になりました.

 

効果について

スクエアに自分のゼクスが5枚以上あり,その中に赤青白黒緑のゼクスがいるならば,相手に1ダメージを与えます.壮麗な苦無 牡丹の能力をターン終了時までプレイ出来ません.

 

条件の見直しとターン1回の制限のおかげでだいぶ丸くなりました.

現環境ならば妥当な感じの制限解除になったと思います.

次のゼクストで販売されるCDのPRカードの追加で全色シフトが3種になりました.

そのため,上手くデッキ構築出来ればSHiFTメンバーでの使用も可能になりそうですね.

 

6. オリジナルXIII Type.I “A-Z”(封神解除)

左の画像が封神解除前で,右の画像が封神解除後です.

封神解除は嬉しいですが,残念ながら想定よりもだいぶ弱体化されて戻ってきました.

 

効果について

このカードの登場時,自分の手札にカードが9枚以上あり,このターンの間に相手がダメージを受けていない場合,相手に1ダメージを与えます.

 

手札条件が8枚から9枚に増えました.

この点に関しては手札を増やしやすくなったのが理由で封神されたので納得出来ます.

 

問題はこのターン中に相手がダメージを受けていない場合しかダメージを与えられない点です.

直接プレイヤーにダメージを与える他のカードと異なり,最後の1点に使えないのは苦しいです.

他の同系統のカードと同じようにターン1回制限だけでは駄目だったのですかね.

でなければ,手札条件は8枚のままでも良かったような気もします.

賛否両論あると思いますが,私としてはこの封神解除は不満です.

 

7. おわりに

新カードはもちろんのことリビルドされたカードもかなり強力ですね.

この分だとパックイラストに描かれている他のキャラもかなり強化されそうです.

気になるキャラがいる場合は今からパーツを揃えておきたいものです.

パック発売後に一部の旧カードが高くなって揃えにくくなることも予想されますからね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント