スーパー!オール☆ゼクスターズ収録カード紹介「魅惑のリサイタル フレデリカ」他2枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年12月19日にZ/XのEXパック「スーパー!オール☆ゼクスターズ」が発売されます.

今弾は新カードだけでなく,多数の入手難なカードの再録が魅力です.

 

今回はフレデリカ,龍膽,バトルドレスの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 魅惑のリサイタル フレデリカ

デッキトップのゼクスを登場させる効果を持ったフレデリカです.

マーメイドデッキの6リソース時に風切る風歌ミリィ以外で強い動きが出来る期待のカードです.

今までのフレデリカとは異なり自身の登場時ではなく,イベントのように使用します.

 

効果について

自分のリソースにカードが6枚以上ある場合,青3を支払い手札にあるこのカードをトラッシュに置くと,自分のデッキトップのゼクスをリブートでノーマルスクエアに登場させます.

 

デッキトップがゼクスであれば無条件で登場させられる凄いカードです.

登場対象に種族指定もありませんし,ターン終了時にいなくなることもないため強力です.

ただし,デッキトップ次第なのでなるべく確定で強いゼクスを登場させたいです.

6リソースあれば良いので,緑と組み合わせるのも良さそうです.

 

手札をデッキトップに置くカードで私が思いつくのは下記3種です.

ソプラノ・ソング フレデリカは手札にある5コスト以上のゼクスをデッキトップに置けます.

2ドローも出来るため,補助をしながらその後の展開を楽に出来ます.

 

散策紀行シャリーノは除去か移動を使いつつ,手札のゼクスをデッキトップに置けます.

このカード自体が盤面に残り続けると延々と補助しつつ,強い動きが出来ます.

 

泡と消えない結末セリーヌは手札入れ替えをしてデッキトップを確定出来ます.

手札が弱いときはデッキボトムにカードを戻すことで次のカードで勝負することも出来ます.

相手のゼクスが3枚以上あると3コスト以下ハンドバウンスもあるため,劣勢時に重宝します.

 

デッキトップの順番を変更して,好きなカードをデッキトップに置くのも有効です.

デッキトップの順番を変更するカードで私が思いつくのは下記9種です.

ミラージュダガー ベラトリクスは登場時に自身スリープでデッキトップ3枚を確定出来ます.

攻撃やディンギルには使えませんが,無条件でデッキトップを操作出来るので使いやすいです.

このカードは私にとって非常に付き合いの長いカードなので,懐かしさがこみ上げてきます.

 

Type.XI vs アトラスは手札を入れ替えつつ,デッキトップ2枚を確定出来ます.

その2枚が気に入らない場合はシャッフルしてデッキトップを変えることも可能です.

 

スプラッシュ・シューター フレデリカは手札を増やしつつ,デッキトップ2枚を確定出来ます.

フレデリカデッキにすんなり入りますし,移動能力持ちなので有用なカードです.

 

錯覚変形エンニウムはディンギルを表にしつつ,デッキトップ2枚を確定出来ます.

2枚のカードをデッキボトムに置くことでデッキトップを変えることも可能です.

 

小悪魔プリンセスType.IVは登場時にデッキトップ5枚を好きな順番で入れ替えられます.

秘密の看板娘フレデリカなどで連鎖的に展開し易くなる点は魅力です.

しかし,リソースにドラゴンが3枚必要なので条件は厳しいです.

 

金字変形トライゴルドはESの効果でデッキトップ3枚を確定出来ます.

メインフェイズにデッキトップを落とせるならば採用も検討出来そうです.

 

オリジナルXIII Type.IV “Pr07Ve”は登場時にデッキトップ7枚を操作出来ます.

リソースに青7枚かTypeが5枚あれば効果を発動出来るためそこまで難しくはないです.

乙女整備士カノープスのデッキで採用するのも面白そうですね.

 

尊き『星海』ニンガルは登場時にデッキトップ3枚を確定出来ます.

青系のデッキであればすんなり採用し易いのが魅力です.

 

遊具合体ポロニウムはリソリン効果でデッキトップ3枚を確定出来ます.

IGが確定出来るためそちらを主目的に使用しつつ,補助に回すのも良さそうです.

 

スポンサーリンク

3. 仙境で瞑想する者 龍膽

リソースブーストとリソースをリブートする効果持ちの龍膽です.

(毎度のことながら龍膽って変換出来ません….)

レベル参照がないため,デッキの構築に縛られずに使いやすいです.

 

一つ目の効果について

このカードの登場時,自分のリソースが5枚以上ならば自分のデッキトップをリソースにスリープで置きます.

 

5→7リソースにスキップ出来るため,始動の遅い緑デッキには有難い効果ですね.

5リソース時に使用すれば,6コストディンギルも可能になります.

そのため,スタートカードもすぐに使えてデッキの始動スピードがかなり早くなりそうです.

 

二つ目の効果について

このカードの攻撃時,自分のリソースを1枚リブートし,ターン終了時までこのカードのパワーを+1000します.

 

リソースを1枚リブート出来るため,実質2コストでこのカードをプレイ出来るようなものです.

しかも,パンプ効果は無条件なので3コストバニラに対処しやすくなるのは強いですね.

 

二つ目の効果で1リソースリブートするのはかなりヤバそうな感じがします.

5リソース時にそのままリトルガーディアンを使用すれば6リソース使えますしね.

行動回数が大幅に増えそうなので,怖い感じがします.

 

4. エアリアルウォーク アルダナブ

プレイ登場時に条件を満たすとデッキからゼクスを無条件で登場させられます.

(プレイ登場なので良く使われる2種のアルダナブとは相性が良く無い点は残念です.)

登場効果自体は【機神剣臨】義誓剣G・ヴェイバトロンと同様のものです.

効果について

効果発動条件が複雑なので分けてみます.

・自分の手札に4枚以上カードが必要.

・自分のリソースにカードが5枚以上必要.

・このカード以外のスクエアにある自分のゼクスを1枚デッキボトムに置く.

上記の3条件を満たしたとき,自分のデッキの上からゼクスが公開されるまで公開し,最初に公開されたゼクスをリブートでノーマルスクエアに登場させます.

 

魅惑のリサイタル フレデリカと同様に強力な登場効果です.

こちらはゼクスが公開されるまで公開を続けるので不発はありません.

その代わりに効果発動条件が重くなっています.

相性の良さそうなカードは魅惑のリサイタル フレデリカの項目を参照して下さい.

 

5. おわりに

魅惑のリサイタル フレデリカはマーメイドデッキ期待の新カードです.

風切る風歌ミリィが使えない状況でも6リソースを戦いやすくなります.

 

仙境で瞑想する者 龍膽はアドバンテージを稼ぎやすい強力なIGアイコンです.

デッキの始動が早くなるため,かなり強いカードだと思います.

 

エアリアルウォーク アルダナブはP指定無しで大型ゼクスを登場させられます.

自由度が高いため,色々なデッキが考えられて面白そうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント