ゼクス31弾新カード紹介「【剣誓『力』】怜亜」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年1月23日にZ/X 31弾「神秘への道標(アルカナ・ホライゾン)」が発売されます.

今弾は30弾で未収録プレイヤー分のオーバーシフトやアプリレアが目玉です.

さらにE☆2Z/X Code reunionの追加カードも魅力です.

今回はローレンシウムメタルフォートレスの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【剣誓『力』】怜亜

怜亜専用オーバーシフトの1種類目です.

雷鳥が正義だったので怜亜はどうなるか気になっていましたが,力になりましたね.

このカードのフレーバーテキストもしっくりくる感じがします.

「正義」のための「力」,すなわち「雷鳥」のための「怜亜」って意味でもありますよね.

 

プロサッカー選手になる夢を交通事故で両足を失って諦めたカノープス.

そんなカノープスのために巨大ロボット研究を諦めてパワードスーツ研究を始めたアルタイル.

アルタイルが諦めた巨大ロボットの夢を自分の研究として進めたカノープス.

並行未来世界でも現代世界でも二人の絆は固く結ばれていますね.

「シャスター破壊作戦・弐式」以降音沙汰無しですが,そろそろアルタイル&カノープスに再登場して欲しいです.

 

一つ目の効果について

このカードのコストを2増やし,パワーを+3000します.

コスト10になったり,パワー13500を超えるような数値に出来ますね.

コスト指定の除去対象から外れやすくなりますし,一撃で倒されないため場持ちが良いです.

アルカナの「力」を表現する効果といったところでしょうか.

日天神器ローレンシウムに使えば11コスト,パワー15000になりますね.

 

二つ目の効果について

シフト時に1ドローして手札を1枚トラッシュに置きます.

純粋に手札交換は便利ですし,トラッシュに好きなカードを置ける点が魅力です.

というのもローレンシウムはトラッシュを参照するカードが多いからです.

青は比較的手札をトラッシュに置きにくいため,好きなカードを捨てられるのは有難いです.

 

スポンサーリンク

3. ジャスティス・ギフト ローレンシウム

自分のゼクスの移動もしくは相手の低コストゼクス除去が出来る便利なカードです.

 

効果について

起動能力で下記の効果から1つを選び解決します.

(1)バトル中でない自分のゼクスをゼクスのない指定スクエアに置きます.

(2)指定スクエアにあるすべての相手の3コスト以下のゼクスを手札に戻します.

 

(1)は攻防ともに活躍出来る移動能力です.

攻撃時は自分のゼクスを移動して連続攻撃がしやすくなります.

相手ターン時は相手の攻撃に応じてゼクスを移動させることで妨害出来ます.

相手ターンにゼクスを移動すると結構厄介な感じです.

移動能力持ちなのは,怜亜がXIフラッグス シェスパティエのプレイヤーだったり,アドミニストレータ アルタイルがマーメイドだったりするからでしょうか.

 

(2)は絶界にも有効な除去です.

低コスト限定とはいえ,絶界を並べられるとなかなか厳しいため有難い効果です.

そしてこういう効果を見るとこのリソースリンクを使いたくなります.

自ターンだけとはいえ7コストまで除去の範囲に入れられればなかなかエグイ感じがしますね.

相手ターン中もコストを下げたいならば泥中の紫爪シュナイデンを使います.

除去の範囲とコスト低下の範囲が被っているため,上手く守れればロマンがあります.

 

4. ε17猛追変形グラビトン

7種目のε17です.

条件を満たせばデュナミスも表に出来て,1ドローも可能,さらにレンジ2も付与されます.

メタルフォートレスデッキならば採用しない理由がないくらい優秀なIGアイコン持ちです.

 

一つ目の効果について

登場時にデュナミスのメタルフォートレスを表にしつつ,1ドロー出来るので非常に優秀です.

IGアイコン持ちなのにウェイカーだけでなくディンギルも表に出来る点が優れています.

効果発動条件の達成が専用構築でないと厳しいからこそ許されるのでしょうね.

これでメタルフォートレスデッキはディンギルLvとウェイカーLvどちらも参照するデッキが組めそうです.

特に下記3種が展開力に優れているため,是非メタルフォートレスデッキに採用したいです.

 

二つ目の効果について

このカードがメタルフォートレスの能力で登場するとレンジ2を得ます.

単純に手数が増えるため優秀な効果です.

泥神馬Honey-Baから無敵泥兵Honey-Heyを登場させて,そこから上記2種で登場させるのが一番良さそうな気がします.

おそらくですが,上記2種の効果によりIGでε17猛追変形グラビトンが登場してもレンジ2は付与されないと思います.

メタルフォートレスの効果でIGをしていますが,登場自体はIGによるものだからです.

多分この解釈であっていると思いますが,少々自信がないです.

 

5. 複腕変形ゲルマニウム

自身と引き換えにゼクスを登場させる効果と登場時のドローが出来ます.

ですが,私にはイマイチこのカードの有用性がわからないです.

 

一つ目の効果について

自身をスリープしてトラッシュに置くと手札から6コスト以下のゼクスを登場させます.

6コスト払って自身と引き換えに6コスト以下のゼクスを登場させるため旨味がなさそうです.

上記2種から登場させることで,6コストを軽く出せるのが利点ですかね.

 

二つ目の効果について

このカードの登場時にカードを2枚引きます.

手札が増えるためハンドアドバンテージを稼げます.

効果自体は良いと思うのですが,メタルフォートレスLv4は少々重すぎな気もします.

 

6. おわりに

今回紹介した中だとε17猛追変形グラビトンに凄く可能性を感じますね.

ローレンシウム or サイクロトロンデッキで活躍しやすいのはもちろんのこと,特に停留合体キング・Xデッキで真価を発揮しそうな気がします.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント