ゼクス「アズールレーン2」新カード紹介「アズールレーン」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年2月27日にZ/X EXパック20弾「アズールレーン2」が発売されます.

今弾は鉄血ユニオンのIGOBが増えるため,ようやく鉄血デッキやユニオンデッキが組めます.

重桜ロイヤルの追加カードも収録されるので,そちらのデッキも強化されます.

今回は青のステージレアユニオンの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. アズールレーン

ShiFTのステージレアと異なり,オーバーブーストがいなくても効果が発動します.

毎ターン発動する手札入れ替えとドローのおかげでハンドアドを稼ぎやすいです.

 

一つ目の効果について

このカードをデュナミスに表向きで置く効果です.

二つ目の効果を使用するための効果です.

二つ目の効果が強力かつ,時間経過で得られるアドバンテージが大きいです.

そのため,なるべく早い段階でこのカードをデュナミスに置きたいです.

 

二つ目の効果について

自分のターン終了時に下記2つの効果が発動します.

(1)カードを1枚引き,自分の手札を1枚選びトラッシュに置きます.

(2)このターン中に自分の[ロイヤル]か[ユニオン]が登場していた場合,1枚までドローします.

 

(1)は無条件で発動する手札入れ替え効果です.

手札の質を上げつつ,トラッシュも増やせます.

無条件なので,重桜や鉄血デッキでも使うことは可能です.

 

(2)はロイヤルかユニオンが登場していたならば1ドローしても良いです.

ロイヤルかユニオンデッキならば毎ターン発動するため,手札がモリモリ増えます.

こちらは任意ドローなので,上限を超えて引きたく無い場合はドローしなくてもOKです.

 

特筆すべきはこのカードの効果が重複することです.

つまり,アズールレーンがデュナミスにある枚数分効果を発動出来ます.

したがって,凄い速さで手札整えつつ,トラッシュもバンバン増やすことが可能です.

 

スポンサーリンク

3. マリースター エンタープライズ

ユニオン待望のオーバーブーストの収録です.

相手のゼクスを手札バウンスしつつ,手札から2面埋められるため,盤面を埋めやすいです.

 

一つ目の効果について

このカードにレンジ2を付与します.

オーバーブーストがレンジを持っていると攻防ともに進めやすくなります.

ただし,PS横に置く場合は相手PSを攻撃出来ない点だけは注意です.

 

二つ目の効果について

自分のチャージの[ユニオン]を2枚トラッシュに置くことで下記の効果が発動します.

(1)ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.

(2)自分の手札にある[ユニオン]を2枚まで選び指定スクエアにスリープで登場させます.

 

(1)はコスト制限無く使用出来る使いやすい手札バウンスです.

この効果のおかげで,スクエアを埋められていても(2)の効果が使えます.

1枚までなので,相手のゼクスを戻さないことも可能です.

 

(2)はコスト制限なく好きなユニオンを2枚スリープで登場させられます.

スリープで登場なので攻撃は出来ませんが,盤面を埋めることでマリースター エンタープライズを守りやすくなります.

ちなみに前弾収録の6コスト以上のユニオンは下記2種です.

エンタープライズはレンジ2と攻撃時にノーマルスクエアのすべての相手ゼクスに12000ダメージを与えつつ,相手のゼクスの効果を受けない非常に強力な効果を持っています.

しかし,残念ながらスリープで登場した場合はすぐに発動する効果がありません.

ですが,他のゼクスの処理に手間取り盤面に残った場合,次ターンから一気にスクエアをを制圧していけます.

 

サウスダコタは相手の効果を強制的に受ける効果と自分のゼクスが攻撃されるたびにパンプする盾のようなを持っています.

相対したとき強制的に効果を引き受ける効果は思っているよりも厄介なものです.

さらにパンプ効果は自身の体力と引き換えに最大3回パワー+3000を使えます.

この効果は対象を選ばないためオーバーブーストもパンプ出来ます.

そのため,マリースター エンタープライズを含めた他のゼクスを守りやすくなります.

 

スポンサーリンク

4. クリーブランド

IGアイコン持ちウェイカーアッパーでダメージアップ効果を持っています.

 

一つ目の効果について

このカードの登場時にデュナミスのウェイカーを1枚表向きに出来ます.

アズールレーンのカードはウェイカーLv参照が多いため,デッキに採用されやすいです.

 

二つ目の効果について

全ての自分のゼクスが相手のダメージを受けていないゼクスに与えるダメージを+2000します.

この効果は通常の攻撃にも適用されるため,初撃ならば自身をパワー6500として扱えます.

もちろんダメージを与える効果も+2000されるため,バーン効果との相性は抜群です.

上記4種のような全体バーン効果と組み合わせて使えると強力です.

 

スポンサーリンク

5. ラフィー改

ユニオン待望の5コストウェイカーの収録です.

手札補充に5コスト以下登場,さらには全体バーンと色々な効果が複合しています.

 

効果について

このカードがデュナミスから登場したとき,下記3種の効果が発動します.

(1)カードを2枚引き,自分の手札を1枚トラッシュに置きます.

(2)自分の手札にある5コスト以下の[ユニオン]を1枚まで選び,スリープでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

(3)ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスに3000ダメージを与えます.

 

(1)は使いやすいドロー効果です.

必要なカードや(2)で登場させたいカードを引き込みたいです.

 

(2)スリープですが,5コスト以下のユニオンを1枚登場させられます.

現状この効果登場させたいユニオンは下記4種です.

クリーブランドはダメージアップ効果があるため,(3)の効果で全体5000バーンが出来ます.

ハムマンはPSのゼクスをパンプする効果があるため,返しのターンでPSが残り易くなります.

サンディエゴは相手ターンに味方全体を1000パンプ出来るため,盤面が残り易いです.

インディアナポリスは5000ダメージ×2を飛ばせるため,パワー10000以下もしくはパワー5000以下2体の相手ゼクスを返り討ちに出来ます.

 

(3)は火力は3000と低いものの,ノーマルスクエア全体にバーンを飛ばせます.

絶界にも通るため,他のカードを組み合わせて盤面を返しやすくなります.

ラフィークリーブランドと合わせて運用したいです.

 

スポンサーリンク

6. ロング・アイランド改

青版の厳門の『苛烈』イガリマのようなディンギルです.

 

効果について

このカードの登場時にチャージを2枚トラッシュに置いた場合,自分の手札にある3コスト以下のゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

チャージ消費はやや重いものの,手札から3コスト以下のゼクスを展開出来ます.

そのため,手札でコストが下がるゼクスとの相性は抜群です.

 

特筆すべきは,降臨条件が青のゼクスのためユニオン以外のデッキでも活躍出来る点です.

そのため,IGアイコンを青で固めたデッキであれば採用が検討出来ます.

私が良く使用するリゲルデッキに1枚挿しても面白いかもしれません.

ソードリベレイター リゲルをこの効果で登場させられますしね.

 

スポンサーリンク

7. おわりに

アズールレーンの効果がオーバーブーストと関係無い点は少々驚きました.

早期にデュナミスに置けると非常にアドバンテージを稼げる強力な効果でした.

この感じだと重桜と鉄血のステージレアであるレッドアクシズも強力そうですね.

 

ユニオンはロイヤルと比較すると盤面を埋める能力に長けていますね.

ロイヤルとはまた違った動きが出来そうな感じです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント