ゼクス32弾新カード紹介「ファーストシャドウ アスル」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年4月23日にZ/X 32弾「異界探訪編 夢装<イデアライズ>」が発売されます.

今弾は新システムのイデアライズとイデアライズ対応のオーバーブーストが目玉です.

今回はバトルドレス/キラーマシーン,アルモタヘル,プレデターの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. ミラージュシャドウ ベラトリクス

ベラトリクスがバトルドレス/キラーマシーンの2種族を持つシャドウとして収録です.

32弾から追加されるキーワード能力,電影を引っ提げて登場です.

 

電影Xについて

このカードが手札にあるときに自分のターンに1回のみプレイ出来る起動能力です.

スクエアにある自分のXコスト以上のリブートのゼクスを1枚手札に戻します.

このカードをリブートでそのゼクスがあったゼクスのないスクエアに登場させます.

 

端的に換言すると,電影持ちのカードとスクエアのゼクスを入れ替える能力です.

カードの能力で登場すると誘発する能力と1セットで使用するための能力みたいです.

電影のプレイに種族や色は関係ないので,他種族のデッキでも使えそうです.

 

効果について

このカードがカードの能力で登場した時,カードを1枚引きます.

 

シンプルなドロー効果です.

電影4なので4リソース時に4コストプレイ即電影で手札を増やせるため使いやすそうです.

4コストを登場させやすいブランデッドソード アルダナブがいるためバトルドレスデッキとの相性は良さそうですね.

イレギュラーX 白翼閃空セラフィニア暴龍機械ドラコニアスも4コストを登場させられます.

電影で入れ替えればターン終了時に破壊されないので,キラーマシーンデッキとも相性◎.

 

スポンサーリンク

3. ファーストシャドウ アスル

シャドウシリーズの第一号のようです.

使いやすいゼクス登場能力持ちなので,今後活躍しそうですね.

 

どうやらディンギルにネオ・シャスターが汚染されている模様です.

この辺のストーリーも新弾発売後に公式サイトで追加して欲しいです.

 

効果について

このカードが能力によって登場したとき,自分のリソースが5枚以上の場合,自分の手札にある3コスト以下の[バトルドレス]か[キラーマシーン]を1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

 

このカードと3コストのゼクスを登場させられるため,5リソース時にライフを取りやすいです.

しかも,登場させたゼクスが場に残り続けるため,攻勢を維持しやすいです.

 

バトルドレスデッキで使うならば下記3種と併用するのが良さそうです.

リバレイテッドサマー イオならば,さらに1枚3コストのバトルドレスを登場させられます.

ターン終了時の誘発効果でファーストシャドウ アスルを戻して再使用出来るのも利点です.

 

オジャイルスコルピオン シャオルも同様の動きが出来ます.

こちらは全面残るため,3面囲んだ状態で相手にプレッシャーをかけ続けれます.

 

ハーモナイズソード アルダナブの場合はスリープですが,3面囲めます.

ファーストシャドウ アスルで登場させるための3コストゼクスを手札に加えるのも有りです.

 

キラーマシーンデッキで使うならば下記3種と併用するのが良さそうです.

煙幕機械スモークの能力を使った後に入れ替えることで次ターンに再使用が可能になります.

暴龍機械ドラコニアスは自身の効果で回収出来るため,コンボを安定して継続出来ます.

 

壊蒐機械ギャザリングならば1コストで盤面を空けて2面展開可能になります.

回収した壊蒐機械ギャザリングがそのまま再使用出来るため連続攻撃回数を増やしやすいです.

 

神秘の機甲武者シンクロトロンならば最小1コストで2面展開が可能になります.

手札が3枚以下ならばドロー出来るため,展開で失った手札を補充しやすいです.

 

4. フライ・トゥ・ナイト アルモタヘル

5種類目の4コストのアルモタヘルです.

4リソース時からアドバンテージを稼ぎやすいため使いやすいです.

トラッシュのアルモタヘルが増えると効果を2回使用出来るのは強力ですね.

 

効果について

このカードの登場時,自分のデッキトップをトラッシュに置き(1)か(2)を解決します.

自分のトラッシュにアルモタヘル名称が7枚以上ある場合,さらに(1)か(2)を解決します.

(1)カードを1枚引きます.

(2)NSにある相手の3コスト以下のゼクスを1枚まで選び,破壊します.

 

(1)は登場するだけで手札を増やせるため,どのタイミングでも嬉しい効果です.

アルモタヘルはトラッシュからの回収は多いですが,ドロー効果はほとんどないです.

そのため,竜虎相搏つアルモタヘルと八千代 投合の絆を引きやすいのは良いですね.

 

(2)は序盤に相手のIGヒットで押されているときに助かる効果です.

中盤以降でも小型大量展開で埋められた盤面を空けやすいので助かる場面は多そうです.

 

5. 回遊する戦慄グラオザーム

珍しい誘発条件でトラッシュからのゼクス回収かNSの相手ゼクスを破壊出来ます.

ルクスリアの言っているバカって誰のことでしょうか.

おそらく七大罪だと思うので,墓城を襲撃していたアセディアかな?

 

効果について

このカードが自分のカードの能力で手札かデッキからトラッシュに置かれたとき,自分のトラッシュにカードが10枚以上ある場合,(1)か(2)の効果を解決します.

(1)同名以外の自分のトラッシュにある7コスト以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します.

(2)NSにある相手の5コスト以下のゼクスを1枚選び,破壊します.

 

(1)は対象の広い回収効果なので使いやすいです.

能動的に効果を誘発出来るならば,プレデター以外のデッキでも使えそうですね.

 

(2)は5コスト以下の相手ゼクスを破壊出来るため,盤面を空けやすいです.

IGヒットでIGアイコンがこの効果を誘発してくれると8面埋めた状態を返しやすそうです.

 

気に留めておきたいのは手札からトラッシュにカードを置いたときに誘発するか否かです.

上記のカードは効果で手札をトラッシュに置いてるため,効果が誘発します.

しかし,上記のようにコストで手札をトラッシュに置く場合は効果が誘発しません.

思っていたよりも,プレデターの能力で手札をトラッシュに置く効果は少なめな印象です.

 

6. おわりに

今回紹介した中だとファーストシャドウ アスルがかなり面白そうですね.

電影によって既存の様々なカードがまた脚光を浴びそうですね.

今後のシャドウの追加カードも楽しみです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント