ゼクストリーム2020夏物販で入手可能なPRカード紹介「リゲル★クリスマス」他10枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年5月20日からゼクストリーム2020.SUMMERの物販が始まりました.

ゼクストリームといえばいつも配布された整理券のグループに一喜一憂しています.

ですが今回は受注生産なので,欲しい商品が売り切れる心配をしなくて良いのは嬉しいです.

 

既存カードのイラスト違いが多いですが,素晴らしいイラストなので是非入手したいですね.

もちろん,新規カードもあるため今回入手出来るカードをチェックしていこうと思います.

 

スポンサーリンク

2. リゲル★クリスマス (ゼクスト2020夏)

このカードはプレイマットデッキケース2枚ずつ付属しています.

そのため,プレイマットとデッキケースを1つずつ購入すれば4枚入手出来ます.

とても素晴らしいイラストですので,あづみ&リゲル勢としては必ず入手したい一品です.

 

現状だとリゲル★クリスマスは2バージョンあります.

現在は2枚ずつにしていますが,どちらも気に入っているので配分に悩みます.

欲を言えば今回のイラストは32弾の誓いの別バージョンとして欲しかったです.

 

スポンサーリンク

3. 蒼を断つ十字ヘリカルフォート (ゼクスト2020夏)

このカードはプレイマットデッキケース2枚ずつ付属しています.

そのため,プレイマットとデッキケースを1つずつ購入すれば4枚入手出来ます.

 

プレイマットを見ると分かるのですが,ローレンシウムやタングステンなど様々なメタルフォートレスが描かれているのも良いですね.

 

4. たまには本気出す!墓城姫ネイ (ゼクスト2020夏)

このカードはCD付きタオルケット1枚付属しています.

そのため4枚揃えるには, 8800[円] × 4 = 35200[円] 必要です.

 

本気を出すのはネイではなく,墓城フルホロ勢ですね….

非常に素晴らしいイラストですし,今後は墓城デッキに採用される機会が多いVBです.

そのため,欲しい人はこの機会に必ず入手しないと後々後悔しそうです.

幸いにも受注生産なので,売り切れて買えない事態を避けられるのは救いです.

 

毎回思いますけど,布物は高価なのでせめて2枚カードを付属して欲しいです.

1枚付属だと4枚揃えるのが金銭的にかなり大変ですから.

さらに,2枚付属ならば売り切れる心配が半減しますしね.

 

5. 墓城のぐうたら姫ネイ (ゼクスト2020夏)

このカードはCD付きタオルケット1枚付属しています.

そのため4枚揃えるには, 8800[円] × 4 = 35200[円] 必要です.

 

こちらも“魔導誓装”黒崎春日を使用する場合はデッキに優先的に採用されるアイコンです.

イラストも大変良いですし,やはり4枚欲しくなりますね….

 

しかし,先ほどのVBと合わせて4枚ずつ揃えると70400[円]です.

なので,墓城フルホロ勢は多々買いを強いられていますね….

同じデッキに4枚入るカードをこのように販売されるのは流石に厳しすぎませんか….

 

6. 艶なる囁きルクスリア (ゼクスト2020夏)

このカードは掛軸4枚付属しています.

なので,掛軸を35000[円]で購入出来れば1セット揃えられます.

問題はこの商品が唯一限定生産な点です.

80人限定の商品なので,入手難度はかなり高いです.

 

7. 誓いの逢魔クレプス (ゼクスト2020夏)

このカードはアートボード1枚付属しています.

そのため4枚揃えるには, 7150[円] × 4 = 28600[円] 必要です.

32弾のオーバーブースト専用の誓いなので,クレプス勢は4枚欲しいですよね.

 

8. 光を断つ十字イノセントスター (ゼクスト2020夏)

このカードはモバイルバッテリー1枚付属しています.

そのため4枚揃えるには, 6050[円] × 4 = 24200[円] 必要です.

 

モバイルバッテリーにカードが付属されているのは初めてかもしれませんね.

イラストは大変素晴らしいのですが,イノセントスターは何処に…?

 

9. SHiFT@おやつタイム!

このカードはじゃがバターおかき1枚付属しています.

そのため4枚揃えるには, 1149[円] × 4 = 4596円 必要です.

 

じゃがバターおかきの箱が車の形をしていてなかなか面白いですね.

私はじゃがバター好きですし,純粋に味に興味があります.

SDキャラが可愛いですし,カードのイラストも好きです.

お菓子系は1,2グループくらいでないと買えないのですが,今回は問題なく買えますね.

 

SHiFT@おやつタイム!は新カードで,SHiFT共通の3コストIGアイコンのバニラです.

種族SHiFTは新しい種族なので妲己デッキでも使えそうな気がします.

SHiFTにドリーム・キー対応オーバーブーストが追加されると株が上がるかもしれません.

 

このカードは能力でSHiFTメンバーの名称を追加しています.

そのため,カード名称が変更されるとSHiFTメンバーの名称を失ってしまいます.

しかし,アクターレが禁止でジャック・ベイカーが自ターンのみになったので問題ないです.

 

10. ユイ it’s むにむに

このカードはドラマCD17「もえろ!ドラゴン学園」2枚付属しています.

そのため4枚揃えるには, 3300[円] × 2 = 6600円 必要です.

 

ユイ it’s むにむには新カードで,巫女共通のライフリカバリーです.

こちらもSHiFT@おやつタイム!と同様にドラゴンメイデンという新種族です.

比較的緩い条件でトラッシュから新旧の祈りを回収出来るので強力です.

巫女デッキを複数組んでいる場合は数セット欲しいかもしれませんね.

 

バーチャルアイドルむにむにとはユイのことだと判明して私の疑問が氷解しました.

イラストから楽しそうな雰囲気が伝わってくるのでドラマCDが楽しみです.

 

11. ヴァンプ・ダッシュ 墓城姫サリア

物販で2000円購入ごとに1枚貰えるPRカード2種のうちの1種です.

コストを-2してトラッシュからノスフェラトゥをプレイ出来る強力な効果持ちです.

“墓城誓装”黒崎春日と相性が良さそうです.

 

1つ目の効果について

自分のトラッシュにある[ノスフェラトゥ]をコストを支払ってプレイしてよいです.

 

つまり,トラッシュすべてが手札になるようなものです.

ノスフェラトゥはトラッシュ増やしに特化しているため,非常に噛み合った能力です.

 

実はこの能力に類似した効果持ちのカードは5弾で既に収録されています.

古参プレイヤーの方はお気づきかと思いますが,虚無の黒騎士カースドソウルのことです.

能力の条件やプレイ対象も変化して時代の流れを感じますね.

 

2つ目の効果について

自分のトラッシュに[ノスフェラトゥ]が15枚以上ある場合,このカードは(1)(2)の能力を得ます.

(1)自分がプレイする[ノスフェラトゥ]のコストを-2します.ただし,0以下にはなりません.

(2)自分の手札にあるゼクスをプレイできません.

 

(1)のおかげで黒単でもリソース以上にトラッシュからカードをプレイ出来ます.

黄泉路の案内人カンテラが2コストでプレイ出来るため,かなり展開出来そうです.

 

(2)は(1)とバランスを取るために付与されたデメリットの効果です.

と言っても15枚もノスフェラトゥがトラッシュにあればプレイするゼクスに困りません.

したがって,こちらの効果はバランスを取るための形だけでほぼ意味をなさない効果です.

 

12. すぴぃーでぃー@ニグたんダッシュ

物販で2000円購入ごとに1枚貰えるPRカード2種のうちの1種です.

相手と自分に移動制限を付与しつつ,このカードは移動出来る変わった能力持ちです.

この効果でちょこちょこ移動する様はニグたんっぽいですね.

 

1つ目の効果について

自分と相手はこのカード以外のすべてのゼクスをスクエアからスクエアに置けません.

 

おそらくZ/Xで初めての移動制限効果です.

マーメイドやギアドラゴンのような移動が得意なデッキには特に刺さりそうです.

 

2つ目の効果について

このカード以外の自分のゼクスが登場したとき,バトル中でないこのカードをこのカードの隣のゼクスのないノーマルスクエアに置いてよいです.置いたならば,ターン終了時まで,このカードのパワーを-1000します.

例えば1にこのカードがいて4と5が空いている場合を考えます.

5に自分のゼクスを登場させるとこのカードは4に移動出来ます.

つまり,勝手に移動してくれるため連続攻撃が容易に可能となります.

 

無色なのでどのデッキでも点取り要員として活躍してくれそうです.

ただし,このカードの隣接ノーマルスクエアを空けておく必要があります.

そのため,スクエアを埋め過ぎないように注意が必要ですね.

 

移動するたびにパワーが下がるのはバランスを取るためのデメリットだと思います.

移動するたびにどんどん疲労する様を再現しているようにも見えて面白いですね.

 

13. おわりに

今回の付属カードも素敵なイラストばかりでしたね.

とはいえ色々買い過ぎると財布が大変なので取捨選択が難しいですね.

物販の締め切りは5月25日の17時までなので忘れないように気を付けたいですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント