ゼクス33弾新カード紹介「猛象行進曲ハンニバル」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年7月23日にZ/X 33弾「輝望<フロンティア>」が発売されます.

今弾は32弾に未収録のプレイヤーやうららのイデアライズやオーバーブーストが目玉です.

今回はハンニバルズィーガーフィエリテローレンシウムの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 猛象行進曲ハンニバル

25弾以来久しぶりの新しいハンニバルです.

トラッシュからエレファントを回収出来るため,投げるエレファントが尽きにくくなります.

ハンニバルが射撃を得意としているとは知りませんでした.

エレファントの投擲が得意なのは周知の事実ですけどね.

 

1つ目の能力について

このカードの登場時,あなたのデッキの上から2枚をトラッシュに置きます.

 

2つ目の能力で回収するエレファントをトラッシュに置くための効果ですね.

ESが発動出来るのでそれを活かせると面白そうです.

 

2つ目の能力について

ブレイバーLv2で有効になる能力です.

このカードの破壊時,あなたのトラッシュにあるエレファント名称のゼクスを2枚まで選び,手札に戻します.

2枚戻したならばNSにある相手のゼクスを1枚まで選び,5000ダメージを与えます.

 

回収出来るのは破壊時ですが,エレファントが尽きにくくなるのは有難いです.

除去札としてハンニバルはエレファントを投げるのでエレファントの維持が肝ですから.

おまけで5000ダメージを飛ばせるため,攻防どちらにも活かせそうです.

 

スポンサーリンク

3. 天上の行進オーラエレファント

まさかのオーラマンモスがオーラエレファントに退化しました.

進化は良く耳にしますが,退化するって割と珍しいような気がしますね.

ハンニバルの想いがオーラエレファントに届いたということですね.

オーラエレファントは左側から進化と退化をして今に至っています.

オーラアイラーヴァタから改名した頃に比べると今回はだいぶ幼可愛いい感じですね.

 

1つ目の能力について

このカードの登場時,あなたのチャージにあるゼクスを1枚選び,手札に戻してよいです.

戻したならば,あなたの手札にあるカードを1枚選び,チャージに置きます.

 

登場するだけでチャージと手札を入れ替えられます.

破壊されたハンニバルやエレファントを回収出来るので使いやすそうです.

ハンニバルデッキで汎用オーバーブーストを使う際にチャージ調整としても役立ちそうです.

 

2つ目の能力について

このカードがあなたのハンニバルを含むゼクスの能力で手札からトラッシュに置かれたとき,スクエアにあなたの同名が無い場合,このカードをスリープでゼクスのないノーマルスクエアにスリープで登場させます.

 

ハンニバルの能力のコストにすれば,ノーコストで盤面を埋められます.

しかも,1つ目の能力も誘発するため,手札の入れ替えも可能となります.

スリープ登場ですが,ハンニバルデッキでは貴重な盤面埋め要員として活躍出来そうです.

 

4. 朝顔と西瓜ズィーガー

相手のゼクスを破壊すればするほどトラッシュから低コストで登場出来るのは強力です.

登場時に手札かチャージも増やせるので至れり尽くせりな感じです.

 

1つ目の能力について

このカードの登場時,あなたのトラッシュにあるズィーガー名称のゼクスを1枚選び,手札に戻すかチャージに置きます.

 

登場するだけで手札かチャージを増やせるため使いやすいです.

ズィーガーデッキはどちらも重要なのでかなり戦いやすくなりそうです.

 

2つ目の能力について

このカードがトラッシュにあるとき,自ターンのみプレイ可能な起動能力です.

黒5を支払うとスクエアにあなたの同名がない場合,このカードをリブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

このターンの間に破壊された相手のゼクス1枚につき,この能力のコストを-1します.

ただし,0以下にはなりません.

 

相手のゼクスを破壊すればするほど低コストで登場出来るのは強力です.

そのため,相手が大量展開した返しのターンならば,黒1で登場するのも現実的に可能です.

しかも自壊してしまえば何度でも登場可能な点も強いですね.

ですが,簡単にインフィニット・ギフト ズィーガーズィーガー♪バケーションで自壊出来ないようにこのカードは6コストになっていますね.

そのため,自壊するためには少々工夫が必要となりますね.

 

IGアイコンの破壊能力持ちやスタートカードと組み合わせると4リソース時でも登場可能です.

そのため,なるべく早いうちにトラッシュに置きたいカードです.

アヤセ“月影転身”ズィーガーは破壊ではなくトラッシュ送りです.

相手のゼクスを破壊していないため,この能力のコストが下がらない点には注意です.

 

5. プライベート・バカンス フィエリテ

手札1枚をチャージかNSの相手ゼクスの除去に変換出来る2コストのフィエリテです.

 

能力について

このカードの登場時,あなたの手札にあるカードを1枚トラッシュに置いたならば,以下の効果から1つ選び解決します.

(1)あなたのデッキの1番上のカードをチャージに置きます.

(2)NSにある相手のパワー8000以下のゼクスを1枚選び,破壊します.

 

任意の手札をトラッシュに置きつつ,チャージ増加か除去を使えるのは便利そうです.

ただし,今のフィエリテデッキに採用するかと言われると….

IGアイコン持ちの3コストパワー4500だったら,採用していたと思うのですけどね.

 

6. 一、二のジャスティス ローレンシウム

序盤からハンドアドを稼ぎつつ,終盤はレンジで詰める使いやすそうなローレンシウムです.

 

1つ目の能力について

このカードが手札とスクエアにあるとき,あなたのトラッシュにローレンシウム名称のゼクスが7枚以上ある場合,このカードのコストを+4し,レンジ2を得ます.

 

コスト+4されて8コストになるため,新オーバーブーストに多い7コストの除去を避けられます.

さらにレンジ2が付与されるため,ライフを奪いやすくなるのも優秀です.

ただし,能力の条件にリソリンや誓いのイベントはカウントしない点は気を付けたいです.

最近はカウントするときゼクスだけでなくカード枚数を数えることが多いですからね.

 

問題なのはスクエアだけでなく手札でも8コストになってしまうことです.

そのため,中盤以降は4コストとしては運用出来なくなります.

手札でコストが増えるメリットはローレンシウム&オリハルコンティラノのコストをこれ1枚で賄えるようになるくらいでしょうか.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回のみプレイ可能な起動能力です.

カードを2枚引き,あなたの手札にあるカードを1~2枚選び,トラッシュに置きます.

 

手札やトラッシュを増やせるため,ローレンシウムデッキでは特に有難い能力です.

上記3種のローレンシウムを使用するために積極的にトラッシュを増やせるのはいいですね.

 

7. おわりに

このタイミングでハンニバルとエレファントが追加されるとは思わなかったので驚きました.

象突猛将ハンニバルが強力なので,興味がある方はこの機会に組んでみるのも良さそうですね.

こういった普段のデッキとは一味違うデッキが組めるカードの収録は面白いですよね.

今後もこういったカードを収録してくれると遊べるデッキタイプが増えて嬉しいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント