ゼクス「ゼクメモ!」新カード紹介「Fly to the Sky Type.I “A-Z”」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年9月24日にZ/X EXパック23弾「ゼクメモ!」が発売されます.

今弾はA-Zミカエルアニムスのイデアライズとオーバーブーストが目玉です.

再録も多いため,上記3キャラが好きでデッキを組みたい人にはおすすめのパックです.

今回はA-Zの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. Fly to the Sky Type.I “A-Z”

登場時にリソースにあるType.名称のカード枚数に応じて効果が追加されるA-Zです.

能力を最大限発揮するためにリソースのType.名称が6枚となるように意識したいです.

 

能力について

自ターンにこのカードが登場したとき,あなたのリソースにあるType.名称のカード枚数に応じて効果が発揮されます.

2枚以上ある場合,カードを1枚まで引きます.

4枚以上ある場合,ノーマルスクエアにある相手のコスト5以上のゼクスを1枚まで選び,デッキの1番上に置きます.

6枚以上ある場合,あなたの手札にあるType.名称のゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場に登場させます.ターン終了時,そのゼクスを手札に戻します.

 

効果発動の条件はリゲル★クリスマスのType.版ですね.

ドローにデッキ上バウンスにType.登場(ただしターン終了時に帰る)とかなり強力な効果です.

リソースにType.6枚以上の条件は難しめですが,極力狙っていきたいです.

リソース条件的に乙女整備士カノープスがType.名称じゃないのが辛いところです.

自身が4コストなのでフィニッシュ・バレット リゲルブランデッドソード アルダナブで登場させられるのも良い点です.

 

能力が自ターンにしか発動しないのは乙女整備士カノープスを考慮してのことでしょうね.

相手の攻撃でライフから乙女整備士カノープスが登場した場合,相手ターンにFly to the Sky Type.I “A-Z”を登場させて能力が発動してしまうと強すぎるという判断ですね.

 

スポンサーリンク

3. Trust My Heart Type.I “A-Z”

A-Z初の3コストIGアイコン持ちゼクスです.

2つ目の能力でトラッシュにあるType.とカノープスをデッキに戻せるのが偉すぎです!

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたの手札にあるType.名称のカードを1枚選び,公開し,デッキの1番下に置いてよいです.置いたならば,カードを1枚引き,ノーマルスクエアにある相手のコスト3以下のゼクスを1枚選び,手札に戻します

 

1ターン目から手札入れ替えが可能なので,その後の動きを安定させやすくなります.

先行時に相手PSを攻撃しなくても無理なくメモリアル・ピースを入手出来るのは◎.

追加で3コスト以下の相手ゼクスをバウンス出来るのもかなり便利です.

ですが,バウンスは強制なので,戻したくないゼクスしかいない場合は注意です.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,自ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてあなたのトラッシュにあるType.名称かカノープス名称のゼクスを2枚デッキに戻し,シャッフルします.

カードを1枚引きます.

 

トラッシュにある乙女整備士カノープスや契りをデッキに戻して再利用出来ます.

そのため,Type.デッキ的には非常に有難い効果です.

乙女整備士カノープスを使い切ってしまうと攻め手に欠けることが多かったですからね.

割と私が使うType.デッキは手札がシビアなので,追加ドローも結構嬉しいです.

 

4. ココロの在処 Type.I “A-Z”

新しい6コストのA-Zです.

自分のデッキトップ確定にドロー,相手の3コスト以下のゼクスをハンドバウンス可能です.

今回のA-Zの水着はコンテストの“A-Z”のときと同じようですね.

コンテストデッキも好きでしたが,流石に現環境だと無理ですね….

大幅なリビルド+名称コンテスト参照オーバーブースト&イデアライズが出ればあるいは…?

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたのリソースにType.名称のカードが4枚以上ある場合,あなたのデッキの上から2枚見て,その中にあるカードを好きな枚数選び,好きな順番でデッキの上に戻し,残りのカードを好きな順番でデッキの下に置き,カードを1枚引きます

 

デッキ上2枚の好きなカードか未判明のデッキ上3枚目のカードが引けます.

そのため,契りの蒼空 Type.I “A-Z”などのキーカードを探す時に役立ちます.

 

ですが,このカードが本領発揮はIGフェイズに乙女整備士カノープスで登場させたときです.

デッキ上を確定出来るため,IGを確実に当てることが出来ます.

乙女整備士カノープスブランデッドソード アルダナブがIGでヒットするようにデッキ上を確定出来れば連鎖的にゼクスを展開出来ます.

役割的にはオリジナルXIII Type.IV “Pr07Ve”と同じです.

ココロの在処 Type.I “A-Z”はデッキ上を見れる枚数は少ないです.

ですが,オリジナルXIII Type.IV “Pr07Ve”より早いタイミングで効果を使えます.

 

2つ目の能力について

このカードが攻撃したとき,スクエアに相手のゼクスが3枚以上ある場合,ノーマルスクエアにある相手のコスト3以下のゼクスを1枚まで選び,手札に戻します.

 

攻撃するだけで相手の3コスト以下を処理出来るため,盤面処理に手数を割かなくて済みます.

効果自体は悪くないのですが,6コストのゼクスの効果にしてはだいぶ控えめな印象です.

乙女整備士カノープスで登場させる前提だから効果が抑え気味なのでしょうか.

 

5. オリジナルXIII Type.VII “Ju17Ca”(リビルド版)

左側がリビルド前で,右側がリビルド後です.

リビルドにより,3つの効果から1つを選択して解決出来るようにパワーアップしました.

汎用性が大幅に増したため,様々なデッキで採用が期待出来そうです.

 

オリジナルXIII Type.VII “Ju17Ca”は私にとって非常に馴染み深いカードです.

英雄王の進撃で入手してから,かなり長い間バトルドレスデッキで使っていましたから.

そのため,オリジナルXIII Type.VII “Ju17Ca”のリビルドはかなり嬉しいです.

余談ですが,英雄王の進撃で再録された猫の恩返しも物凄くお世話になりました.

効果はもちろんのこと,イラストも結構好きなんですよね~♪

 

能力について

このカードが攻撃して相手のゼクスにダメージを与えたとき,あなたの手札にあるカードを1枚選び,トラッシュに置いてよいです.置いたならば,以下の効果から1つ選び,解決します.

(1)このカードが攻撃してダメージを与えたゼクスを手札に戻します.

(2)カードを2枚引きます.

(3)ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び,手札に戻します.

 

(1)はリビルド前からあるハンドバウンス効果です.

ダメージさえ与えてしまえばどんなゼクスもスクエアから剥がせるのが魅力です.

そのため,絶界持ちのオーバーブーストや高パワーのゼクスも難なく処理出来ます.

パワーを上下させる白や緑相手だとかなり頼りになる効果です.

 

注意点は相手のゼクスを攻撃で破壊してした場合はハンドバウンス出来ないことです.

この辺の効果の処理は【運命剣臨】蒼星姫リゲルレーザーサイス アヴィオールと同じです.

 

(2)は手札を1枚捨てて,2枚ドローするので手札を1枚増やせます.

盤面に干渉する必要がないときやキーカードが欲しいときに役立つ効果です.

この効果のおかげでリビルド前よりもだいぶ採用しやすくなったと思います.

 

(3)はノーマルスクエアにあるゼクスならば制限なく手札バウンス出来ます.

特筆すべきは自分のゼクスも手札に戻せることです.

そのため,かなり相手のライフを詰めやすくなります.

相手PSをこのカードで破壊した後に,自身を対象にして盤面を空けるのも有りですね.

 

また,強力なカードを手札に戻すことで再利用しやすいのも魅力です.

純奏姫ニューで登場させる用にニューデッキに入れるのも面白そうです.

対応力が増しますし,高みを目指す武闘家ニューを使い回しやすくなりますからね.

 

6. オリジナルXIII Type.XI “Ze31Po”(リビルド版)

左側がリビルド前で,右側がリビルド後です.

4コストで使えるドロー&ゼクス登場効果が追加されました.

オリジナルXIII Type.XI “Ze31Po”は私がZ/Xを始めた当時から使っていました.

そのため,今回のリビルドでまた使えるようになるのは嬉しいです.

 

1つ目の能力について

このカードが手札にあるとき,自ターンにプレイ出来る起動能力です.

コストとして青4を支払いこのカードをデッキの1番下に置きます.

カードを2枚引きます.

あなたの手札にあるType.名称のコスト3以下のゼクスを1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます

 

手札を増やしつつゼクスを登場させられるので,4リソース時にプレイしたい能力です.

惜しむらくはType.名称の3コストのゼクスが少ないことと青4が必要なことです.

出来れば4コストまで対象か青3でプレイ可能であれば,なお良かったと思います.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,1ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてあなたの手札にあるカードを1枚トラッシュに置きます.

ノーマルスクエアにあるコスト6以下のゼクスを1枚選びデッキに戻し,シャッフルします.

 

6コスト以下限定ですが,デッキバウンスを構えられるのは優秀です.

特筆すべきは自分のゼクスもデッキバウンス出来ることです.

そのため,自ターンには除去だけでなく,連続攻撃にも転用可能です.

この効果はリビルド前と同じなので,昔と同じ感覚で使えそうです.

 

私がZ/Xを始めた当時は6コストパワー10500を良く見かける環境でした.

しかも,能力のコストにリソースが不要なので相手ターンに構えやすかったのが良かったです.

7コストには無力でしたが,なかなか頼りになるカードでした.

 

7. おわりに

A-Zデッキは新カード&リビルドどちらもなかなか良さそうです.

特にTrust My Heart Type.I “A-Z”乙女整備士カノープスを再利用可能なのは非常に◎.

馴染み深いカードがリビルドされたのも個人的にはかなり嬉しいです.

使用頻度の高かったカードのリビルドは本当にとても嬉しいので,今後も期待したいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント