ゼクス「ミラクル!オール☆ゼクスターズ」新カード紹介「夢見る極星 プリズム」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年12月17日にZ/X EXパック25弾「ミラクル!オール☆ゼクスターズ」が発売されます.

今弾は主要なパートナーゼクス全てに新カードがもらえる嬉しいEX弾です.

また,入手難カードの再録やリビルドがあるため,新しくデッキを組むきっかけにもなります.

さらに,1パックの値段が高い分,いつもより豪華仕様でパック開封も普段以上に楽しいです.

今回はプリズムロードクリムゾンニューヘリカルフォートの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 夢見る極星 プリズム

3種類目の3コストIGアイコン持ちのプリズムです.

除外のプリズムを増やしやすく,スクエアへのバーンで他のゼクスのサポートが出来ます.

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,あなたのデッキの上から2枚公開し,その中にあるカード名に「プリズム」を含むカードを2枚まで選び,除外し,残りのカードを好きな順番でデッキの下に置きます.

 

プリズムは除外からの登場が多いのでデッキ上からプリズムを除外出来るのは助かります.

除外のプリズムの枚数が十分でないと動きにくいですからね.

この効果で除外しなかった残りのカードはデッキの下に置きます.

そのため,デッキを掘り進めてキーカードにアクセスしやすくなります.

誓いの煌星 プリズムが公開された場合はデッキ下に置くよりは除外したいです.

参拝するプリズムたっぷりストロベリー プリズムで回収が利きますから.

 

2つ目の能力について

このカードがあなたのカードの能力で除外されたとき,スクエアにある相手のゼクスを2枚まで選び,2000ダメージを与えます.

 

相手のPSにも有効なバーンなので,パワーが足りないときなどに有効です.

このカード単体だとVBも焼けないので,他のカードと組み合わせたいです.

潜水工房サブマリン統べて識る者ギルガメシュと組み合わせることで相手PSを攻撃せずに破壊することも出来ます.

もしくはたっぷりストロベリー プリズムのようなダメージを+する効果とも相性が良いです.

“極星契騎”プリズムの全体バーンと合わせてノーマルスクエアの破壊対象を増やすのも○.

 

スポンサーリンク

3. 勇戦の双紅槍 ロードクリムゾン

Z/X9年目にしてメインデッキに入る5コストのロードクリムゾンは初めてだったりします.

黎明を告げる焔槍ロードクリムゾンは5コストですけどウェイカーですからね.

 

1つ目の能力について

このカードが手札にあるとき,あなたのリムーブゾーンにカードが5枚以上ある場合,このカードのコストを-2します.ただし,0以下にはなりません.

 

何でも良いのでリムーブゾーンにカードが5枚あると自身が手札で3コストになります.

比較的緩い条件で5コストを3コストに出来るのはそれだけで優秀です.

最近良く使われるイデアドライブも回避出来ますしね.

リソースに条件がないので上振れれば4リソース時でも登場させられそうです.

相手が5リソース以上ならば,こちらの5リソース時に勇戦の双紅槍 ロードクリムゾン1枚とファインプレー ロードクリムゾン2枚を登場させられるのも強そうです.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,1ターンに1回プレイ出来る起動能力です.

コストとしてあなたの手札にあるカード名に「ロードクリムゾン」を含むカードを1枚除外します.

あなたのリソースにあるカードの色が1種類しかない場合,ノーマルスクエアかチャージにある相手のコスト4以下のゼクスを1枚選び,除外します.

 

手札のロードクリムゾンを除外に送りつつ,相手のカードを1枚除外出来るのは優秀です.

ロードクリムゾンは除外の枚数を稼ぎたいですし,相手とのIG差をつけやすいですからね.

4コスト以下しか除外出来ませんが,スタートカードを除外出来るのが大きいです.

黎明を告げる焔槍ロードクリムゾンのように相手の盤面に左右されませんしね.

 

この能力は相手ターンにも使えるので相手のIGで登場したゼクスを潰せるのも大きいです.

ディンギルすれば回避出来ますが,イデアライズとの選択になりますしね.

 

リソースに1色のみの制限がありますが,無色は色に含みません.

そのため,地真竜テオゴニアス竜界咆哮テオゴニアスは問題なく採用出来ます.

 

スポンサーリンク

4. 至純の努力家 ニュー

3種類目の3コストIGアイコン持ちのニューです.

プリズムもSRでしたし,今回SHiFTは全員SRみたいですね.

能力的には蒸発機械エヴァポレイションの上位版みたいな感じですね.

P指定以外能力に条件がないため,色々なデッキで使えるのも良いです.

 

1つ目の能力について

このカードが登場したとき,カードを2枚引き,あなたの手札にあるカードを2枚選びデッキに戻し,シャッフルします.

 

手札は増えませんが,2枚入れ替えられるため,キーカードにアクセスしやすくなります.

手札は多くても質が悪い状況もあるので,有用な効果だと思います.

最近はデッキ下に戻す効果が多いので,シャッフルするのはちょっと意外です.

 

2つ目の能力について

このカードが破壊されたとき,カードを1枚まで引きます.

 

条件を問わず破壊されればドロー出来るので,良さそうな効果です.

ただし,破壊以外では誘発しないので,バウンスや除外などを使う相手には注意です.

 

5. 典理の蒼旋機 ヘリカルフォート

メインデッキに入る2種類目の7コストのヘリカルフォートです.

機動のイデア ヘリカルフォートがヘリカルフォートしか登場させられません.

そのため,大型のヘリカルフォートの追加で選択肢が増えるのは有難いです.

 

1つ目の能力について

このカードがデッキにあるとき,あなたのリソースにカードが6枚以上あり,その中にカード名に「ヘリカルフォート」を含むカードが4枚以上ある場合,このカードはIGアイコンを得ます.

 

条件を満たせばデッキにあるときIGアイコンを得るので,イグニッションが強くなります.

IGで7コストパワー10500が登場するのはなかなかインパクトありますね.

条件自体もIGOBの条件とほぼ同じなので無理なく満たせるのも◎.

ただし,デッキ内でしかIGアイコンを得ないのでライフから登場出来ない点には注意です.

 

2つ目の能力について

このカードがスクエアにあるとき,あなたのリソースにあるカードの色が1種類しかない場合,このカードは相手の元々のコストが3以下のカードの効果を受けません

 

少々地味に感じるかもしれませんが,回避能力としてはなかなか優秀です.

強力なイベントやスタートカードの効果を受けないだけでも十分です.

3コストのダメージやパワーマイナスの効果も受けないので,格下の相手に破壊されにくいです.

さらには,ヴォイドブリンガーの効果を受けないので安心してPSを任せられます.

 

6. おわりに

今回紹介した中で一番気になるのは勇戦の双紅槍 ロードクリムゾンです.

5リソース時の選択肢が増えるため,今までよりもさらに動きの幅が増えますから.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント