2021年5月&6月ゼクスタプロモカード紹介「誓いの煌星 プリズム」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年5月1日からゼクスタ参加賞プロモーションパックが新しくなります.

今回のプロモーションカードはファム,墓城,イースを使うならば是非入手したいです.

今回は2021年5月&6月のゼクスタ参加賞プロモーションパック収録カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. ファム・ブリッツハート

ファム初のエヴォルシードです.

ファムはエヴォルシードとの相性抜群なので,是非採用したいです.

 

能力について

リソース4枚からですが,捲れるだけでデッキからゼクスを登場させられるのは良いですね.

簡単に手数を増やせるのでファムデッキを組むなら是非採用したいESです.

 

現状の問題はファムの3コスト以下が少なく不発しやすい点です.

登場対象の3コスト以下のファム最大採用枚数はVBとLRを採用するならIG枠に12枚,非IG枠にはファム・スマイルマジシャンファム・エレガンスガードナーで8枚の合計20枚です.

最大でメインデッキの約4割なので少なくは無いですが,デッキ上3枚に3コスト以下のファムがいてくれるかどうかは何とも言えないところです.

VBやLRにファムが増えてくれれば,だいぶ安定しそうなんですけどね.

 

スポンサーリンク

3. 墓城七姫 寵愛のマリメナ

マリメナが4コストとして再びの収録です.

厳密には異なりますが,イメージ的には墓城七姫 二の姫マリメナの再調整版みたいな感じです.

 

1つ目の能力について

かなり久しぶりの収録となる4コストウェイカーアッパーです.

昔の4コストウェイカーアッパーと異なり,表向きにするだけで付随効果はないです.

墓城はウェイカーLv参照があるため,それらを使いやすくするために付与された効果です.

自身もノスフェラトゥLv2の効果持ちなので,それを使うためにも必要な効果ですね.

 

2つ目の能力について

デッキ上3枚をトラッシュに置き,トラッシュから墓城名称のゼクスを1枚まで手札に戻します

墓城でゼクス回収効果持ちは意外と少ないので割と重宝する効果です.

墓城デッキなら墓城七姫 我欲のアーシア,ネイデッキなら誓いの魔導ネイを回収したいです.

 

この能力を使うにはノスフェラトゥLv2が必要です.

墓城七姫 寵愛のマリメナは自身でLvを上げられるので,もう1枚捲れればOKです.

ウェイカーを捲れない墓城七姫 二の姫マリメナはノスフェラトゥLv1必要です.

なので,両者が同じような条件で使用出来るように調整したのだと思います.

 

墓城七姫 寵愛のマリメナは回収で手札を増やしつつ,トラッシュを2枚増やします.

墓城七姫 二の姫マリメナは手札を入れ替えつつ,トラッシュを4枚増やします.

さらに,自身が手札かデッキからトラッシュに置かれるとデッキ上を1枚トラッシュに置きます.

そのため,手札とLv優先なら墓城七姫 寵愛のマリメナ,トラッシュ稼ぎ優先なら墓城七姫 二の姫マリメナと上手く使い分けたいです.

 

スポンサーリンク

4. 鋭爪の跳躍者 イース

イースデッキを組むならば,ほぼ必須級のイースです.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ上3枚を見てその中から好きなイースを1枚までトラッシュに置きます.

フォースにしたいイースを能動的にトラッシュに置けるので使いやすいです.

ですが,効果的にはこちらがおまけで2つ目の能力こそが本命です.

 

2つ目の能力について

フォースを2枚付けられるだけですが,イースデッキでは非常に重要です.

魔刀の超越者 イースはフォースのイースを1枚登場させます.

そのため,フォースに魔刀の超越者 イースを複数枚用意すれば連鎖的に一気に展開することが可能になるからです.

今まではこの役割を式神を操る者 安倍晴明が担っていたため,赤と組んでいました.

しかし,2コストのイースにアルターフォース2が追加されたので赤以外と組むのも有りですね.

 

5. 誓いの煌星 プリズム(ゼクスタシークレット版)

誓いの煌星 プリズムのゼクスタシークレット版です.

プリズムデッキを光らせたい人々による争奪戦が始まりますね.

しばらく前のゼクスタシークレットの再生の胎動もプリズムでしたね.

SHiFTメンバーの中だとプリズムの人気が一番だったりするんでしょうか?

 

6. おわりに

今回のプロモは36弾から使えるようになったデッキをさらに強化するものでした.

汎用性は低いですが,各デッキを組むなら是非欲しいプロモーションカードたちですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント