ゼクス「ゼクス伝説」新カード紹介「秘儀『魔導書再編・略式』」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年12月16日にEXパック31弾「ゼクス伝説」が発売されます.

今弾は様々な新カテゴリの切り札となるレジェンドレアの追加が楽しみな弾です.

アルターブレイクなどの再録もあるので,入手難で組めなかったデッキを組みやすくなります.

今回は各色1枚ずつレジェンドレアを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 秘儀『魔導書再編・略式』

魔導書のレジェンドレアは1コストのイベントです.

まだ魔導書の種類が少ないためリソ制限は緩いですが,かなり使い勝手の良いイベントです.

 

神討伐などもあってここしばらくの赤の世界は落ち着いていたと思っていました.

ですが,式神や妖狐に魔導書と新勢力が次々に現れ始めました.

さらに信長たち既存のブレイバー勢も再び動き始めたみたいなので,一波乱ありそうですね.

安倍晴明を止めるために動いているポラリスの動向も気になります.

ここしばらく動きのない女神や界賊たちはどうしているんでしょうね?

 

能力について

無条件で赤1で魔導書のパワーを+3000出来るので魔導書の蒐集者 セリオンを守りやすくなるのは良いですね.

魔導書の蒐集者 セリオンが残り続けるかどうかは魔導書デッキにとって死活問題ですから.

 

リソースに魔導書が3枚以上ある場合に選んで解決出来る2つの効果も優秀です.

1つ目の効果は魔導書版の再生の胎動と言った感じの手札入れ替えです.

魔導書しか捨てられませんが,先に1ドロー出来て入れ替え枚数が調整出来る点で優れています.

2つ目の効果はトラッシュから魔導書名称のゼクスを2枚まで手札に戻せます.

状況に応じて様々なカードを回収出来るため,デッキの取り回しが非常に良くなりますね.

 

スポンサーリンク

3. ファム・レストレーションウェーブ

ファムのレジェンドレアは7コストのゼクスです.(実質1コストイベントですが.)

てっきり今回のレジェンドレアはすべてイベントだと思っていたので意外でした.

ゼクスなので【顕誓『愛邪精神』】ニャルラトで回収出来るのは利点ですね.

 

機械なら解体して悪い箇所を交換したり直せば不具合は解決しやすいですよね.

まあ,人間はそうはいかないから困ってしまうのですけど.

 

能力について

リソースにファムが5枚以上あれば青1でイベントのように使用出来ます.

条件がかなり厳しいので,ほぼファムで固めた構築にする必要がありますね.

デッキ上3枚から1枚を手札に加えて残りをトラッシュに置くのでESを2回誘発出来ます.

なので,上手くいけば青1で使える攻め手としてはなかなか強力だと思います.

公開したカードが全てファムなら3コスト以下バウンスもありますが,こちらはおまけですね.

 

スポンサーリンク

4. 白き英傑 十輝聖

輝聖のレジェンドレアは5コストのイベントです.

普通に使うと重いですが,ドローに輝聖登場とかなり優秀なイベントです.

 

35弾(約1年前)に出発したアトマスカヤがようやく白の世界に到着したみたいですね.

アトマスカヤが白の世界で何をするのか楽しみですね.

 

1つ目の能力について

条件を満たせば自ターンのみ3コストで使えるようになります.

5コストから3コストになるので使い勝手が格段に増しますね.

輝聖デッキは序盤は攻めないので,相手よりライフが少ないことは割と多いはずです.

黒を混ぜて能動的にライフを減らして積極的にコストを下げるのも悪くなさそうですね.

 

2つ目の能力について

自分のリソースにある輝聖名称のカードの枚数に応じて効果が追加されます.

(1)2枚以上ある場合,スクエアにある相手のゼクスの枚数分までドロー出来ます.

(2)4枚以上ある場合,手札から輝聖かつ6コスト以上のゼクスを登場させます.

 

(1)は不安定ですが,最大で8ドロー出来るドロー効果です.

輝聖デッキで相手が全くいない状況は稀有なので,ある程度ドロー枚数は期待出来そうです.

輝聖は手札に困る印象があるので,手札を補いやすくなるのは良さそうですね.

また,ドローが任意なのも使いやすいです.

 

(2)はコスト制限があるものの,優秀な手札からの輝聖登場効果です.

愛月の輝聖 ミーリィ十輝聖 朧夜のラスダーシャンと言った展開札を登場させたり,安らぎの輝聖 スミカで守りを固めやすくなりますね.

 

5. 今宵も怪盗団“黄昏”がいただく!

怪盗団“黄昏”のレジェンドレアは4コストのイベントです.

ナティアが話しかけている同業者とは誰なんでしょうか?

怪盗で心当たりがあるのはワイヤーくらいですね.

 

1つ目の能力について

イグニッションでデッキからトラッシュに置かれた時に手札1枚だけでプレイ出来ます.

捨てるカードに怪盗団名称の制限はありますが,使い勝手は良さそうですね.

ただし,デッキから能力でトラッシュに置かれた時は発動しません.

なので,黒のデッキを削る効果を使うのはある程度控えた方が良さそうです.

 

2つ目の能力について

単純に2回イグニッションします.

怪盗団“黄昏”はイグニッションが展開の肝です.

ですが,怪盗団“黄昏”予告のナティア以外にIG出来るカードがありませんでした.

なので,このカードの追加のおかげで今までよりも動きが良くなりそうですね.

不確定ですが,IGで展開出来るので4コストでプレイする選択肢も有りだと思います.

 

6. 継がれゆく紅姫の理想

紅姫のレジェンドレアは7コストのイベントです.

かなり重いですが,リソブ&除去&紅姫登場がこれ1枚で行えるので強力な印象です.

ブルーミング・ブルーム 紅姫でイベントを回収出来るので手札に加えやすいのも◎.

 

能力について

リソースの紅姫名称のカード枚数に応じて効果が追加されます.

無条件の場合はデッキ上5枚にある紅姫を好きな枚数リソースにリブートで置きます.

最大で5枚リソースが増えるので,深緑の中の夢幻 紅姫の能力に必要なリソースに7コスト以上のゼクスを11枚貯めるのがかなり楽になります.

しかも,リブートでリソースが増えるためこの後にも動けるのは優秀です.

 

リソースに紅姫名称が5枚以上ある場合はNSにある相手ゼクスを2枚までリソ送りに出来ます.

紅姫は準備期間中に相手に展開されて盤面を埋められてしまい動けないことも多いです.

そのため,展開用のスクエアを2面確保出来るのはかなり助かりそうです.

リソ送りは任意なので,盤面が空いていて相手にリソを与えたくない時は0枚選択出来るのも◎.

 

リソースに紅姫名称が9枚以上ある場合はリソースから紅姫を0コストでプレイ出来ます.

そのため,深緑の中の夢幻 紅姫をプレイしても良いですし,深緑の中の夢幻 紅姫の効果を満たすために他の紅姫をプレイするなど色々と動けるのが良いですね.

 

7. おわりに

新カテゴリ用のレジェンドレアはどれもなかなか良さそうな感じですね.

一度組んでみて諦めていた紅姫デッキに再挑戦したくなりました.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント