ゼクス「ゼクス伝説」新カード紹介「忍術・五頭領口寄せ」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2021年12月16日にEXパック31弾「ゼクス伝説」が発売されます.

今弾は様々な新カテゴリの切り札となるレジェンドレアの追加が楽しみな弾です.

アルターブレイクなどの再録もあるので,入手難で組めなかったデッキを組みやすくなります.

今回は五頭領,シャドウ,マジカル,魔眼のレジェンドレアを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 忍術・五頭領口寄せ

五頭領のレジェンドレアは5コストのイベントです.

条件&コストは重めですが,登場させるゼクス次第で色々と動けますね.

 

能力について

手札かリソースから4コスト以上の五頭領名称のゼクスをコストを支払わずにプレイして,ターン終了時まで下記能力を付与します.

(1)自ターンのみの起動能力で五頭領名称のゼクスを1枚パワー+5000します.

(2)このカードが攻撃破壊した時,デッキ上から3枚までリソースにリブートで置きます.

(3)ターン終了時,ノーマルスクエアにいるこのカードをリソースにスリープで置きます.

 

攻撃破壊でリソースが3枚リブートで増えるため,実質2コストで五頭領を登場させられます.

自身にも使えるパワー+5000のおかげでほとんどの相手を攻撃破壊出来ますね.

パワーパンプは新五頭領ウェアシーズーのライフ2点奪える能力と好相性ですね.

序盤に使うなら五頭領 天眼忍者ウェアジャガー五頭領 烈風忍者ウェアジャガーが良いですね.

どちらも能力で2回ゼクスを登場させられるので,さらにアドバンテージを稼げますから.

プレイ登場なのでリソースが5枚起きる五頭領 天眼忍者ウェアジャガーを優先したいですね.

PSに登場させれば場に残せるので,攻められている時には守りやすくなりそうです.

このイベントは相手ターンにも使えるので相手ターンに五頭領を登場させられます.

リソースブーストは無駄になってしまいますが,新五頭領ウェアトイプードルを登場させて盤面を埋める妨害も出来ますね.

 

問題点を挙げるとすれば五頭領はリソースからイベントを回収出来ないことです.

緑はリソブして自分でイベントを埋めてしまって回収出来ないことが多いですからね….

なので,個人的にはファムみたいな起動能力内蔵ゼクスにして欲しかったです.

五頭領名称のゼクスであれば新五頭領 縦横無尽ウェアキャバリエで簡単に回収出来ますから.

イベントだと五頭領 漏尽君姫ウェアキャットの能力誘発条件と噛み合わないのも良くないです.

紅葉狩り等のイベントならイベントも回収は可能ですが,五頭領以外が増えるのは難点です.

デッキ内に五頭領以外を極力採用したくないなら,スタートカードである華の大公爵ヴァレンティーヌ丹色昆虫レッドドラゴンフライが良いかもしれません.

 

スポンサーリンク

3. シャドウアーツ“影”

シャドウのレジェンドレアは2コストのイベントです.

ドローは使いやすいですし,特殊なバウンスもスクエア対象なのは良いですね.

 

1つ目の能力について

自分が電影したターンなら手札にあるこのカードのコストは1減ります.

条件は緩いですし,1コストで使えるのはかなり取り回しが良くなりそうです.

 

2つ目の能力について

自分のリソースにあるシャドウの枚数に応じて効果が追加されます.

(1)2枚以上の場合,2ドローします.

(2)4枚以上の場合,スクエアにあるシャドウにスリープ起動のバウンスを付与します.

 

(1)は便利な2ドローです.

シャドウは手札に欲しいパーツが多いので,結構助かりそうです.

状況次第では1ターン目や2ターン目に2コストでプレイするのも有りですね.

 

(2)はやや特殊な相手のゼクス対象のバウンス効果を付与する効果です.

付与したゼクスのコスト以下しかバウンス出来ないのでなるべく大型に付与したいです.

なので,後方のスクエアで暇を持て余している大型のシャドウに付与するのが良さそうです.

もちろん,相手ターンにも使えるので2コスト残せば相手にバウンスを警戒させられます.

特筆すべきは相手のプレイヤースクエアもバウンス出来ることです.

そのため,疑似的なレンジや相手のコントロールゼクスを剥がすのにも使えますね.

 

スポンサーリンク

4. ブロッサム・マジカル・ガーデン

マジカルのレジェンドレアは4コストのゼクスです.(実質2コストのイベントです.)

リソースへの除去&マジカル登場となかなか使い勝手が良さそうです.

 

能力について

条件を満たせば緑2でコスト制限なくリソース送りの除去が使えます.

マジカルは除去が弱めな印象なので,除去手段が増えるのは良いですね.

さらに,自分のゼクスも対象に出来るため連続攻撃にも転用できます.

もちろん,相手ターンの妨害手段としても有効です.

 

自ターンならば自分のリソースにあるIGアイコンの枚数以下のコストのマジカルを1枚リソースからリブートでノーマルスクエアに登場させられます.

マジカルはゼロオプティマ8とか普通にあるので,実質何でも登場させられそうですね.

マジカルは任意のゼクスを能力で登場させにくいので,こちらの効果もかなり有難いです.

このカードはゼクスなのでラブリー・マジカル ポルチュプロダクションの花ミラー繁茂する『恵愛』イシュタルでリソースから回収出来るのも良い点ですね.

 

5. 銀河満タス魔眼ノ煌メキ

魔眼のレジェンドレアは0コストのイベントです.

黒にしては珍しくイベントの回収が容易で除去&パンプ&回収と色々出来て便利な印象です.

どこぞのパティシエマイスターって誰のことなんでしょう?

 

1つ目の能力について

自分のトラッシュの同名を2枚デッキ下に置き,このカードをトラッシュから手札に戻します.

トラッシュの枚数調整も出来る魔眼らしい回収方法ですね.

回収するにはこのカードがトラッシュに3枚必要なので,基本的には4積みですね.

 

2つ目の能力について

ノーマルスクエアにある相手の5コスト以下のゼクスを1枚選び,破壊します.

5コスト以下とはいえ,0コストで破壊出来るのはなかなか便利そうです.

イデアドライブが効かない4か5コストのゼクスに対する迎撃手段としても有効ですね.

ただし,自分のトラッシュに15枚カードが必要なので序盤は使えない点だけ注意ですね.

 

3つ目の能力について

自分のリソースにある魔眼名称の枚数に応じて効果が追加されます.

(1)5枚以上の場合,自分のゼクス1枚のパワーをターン終了時まで+2000します.

(2)10枚以上の場合,トラッシュから魔眼名称のゼクスを1枚まで手札に戻します.

 

(1)は使いやすい1コスト分以上のパンプですね.

そのため,格上を攻撃破壊しやすく,同コスト帯のゼクスからの攻撃を耐えやすくなります.

0コストで相手にとって厄介な魔眼を守りやすくなるのはかなり良さそうです.

また,パンプ対象に指定はないので魔眼名称以外をパンプ出来ることも覚えておきたいです.

 

(2)はトラッシュから魔眼名称のゼクスを何でも1枚回収出来る効果です.

誓いやVBなどキーカードを0コストで回収出来るので動きやすくなりますね.

回収は任意なので,トラッシュの枚数条件が崩れる時は回収しなくて良いのも助かります.

 

4つ目の能力について

ターン終了時まで同名をプレイ出来ない制限を受けます.

まあ,0コストで除去&パンプ&回収が何回も使えると困るからですね.

 

6. おわりに

今回紹介したレジェンドレアもなかなか良さそうな感じですね.

私は五頭領とマジカルのデッキが上手く組めなくてかなり困っていました.

なので,今回の追加カードを機にまた組み直して遊んでみたいと思います.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント