ゼクス「ゼクスターズ・クロニクル」新カード紹介「混沌を穿つ 姫君と竜」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年2月24日にEXパック32弾「ゼクスターズ・クロニクル」が発売されます.

毎年恒例の主要なプレイヤーの強化&1パックに確定でSR以上封入が魅力の弾です.

10周年記念で過去に公開されてカード化されていないイラストのカード化も目玉です.

今回は竜の姫君イースネイマルディシオンスーパー・アルティメット イグニッション久保田の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 混沌を穿つ 姫君と竜

竜の姫君初のライフリカバリーです.

白黒竜の姫君デッキならなかなか良さそうなライフリカバリーだと思います.

逆に白単竜の姫君デッキだと蒼穹の彼方よりを落とすのは微妙な感じがします.

 

能力について

登場時にデッキ上5枚から蒼穹の彼方よりを1枚トラッシュに置いたら1枚引きます.

トラッシュに蒼穹の彼方よりを落としつつ手札を増やせるのは良さそうです.

というのも闇夜に煌めく 姫君と竜薄明を揺蕩う 姫君と竜蒼穹の彼方よりがトラッシュに無いと効果を使えませんから.

なので,蒼穹の彼方よりをトラッシュに置けるのは結構助かります.

欲を言えばアストラルドラコも対象だったら物凄く嬉しかったです.

WRですし,それくらい期待しても良かったような気もしますけど…,駄目でしょうか?

 

スポンサーリンク

3. 武芸の技巧者 イース

イース3種類目の6コストのゼクスです.

コスト比のパワーは低いですが,ゼクス登場効果とエクストラ不要ブレイクは優秀です.

 

1つ目の能力について

アルターブレイク状態だと常時このカードのパワーを+5000します.

パンプ込みでパワー12500になるので盤面の取り合いで有利に立ち回れそうです.

自力でブレイク出来るので比較的容易にブレイク状態になれるのも優秀です.

 

2つ目の能力について

トラッシュから好きなカードをフォースに出来るアルターフォースです.

3つ目の能力で登場させたいゼクスをフォースにしたいですね.

 

3つ目の能力について

起動能力でこのカードのフォースにあるコスト3以下のイースをリブートでNSに登場させます.

簡単に攻め手を用意出来るのは魅力ですね.

さらに,自分のライフが相手のライフ未満だとブレイク状態になれます.

1つ目の能力を発動させられますし,魔刀の超越者 イースで登場させたいイースをフォースにするのも良さそうです.

ブレイク状態のイースを複数用意出来るのでNSの儚き無限誓装 イースを維持し易くなりますね.

 

スポンサーリンク

4. マスター・オブ・パペット ネイ

ネイ2種類目の8コストのゼクスです.

登場させるゼクスはスリープですが,ネイデッキで2面空けられるのはかなり大きいです.

ネイデッキは自壊手段に乏しかったので連続攻撃がほとんど出来ませんでしたから.

 

今回のネイの武器は人形なんですね.

人形が武器のキャラと言えばテイルズオブジアビスのアニスを思い出します.

次点で思いつくのは創の軌跡のナーディアですね.

ですが,ナーディアの場合は人形自体というよりも中にある暗器が主体なイメージです.

 

能力について

スクエアのネイを1~2枚トラッシュに置くと,置いた枚数分トラッシュから相手PS以外にネイをスリープで登場させます.(2枚登場時は合計で10コスト以下になるように)

私的には登場効果じゃなくてコストで盤面を空けるほうが主体だと思います.

今まではネイだけだと自壊手段が乏しく連続攻撃出来ませんでしたから.

登場させるネイは上記4種のようにリブートでゼクスを登場させられるネイを選びたいですね.

ネイ寄りの構築だと胡蝶の魔導姫 ネイ超越者【幽幻】ネイが良さそうですね.

 

この書き方だとコスト1枚の時は登場が強制で2枚の時は0枚登場も選択出来そうです.

なので,盤面が埋まっているなら2枚コストにして何も登場させない選択肢も有りですね.

そうすればせっかく空けた面にスリープのネイを登場させなくて済みますから.

 

5. 鏖殺鬼壊剣 マルディシオン

マルディシオン5種類目の6コストのゼクスです.

2種類のハンデスを使えるので相手の選択肢をかなり狭められますね.

 

1つ目の能力について

登場時に相手が手札を1枚選んで捨てるシンプルなハンデスです.

相手が選ぶのでハンデスとしては弱めですが,他のハンデスと組み合わせると厄介ですね.

マルディシオンはハンデスが多く相手の手札枚数も無関係なので手札を枯らしやすいですし.

 

2つ目の能力について

比較的緩い条件で使用出来るピーピングハンデスです.

相手の手札を全て知ることが出来るので相手のキーカードを確実に潰せます.

IGOB起動ゼクスやリリースイベント,アルターブレイクなど状況に応じて一番欲しいカードを潰されるのは相手からすると堪ったものではありません.

ハンデスも厄介ですし,手札情報をすべて把握出来るアドバンテージも大きいです.

 

鏖殺鬼壊剣 マルディシオンの欠点を挙げるとすれば自身のコストの高さです.

現状のカードプールだと6コストはかなり登場させにくいですからね.

5コスト以下だと割と登場させる手段が多いので,それを考慮して6コストなのかも.

 

6. スーパー・アルティメット イグニッション久保田

まさかのイグニッション久保田さんがゼクスとなって参戦です.

おそらくこのイラストはフリーカード冊子のレイドバトルカードと同じものですよね?

かなり昔に見た覚えがあります.

ついに久保田P指定カードが追加かと思いきや,P指定がないのでどのデッキでも使えますね.

せっかくなので個人的にはフレーバー通りイグニッション成功率100[%]になる審判の熾天使ウリエルみたいな効果が欲しかったです.

 

1つ目の能力について(左)

このカードの能力以外で登場出来ない制限です.

理を識る極点の叡智 創造主ソルと同じ制限ですね.

2枚合体ゼクスは特殊なのでこういう制限がないと困りますからね.

 

2つ目の能力について(左)

NSの相手ゼクスを1枚まで破壊し,手札から2枚合体して登場します.

制限は緩いですし,除去と登場がセットなのでなかなか使いやすそうです.

理を識る極点の叡智 創造主ソルと違って絶界や相手に対する制限効果がないから何処にでも登場出来るのでしょうか.

確かに絶界持ちのパワー15000がPS横とかに置かれるとかなり不味いですからね.

 

1つ目の能力について(右)

左側と同じくこのカードの能力以外で登場出来ない制限です.

 

2つ目の能力について(右)

自身スリープでトラッシュからコスト4以上をランダムに1枚選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.

ランダムとはいえ,コスト4以上をリアニメイト出来るのは結構強力そうです.

採用するゼクスを大型だけにしたり,トラッシュを調整出来ると面白いことになりそうです.

 

ゼクスでランダムに対象を取るカードってかなり珍しいですよね.

私がパッと思いつくのは上記4種ですね.

この中だと大外刈りを一番良く使ったような気がします.

フォースを増やすためにゾンネデッキとかでも使いましたし.

5人共有でも構わないのでCode reunion組にもクライシスアーク追加して下さい.(切実)

新カードがずっと追加されないため相対的にパワーダウンし続けていて辛いので….

 

3つ目の能力について(右)

起動能力で自分のライフが2以下ならNSにあるすべての相手ゼクスに5000バーンです.

小型は一掃出来ますし,大型も破壊し易くなるので良さそうです.

相手ターンも考慮するなら,他のバーンと組み合わせたいですね.

 

7. ドレッド・スポーン

スーパー・アルティメット イグニッション久保田のサポートIGアイコンです.

このカードのおかげで2枚揃えるのがかなり楽になりますね.

種族無しはZ/X史上初じゃないでしょうか.

 

能力について

登場時か自分がダメージを受けた時に誘発し,このカードをデッキ下に置き,デッキかトラッシュからスーパー・アルティメット イグニッション久保田を1枚手札に加えます.

かなり広い範囲から回収出来るので左右2枚揃えるのは楽ですね.

回収効果を使用するとデッキ下に行ってしまうので,登場させた時にはチャージを増やせず攻撃も出来ない点に注意です.

トラッシュに複数枚落としておいて敢えて1点喰らって一気に回収するのも手ですね.

Intention of Yggdrasil終末の呟きエンデみたいに能動的にダメージを受けて誘発させるのも有りですね.

ライフをチャージに置くやライフをトラッシュに置く効果は多いのですが,ダメージを受ける効果はこの2枚くらいじゃないかと思います.

トラッシュにフィーユが必要ですが,1コストで済む分Intention of Yggdrasilは使いやすそうな気がします.

ゲーム終了時までスリープでNSの相手ゼクス破壊能力をプレイヤーに付与するので40弾以降に実装されるはずのクライシスアークとも相性は良さそうですし.

 

8. おわりに

スーパー・アルティメット イグニッション久保田の追加には驚きましたね.

ですが,ゼクスターズクロニクルのテーマ的にはぴったりな感じだと思いました.

P指定もなく,色々なデッキで使えるので1セットは揃えておきたいですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク
シャルをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャルの軌跡

コメント