ゼクス「邪竜vs聖竜vs六神竜」新カード紹介「百華緋命竜 ノーブルグローヴ」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年8月25日にZ/X EXパック34弾「邪竜vs聖竜vs六神竜(ドラゴニック・ジェネシス)」が発売されます.

今弾は竜の巫女達のクライシスアーク関連の追加が目玉です.

竜の巫女関連以外で使えるカードも収録されるようなのでそちらも気になります.

今回はノーブルグローヴの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 百華緋命竜 ノーブルグローヴ

ノーブルグローヴ初のアークゼクス(緑赤)です.

2リソブ&相手のリソ除外はエグそうですし,構えられる11000バーンも強いです.

「百華緋命竜」読み方は「ぶろっさむぐらうんど」だそうです.

 

1つ目の能力について

このカードがプレイされて登場した時,あなたのデッキの上から2枚までリソースにスリープで置く.相手のリソースが6枚以上ある場合,相手のリソース5枚につき,相手は自分のリソースを1枚選び,除外する.

2リソブが強いだけでなく,相手のリソを除外出来るのも強力です.

スタートリソースで1ターンに複数回プレイ登場出来るのでリソ除外を何度も使えます.

なので,相手がリソブ出来ないデッキならずっと6リソースしか使えなく出来ます.

 

クライシスアーク環境になってから緑とそれ以外のデッキに大きな差を感じます.

現状だと3ターン目にほぼ確実にスタートリソースを使えますし,返しのターンもリソ差が2~3倍くらいになって行動回数に顕著な差がありますから.

なので,IGOBの時みたいに緑系デッキは何かしら条件を変えるべきだったと思います.

そうでないならば,リソブ量を減らして能力を抑えめにするとかですね.

調整が入らないなら新カードで相対的に緑以外を強化して欲しいところです.

 

2つ目の能力について

1ターンに1回使える起動能力でコストとしてあなたの手札を1枚トラッシュに置く.ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び,11000ダメージを与える.

NSの相手ゼクス1枚に11000ダメージを与えられるので除去としては十分です.

しかも,相手ターンも使用出来るので防御も固くなりそうです.

ただし,手札消費が激しくなるので手札の維持には気を付けたいです.

 

スポンサーリンク

3. 緑の竜の巫女クシュルEX

クシュル初のプレイヤーエクストラです.

今まで収録されたP指定有りプレイヤーエクストラとほぼ同じ能力です.

 

スポンサーリンク

4. ノーブルグローヴ&クシュル 再誕の未来

ノーブルグローヴ初のスタートリソース(赤)です.

今まで収録されたP指定有りスタートリソースとほぼ同じ能力です.

 

5. 真紅の練気 ノーブルグローヴ

ノーブルグローヴ初のヴォイドブリンガー(赤)です.

能力はこのサイクルの他の五神竜のヴォイドブリンガーとほぼ同じです.

 

6. あまねく世界に万緑の祝福を

百華緋命竜 ノーブルグローヴとセットで使う0コストのイベントカードです.

タイミング的には弱いですが,比較的簡単にリソースからノーブルグローヴ名称のゼクスを回収出来るのは便利です.

 

1つ目&2つ目の能力について

他のあまねく世界にXXの祝福をシリーズとほぼ同じです.

調和のイデア ノーブルグローヴはドリーム・キーが4個必要です.

オーバーブースト無しでも4個なら使えます.

しかも,自分のリソースが25枚あれば相手に1ダメージ与えられます.

そのため,ゲートカードを進め、調和の世界から変更するかどうかは悩みますね….

 

3つ目の能力について

自分ターン終了時に誘発する自動能力でコストとしてデュナミスにあるこのカードをトラッシュに置いてよい.置いたならば,あなたのリソースにあるカード名に「ノーブルグローヴ」を含むゼクスを1枚選び,手札に戻し,あなたのデッキの1番上をリソースにスリープで置く.この能力はスクエアにあなたの百華緋命竜 ノーブルグローヴがある場合にしかプレイできない.

自分ターン終了時誘発のリソース回収なので回収したターンに使用出来ないのは微妙です.

ですが,次のターンに必要な百華緋命竜 ノーブルグローヴを簡単に回収出来るのは良いですね.

ただし,ゲートカードとして採用すると調和のイデア ノーブルグローヴが使えなくなるのは悩ましいですね….

リソからイベントを回収しにくいのでメインに投入するのは無しだと思います.

 

7. おわりに

百華緋命竜 ノーブルグローヴは相手とのリソ差を付けやすい&起動能力で守りやすそうです.

あまねく世界に万緑の祝福をを採用するかどうかは微妙なところです….

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント