ゼクス「邪竜vs聖竜vs六神竜」新カード紹介「あんすぴーかぶる@ニグたんゴッド」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年8月25日にZ/X EXパック34弾「邪竜vs聖竜vs六神竜(ドラゴニック・ジェネシス)」が発売されます.

今弾は竜の巫女達のクライシスアーク関連の追加が目玉です.

竜の巫女関連以外で使えるカードも収録されるようなのでそちらも気になります.

今回は無色と緑のゼクスエクストラとテオゴニアスアイヴィーウイングの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. あんすぴーかぶる@ニグたんゴッド

ニグたんが新たに無色の6コストのゼクスエクストラとして登場です.

パワープラス&マイナスで攻防が有利になり,自壊出来る除去で連続攻撃も可能です.

かなり優秀ですが,降臨条件に無色のゼクスが必要です.

なので,素直に使えるのはニグたん&テオゴにゃん,イース,エア,アスツァール,リルフィくらいですね.

降臨条件にするのはちょっと勿体ないですが,ShiFT系デッキでwithシリーズを採用しているならそれらをコストにすれば使えますね.

ただし,能力を使用するにはリソースに無色が必要なので他にも無色は採用したいです.

巫女デッキならIGアイコンに地真竜テオゴニアス桜花乱舞 テオゴニアスあどべんちゃー@ニグたんスカイを採用すると降臨条件を満たしやすくなりますね.

アルターブレイクを採用しないならライフリカバリーをユイ it’s むにむににする手もあります.

それ以外のデッキならIGアイコンに風に乗りて跳ぶもの イタァカSHiFT, サマーバケーションiDA, サマーバケーションを採用すれば降臨条件を満たすことも可能です.

ただし,風に乗りて跳ぶもの イタァカ以外は通販商品付属のPRカードなので入手性に難がある点に注意です.

 

1つ目の能力について

スクエアで有効な常在能力でスクエアにあるこのカード以外のすべてのあなたのゼクスのパワーを+2000する.

単純な常時全体2000パンプですが,パンプ対象に一切制限が無い点で優れています.

1コスト以上格上を攻撃破壊し易くなりますし,相手がパワープラスやパワーマイナスを使っていても多少の差なら無視できるのも良いです.

もちろん,相手ターンにも機能するので守りも固くなりますね.

このカードが真っ先に狙われるので上手く守れる位置に配置出来ると効果的です.

NSに置くなら竜魔友好 ニグたん&テオゴにゃんで絶界を付与したくなりますね.

 

2つ目の能力について

自分ターンのみスクエアで有効な常在能力でスクエアにあるすべての相手のゼクスのパワーを-3000する.

自ターン限定ですが,全体に2コスト分のパワーマイナスを与えるのは強力です.

1つ目の能力と合わせるとパワー差が5000になるので小型でも大型を破壊し易くなりますね.

せっかくなので他の全体バーンや全体パワーマイナスと組み合わせて盤面を一掃する方法を考えたくなりますね.

このパワーマイナスは相手PSにも与えられます.

そのため,相手のパワー3000以下のゼクスが登場しても即座に破壊することが可能です.

ちなみに,パワー3000以下のヴォイドブリンガーの能力であんすぴーかぶる@ニグたんゴッドを退場させた場合,ヴォイドブリンガーが登場した時点でパワーマイナスを付与されているので両者とも退場することになります.

 

3つ目の能力について

このカードが登場した時,あなたのリソースに無色のカードがある場合,あなたのチャージを2枚選び,トラッシュに置いてよい.2枚置いたならば,ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び,トラッシュに置く.

チャージ2枚消費でNSのゼクスを直接トラッシュ送りに出来る除去は優秀です.

破壊ではないためチャージを与えませんし,破壊時誘発能力を発動させませんから.

しかも,自分のゼクスも対象に出来るので連続攻撃に転用できるのも◎.

 

スポンサーリンク

3. 悠久の守護 テオゴニアス

自分のデュナミスを裏向きに出来る非常に珍しい能力持ちのテオゴニアスです.

自身のみで自壊連パン出来るのですが,採用出来るデッキは限られそうですね.

 

ラスティってもしかしてラストゼオレムのことでしょうか.

愛称で呼ぶのはテオゴニアスだけかもしれませんが,テオゴニアスとラストゼオレムって愛称で呼ぶような間柄でしたっけ?

ニグたんとテオゴにゃんがパワーアップしたので二人だけでデスティニーベインは抑えられるという判断のようですね.

六神竜が次に戦う相手というとやはりレヴィでしょうか.

次弾からはレヴィVS一部を除いた他の全勢力的な戦いが始まりそうですね.

 

1つ目の能力について

自分ターン1回の起動能力でコストとしてあなたのデュナミスにある[ウェイカー]を2枚裏向きにする.あなたのデッキの1番上をチャージに置く.

表向きにしたウェイカーを裏向きに出来る非常に珍しい能力です.

私が記憶している限りだと恐らく初めての能力だと思います.

ウェイカー裏向き&チャージブーストするこの能力は2つ目の能力をスムーズに発動させるためのものですね.

最近はデュナミスの枠がカツカツ過ぎなので2つ目の能力で登場させるウェイカーを残すのも難しそうです.

なので,ウェイカーを裏向きに出来るのは助かりそうです.

 

2つ目の能力について

自分ターン1回の起動能力でコストとしてあなたの手札を1枚とあなたのチャージを2枚トラッシュに置く.このカードをリソースにスリープで置く.あなたのデュナミスにある裏向きの[ウェイカー]の中からコスト5以下の[トゥルードラゴン]を1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる.ターン終了時まで,あなたは同名のこの能力をプレイ出来ない.

ターン1回だけですが,自身をリソースへ送りつつデュナミスから5コスト以下のトゥルードラゴンを登場させるので連続攻撃しやすいですね.

この能力にはP指定がありません.

ですが,現状だと5コスト以下のウェイカーかつトゥルードラゴンは海真竜リダクトナム大天竜醒テオゴニアス新年を祝う竜の巫女’14の3種類だけです.

そのため,エア以外でも連続攻撃出来ますが,旨味は薄くなります.

大天竜醒テオゴニアスは他の巫女Pが駄目だったとしても,本人なのでニグたん&テオゴにゃんくらいは使えても良かったのではないでしょうか.

 

スポンサーリンク

4. 絶夢の神姫 ネムレ

ネムレが新たに緑の6コストのゼクスエクストラとして再登場です.

チャージに触れるリソブ&リソースから緑のゼクスを登場出来るのは良さそうです.

友人が廃滅の顕臨姫ネムレを良く使っていたので対戦する機会は多かったです.

 

1つ目の能力について

このカードが登場した時,あなたのリソースに緑がある場合,チャージを3枚まで選び,リソースにスリープで置く.

一気に3リソブ出来るのでリソースを大量に必要とするデッキと好相性です.

降臨条件に使ったカードでリソブしても良いですし,チャージにあるカードをリソースに送って再利用するのも良いですね.

この効果では相手のチャージも対象です.

相手にリソを与えてしまいますが,どうしてもチャージを除去したい時に使えますね.

 

2つ目の能力について

自分ターン1回の起動能力でコストとしてこのカードをスリープする.あなたのリソースが12枚以上ある場合,あなたのリソースにある緑のゼクスを1枚選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させる.

緑限定ですが,コスト制限なくリソースからゼクスを登場させられるのは良いですね.

普段は登場させにくい8コスト以上の大型ゼクスを登場させられますから.

しかも,起動能力なので1ターン生き残れば再使用も可能です.

そのため,相手は絶対にこのカードを残せないので処理を強要出来ますね.

ただし,12枚以上リソースが必要なのでリソブが薄いデッキだと使えなさそうです.

 

5. 裂開の芽生え アイヴィーウイング

リソブで手札に加える効果とリソースからゼクスを登場させるアイヴィーウイングです.

自身含めて盤面を埋めつつ展開する際に役立ちそうです.

ナズナは緑の世界のほのめですね.

マジカルのフレーバーで登場していましたが,ようやくシナリオに絡んできそうですね.

カード化されるとしたらゼクスになるのか,今回もシフトになるのか気になります.

 

1つ目の能力について

このカードがデッキからリソースに置かれた時,このカードを手札に戻してよい.戻したならば,あなたの手札を1枚選び,リソースにスリープで置く.

リソブした時に誘発するので緑系デッキならこのカードを手札に加えやすいです.

スタートリソースやリソースから登場させたいゼクスを手札からリソースに置く手段としても使えますね.

 

2つ目の能力について

自分ターンに使える起動能力でコストとして緑2を支払いこのカードをスリープする.あなたのリソースが7枚以上ある場合,あなたのリソースにある緑のコスト7以下のゼクスを1枚選び,リブートでゼクスのない相手PS以外のスクエアに登場させる.

緑2が必要ですが,リソースから緑の7コストを登場させられるので色々と遊べそうですね.

PSにも登場させられるので常在能力や妨害系起動能力持ちをPSに登場させたいですね.

 

6. おわりに

今回紹介した中で気になるのはあんすぴーかぶる@ニグたんゴッドです.

素直に使えるデッキは限られますが,構築次第では色々なデッキで使えますから.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント