ゼクス42弾新カード紹介「原初の劫火 アノ」他5枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年10月20日にZ/X 42弾「 約束<ユナイトアーク>」が発売されます.

今弾はデッキからアークゼクスをプレイ出来る新システムが目玉です.

他にもプリンセス・マギカ レヴィーやCode reunionのゼクスエクストラや新カテゴリのエクリプス・デュオも楽しみな弾です.

今回はピンチの状況から逆転しやすくなるIGアイコンの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 原初の劫火 アノ

ピンチの状況から逆転しやすくなる赤のIGアイコンです.

盤面次第では3~4面焼けるので一気に反撃に転じやすくなります.

最近は先攻リソブからの盤面押し付けが非常に強い環境です.

なので,不利な状況から逆転しやすくなるのは良いと思います.

 

1つ目の能力について

このターンに相手のゼクスが5枚以上登場していた場合,手札から赤1でプレイ登場します.

相手が盤面を制している状況なら僅か1コストで登場出来るこのサイクル共通の能力です.

相手ターンにプレイ登場出来るので2つ目の能力と合わせて強烈な妨害を仕掛けられます.

今後は1コスト残っていたらこのサイクルのカードを警戒しないと危険ですね.

 

注意点は相手のゼクスが5枚以上登場していればこの能力を使用出来るということです.

なので,自壊して相手のゼクスを4枚以下にしていた場合でもそれまでに相手のゼクスが5枚登場していたらこの能力でプレイ登場出来ます.

 

2つ目の能力について

プレイ登場することで(1)と(2)の両方を好きな順番で解決出来ます.

 

(1)相手のゼクスが5枚以上ある場合,NSの相手ゼクス3枚までに5000ダメージを与える.

3コスト以下相当を3枚まで破壊出来るので一気に盤面を空けやすくなります.

大型ばかりだったとしても他の手段と合わせて盤面を取り返しやすくなりますね.

 

(2)NSの相手ゼクス1枚までに8000ダメージを与える.

5コスト相当まで焼けるシンプルなバーン効果です.

(1)の効果と合わせればパワー13000まで焼けるので大型を処理し易いです.

また,自身の攻撃と合わせてパワー12500まで取れるのも良さそうです.

こちらの効果は盤面に左右されないので序盤から使用可能です.

 

 

スポンサーリンク

3. 原初の天水 メガ

ピンチの状況から逆転しやすくなる青のIGアイコンです.

盤面次第では2面バウンス出来るので反撃に転じやすくなります.

 

1つ目の能力について

このサイクル共通の劣勢時に手札から指定色1でプレイ登場する能力です.

 

2つ目の能力について

プレイ登場することで(1)と(2)の両方を好きな順番で解決出来ます.

 

(1)相手のゼクスが5枚以上ある場合,NSの相手ゼクスを1枚まで手札に戻す.

対象に一切の指定がないシンプルなハンドバウンスです.

手札を与えてしまいますが,IGアイコンが大型を処理出来るのは良いと思います.

 

(2)NSの相手の5コスト以下のゼクスを1枚まで手札に戻す.

5コスト相当までハンドバウンス出来ます.

IGで2コスト格上を触らずに処理出来るのは便利そうです.

こちらの効果は盤面に左右されないので序盤から使用可能です.

 

スポンサーリンク

4. 原初の曙光 モナ

ピンチの状況から逆転しやすくなる白のIGアイコンです.

単体だと1面しか処理出来ないのでPSに届く全体パワーマイナスを上手く活かしたいです.

 

1つ目の能力について

このサイクル共通の劣勢時に手札から指定色1でプレイ登場する能力です.

 

2つ目の能力について

プレイ登場することで(1)と(2)の両方を好きな順番で解決出来ます.

 

(1)相手のゼクスが5枚以上ある場合,スクエアにある全ての相手ゼクスのパワーを-3000する.

絶界にも効くので全体パワーマイナス自体は優秀ですが,効果量は低いですね.

最近はVBもパワー4500が主流なので,これ単体だと何も破壊出来ないことが多いです.

なので,他の全体バーンや全体パワーマイナスと組み合わせて使用したいです.

相手PSへのパワーマイナスを活かすためにスクエアバーンやスクエアパワーマイナスと併用出来るとGood!

 

(2)NSの相手ゼクス1枚までのパワーを-8000する.

5コスト相当までパワーマイナスで破壊出来ます.

(1)の効果と合わせればパワー11000まで破壊出来るので大型を処理し易いです.

また,自身の攻撃と合わせてパワー12500まで取れるのも良さそうです.

こちらの効果は盤面に左右されないので序盤から使用可能です.

 

5. 原初の淵底 シラ

ピンチの状況から逆転しやすくなる黒のIGアイコンです.

盤面次第では2~3面破壊出来るので反撃に転じやすくなります.

 

1つ目の能力について

このサイクル共通の劣勢時に手札から指定色1でプレイ登場する能力です.

 

2つ目の能力について

プレイ登場することで(1)と(2)の両方を好きな順番で解決出来ます.

 

(1)相手のゼクスが5枚以上ある場合,NSにある相手のゼクスからコストの合計が10以下になるように2枚まで選び,破壊する.

合計10コスト以下になるように2枚まで破壊出来るので盤面を空けやすいです.

3コストと7コストや5コスト×2とかが良さそうですね.

アークゼクスは8コストなので選ぶと1面しか破壊出来なさそうですね.

VBが3コストになった影響で以前よりも2コストを見かけにくくなりましたから.

 

(2)NSの相手の5コスト以下のゼクスを1枚まで破壊する.

相手の5コスト以下のゼクスを1枚まで破壊します.

このサイクルの(2)は基本的に5コスト相当まで処理出来るようですね.

こちらの効果は盤面に左右されないので序盤から使用可能です.

 

6. 原初の源茂 ミユ

ピンチの状況から逆転しやすくなる緑のIGアイコンです.

自己パンプと1面リソース送りなのでこのサイクルの他のカードとはやや毛色が異なります.

 

1つ目の能力について

このサイクル共通の劣勢時に手札から指定色1でプレイ登場する能力です.

 

2つ目の能力について

プレイ登場することで(1)と(2)の両方を好きな順番で解決出来ます.

 

(1)相手のゼクスが5枚以上ある場合,ターン終了時までこのカードのパワーを+6000する.

そのターンだけパワー10500になるので攻防で立ち回りやすくなります.

盤面を空けないのでどちらかというと防戦で活躍しそうな感じですね.

このカードを破壊するのにパワー10500以上を要求できるわけですから.

防戦を意識するならオネスティ・ヴェールと組み合わせて硬くしたいですね.

1つ目の能力でそのターン中はずっとPSにあるゼクスのパワーを+3000出来ますから.

 

(2)NSの相手の5コスト以下のゼクスを1枚までリソースにスリープで置く.

5コスト相当までリソース送りに出来る除去です.

相手にアドバンテージを与える除去なのでこのサイクルの他のカードに比べると少々微妙な気がします.

こちらの効果は盤面に左右されないので序盤から使用可能です.

 

7. 原初の虚禍 トガ

ピンチの状況から逆転しやすくなる無色のIGアイコンです.

盤面次第では2面処理出来るので反撃に転じやすくなります.

 

1つ目の能力について

このサイクル共通の劣勢時に手札から指定色1でプレイ登場する能力です.

ですが,このカードは無色のカードをスリープしなければなりません.

これは無色1だと無色を採用していないデッキでも使えてしまうからですね.

あくまで,無色を採用しているデッキ用のIGアイコンだということなんですね

 

2つ目の能力について

プレイ登場することで(1)と(2)の両方を好きな順番で解決出来ます.

 

(1)相手のゼクスが5枚以上ある場合,NSの相手ゼクスを1枚までトラッシュに置く.

チャージを与えず破壊時誘発能力も無効化出来るのが良いですね.

 

(2)NSの相手の5コスト以下のゼクスを1枚まで破壊する.

相手の5コスト以下のゼクスを1枚まで破壊します.

こちらの効果は盤面に左右されないので序盤から使用可能です.

このサイクルの中で唯一重複している効果ですね.(原初の淵底 シラと同じ)

流石に無条件で5コスト以下トラッシュ送りは強いからなのでしょうか.

 

8. おわりに

劣勢時に立て直しやすいカードが追加されると一方的なゲームが減って良さそうですね.

相手ターンにも登場出来るので駆け引きが発生するのも楽しめそうですし.

劣勢時以外でも除去持ちのIGアイコンとして使えるのも使いやすいです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント