ゼクス「神々の夜明け」新カード紹介「物語る創星輝 うらら」他4枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2022年11月17日にZ/X EXパック36弾「神々の夜明け (エリュシオン・ウェイカー)」が発売されます.

今弾は「ディンギルが支配するifの世界」をテーマにしたパックです.

そのため,ディンギルとウェイカーの新カードや再録カードが多く収録されます.

今回はうららウェイカー関連の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 物語る創星輝 うらら

今弾のウェイカー側の目玉となる10コストウェイカーのうららです.

覚醒条件は手札を3枚デッキ下に置く新しい条件ですね.

ウェイカーデッキなら1ゲームで複数回登場出来そうなので需要が高くなりそうです.

 

1つ目の能力について

自分のデュナミスにある表向きのウェイカー分プレイコストが-1されます.

なので,ウェイカーを9枚表にしていればたった1コストで登場出来ます.

そこまで下げなくても無理なくプレイ出来るようになるだけで十分です.

今弾の追加カードのおかげでかなり早い段階からプレイ出来そうです.

なので,物語る創星輝 うららは2枚以上欲しくなりそうですね.

 

2つ目の能力について

登場時にNSにある相手の3コスト以下のゼクスを1枚破壊します.

10コストの除去にしてはかなり控えめですが,コスト軽減を考慮してでしょうね.

3つ目の能力でウェイカーを登場させる盤面を確保し易くなるのは良いですね.

ちなみに,この効果による破壊は強制ですね.

最近は任意で選べる効果が多いので少々意外でした.

 

3つ目の能力について

起動能力で無1を支払うと自分のデュナミスにある表向きの元々のコストが5以下のウェイカーを1枚リブートでNSに登場させます.(自ターンのみ3回まで)

5コスト以下のウェイカーであれば覚醒条件や色を無視して登場させられます.

P指定の無い5コストウェイカーで有用なウェイカーは色々とあります.

P指定持ちも含めれば選択肢はかなり広がります.

これらを状況に応じて3枚登場させられるので色々と動けそうですね.

物語る創星輝 うららにP指定はありません.

なので,登場させたいP指定5コストウェイカーのプレイヤーにすると良さそうですね.

 

注意点は登場させたウェイカーの枚数分ウェイカーLvが低下することです.

デュナミスにある表向きのウェイカーの枚数が減ってしまいますからね.

ウェイカーLvが重いカードを採用する時には気を付けたいです.

逆にウェイカーLvの低下を逆手に取ることも出来ますね.

 

スポンサーリンク

3. 幻夢うつろう雨模様 うらら

5コストウェイカーのうららです.

盤面を埋めながらウェイカーLvも上げつつ除去も使えるので優秀です.

自身の退場も含めればウェイカーLvを一気に3上げられます.

覚醒条件が手札のウェイカーLv持ちカードをチャージに置くなのは変わっていますね.

 

ゆたかがディンギル側についた理由って何なのでしょうね.

ゆたかがメインストーリーに絡むのは革命戦や狂魔王サタン戦以降くらいからですよね.

なので,ゆたかがディンギル側についた理由は分かりにくいです.

革命戦で敗走したフレデリカと出会ったものの死別してしまったからとかでしょうか…?

でも,出会って間もない頃だとそこまでフレデリカに思い入れはないはずですし….

姉妹が神域を侵略した話をしてもピンと来ないと思いますし….

 

1つ目の能力について

スリープ登場ですが,トラッシュから3コスト以下のゼクスを1枚登場させます.

攻撃には参加出来ませんが,3コスト以下の登場時能力を使い回せるのは良いですね.

高ウェイカーLvのカードを使うなら単純にウェイカーLvを上げるだけでも良さそうです.

覚醒条件でチャージを増やせるので起動能力のコストを賄えるのも助かります.

 

2つ目の能力について

起動能力でデュナミスを表向きにしてデュナミスの表向きのウェイカー枚数以下のコストを持つNSにある相手のゼクスを1枚破壊します.

ウェイカーを表向きにしつつ相手のゼクスを1枚破壊出来るのは良いですね.

ウェイカーLvアップと破壊は独立しているので後半になっても破壊効果を使えますし.

ただし,序盤だと高コストを破壊しにくいのは注意ですね.

物語る創星輝 うららで登場させた場合も高コストを破壊しにくくなるので気を付けたいです.

 

スポンサーリンク

4. 崩壊を呼ぶ粘指 グラーク

ウェイカーを生け贄にトラッシュから登場するゼクスです.

5コストウェイカーを大型化しつつ手札を増やせるのは良さそうです.

 

1つ目の能力について

リブートのウェイカーを破壊してトラッシュからこのカードをリブートで登場させます.

主に5コストウェイカーを7コストパワー10500に変換するために使います.

便利ですし,2つ目の能力でドロー出来るためか同名1回制限になっていますね.

能力使用には相手のリソースが5枚以上必要なのでお忘れなく.

 

2つ目の能力について

登場時に2枚まで引き,手札を1枚トラッシュに置きます.

単純に手札が増えるのは良いですね.

ウェイカーLv3なのでウェイカーデッキなら問題なく条件を達成出来ます.

 

5. 無慈悲を下した審判 エイホート

ウェイカーを表向きに出来る3コストIGアイコン持ちのゼクスです.

デッキ上から手札に加えられないカードの指定が割と珍しいです.

 

1つ目の能力について

登場時にウェイカーを1枚まで表向きにします.

シンプルながらウェイカーデッキの基本なので非常に大事です.

 

2つ目の能力について

起動能力でデッキ上3枚からIGアイコンを持たないカードを1枚手札に加えます.

IGアイコンを持たないキーカードを探しやすくなるので有用です.

IGアイコンを持たないカードしか手札に加えられないのはウェイカーLvを上げにくくするためなのでしょうか.

このカードから再生の胎動精神の胎動影を統べる魔神 マイノグーラを引けたならウェイカーLv上げがかなり捗りますし.

 

話は変わりますが,公式サイトのカード検索でテキストの中にIGアイコンが記載されているカードが探しにくくて困ります.

古いカードはイグニッションアイコンと記載されているので検索が容易です.

ですが,甲虫女王ヘルソーン以降のカードだとアイコンで記載されているので検索で探せないのですよね….

改善して検索しやすくなって欲しいのですが….

 

6. 愚弄なる呪唱 ショゴズ

ウェイカーLvを5まで爆速で上げやすくなる3コストIGアイコン持ちのショゴズです.

ク・リト実装初期に上記2枚が収録されただけだったので再登場は半ば諦めていました.

なので,久しぶりにショゴズの新カードを見られたのは嬉しいですね.

本編ルートでもショゴズ再登場に期待したいです.

 

1つ目の能力について

プレイ登場時に表向きのウェイカーが4枚以下ならウェイカーを1枚まで表向きにします.

つまり,プレイ登場すればウェイカーLv5まではこの能力で上げられます.

物語る創星輝 うららと組み合わせればウェイカーLv5以降でもこの能力を使えます.

物語る創星輝 うららで表向きのウェイカーを登場させればウェイカーLvが低下します.

すると,ウェイカーLv4以下に出来るのでこの能力でウェイカーLvを上げられます.

各種胎動で登場させた場合はプレイ登場ではないで誘発しない点に注意です.

 

特筆すべきは2つ目の能力でもウェイカーLvを上げられることです.

つまり,1ターン目から無理なくウェイカーLv2に出来ます.

なので,今までとは比べ物にならない速さでウェイカーLv5まで上げられます.

「また世界を縮めてしまった…」

 

2つ目の能力について

登場時にウェイカーを1枚まで表向きにします.

こちらの能力ならウェイカーLv5以降もウェイカーLvを上げられますね.

 

7. おわりに

ウェイカーも大幅な梃入れで一気に強化されましたね.

個人的には一部を除き最近めっきり見かけなくなっていた5コストウェイカーが表舞台に戻ってこられそうで嬉しいです.

以前使っていた思い入れのあるカードを再度使えるようになるのは嬉しいですから.

欲を言えばアウェイクン・ブレイド リゲルが使いたかったのですけどね.

まあ,遠くない未来に実現する可能性が出来ただけでも今は十分とします.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント