ゼクス「アイドル♪ファンタジーフェスタ」新カード紹介「≪Last♪Sisters≫」他5枚

Z/X新カード紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています.

スポンサーリンク

1. はじめに

2023年7月23日にZ/X EXパック41弾「アイドル♪ファンタジーフェスタ」が発売されます.

今弾はSHiFTとiDAのリンクとリンクゼクスが目玉のパックです.

他には新たなパニッシャーや3色の降臨条件持ちゼクスエクストラや今まで収録された新カテゴリのSHiFTやiDAの追加カードも魅力です.

今回は3色の降臨条件持ちゼクスエクストラSSD≪舞鬼≫美食楼プリンセスの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. ≪Last♪Sisters≫

赤と青と黒のゼクスを1枚ずつ要求する6コストのゼクスエクストラです.

直接相手PSを割れて能力登場したゼクスも破壊出来るので優秀です.

 

そういえばオリジナルXIIIって48人姉妹でしたっけ.

たしか各々にコピーが3体いたはずです.(ちなみにリゲルはtype.IIのコピーです)

type.Iにコピーがいなければ,type.XIIIにニュー含めてコピーが2人いて48人ですかね.

 

1つ目の能力について

登場時に2枚まで引けます.

調整の出来るドローは使いやすいです.

 

2つ目の能力について

自身スリープでスクエアにある相手のゼクス1枚に12000ダメージを与えます.

相手PSも直接焼けるので優秀な除去です.

相手ターンにも使えるので構えるのも良いですね.

このカードをリブート出来れば1ターンに複数回使えるのでゼクスをリブートするカードと組み合わせるのも面白いと思います.

 

3つ目の能力について

チャージ1枚消費で能力登場した相手のゼクスを破壊します.

対象は自分の手札の枚数以下のコストのゼクスだけですが,なかなか厄介な除去です.

1ターンに複数回誘発するのでチャージがあれば相手の手数をかなり減らせますから.

この能力を複数回使うつもりならチャージはしっかり残しておきたいです.

相手PSも割れるので,攻めている時に原初の曙光 モナ正義の果てに… 滅天竜と始まりの巫女ざっくり両断ブレード リルフィのようなゼクスがPSに着地しても破壊してライフへの攻撃を継続出来ます.

(8コストのゼクステンド・ドライブ!を破壊するには手札が8枚必要なのでちょっと難しそうです)

 

スポンサーリンク

3. SSD #EX ニュー

P指定を持たないSSD名称のニューです.

デッキ上操作や手札入れ替えが便利そうです.

 

1つ目の能力について

登場時に手札を1枚捨てたらデッキ上3枚を好きな順番に入れ替えます.

手札を1枚失いますが,デッキ上を入れ替えられるのでデッキ上参照の効果と好相性です.

 

2つ目の能力について

2枚まで引き2枚までデッキに戻してシャッフルするので手札の質を上げられます.

デッキにいて欲しいカードを戻せるのも色々役立つはずです.

ただし,トラッシュに自身と同名が必要なのでトラッシュを上手く調整したいです.

 

4. ≪舞鬼≫スクラッチ a.k.a カナ

P指定を持たない≪舞鬼≫名称のカナです.

リムーブや手札を増やしたり5000バーンも使えるので便利そうです.

P指定無しなので赤のIGアイコンを採用したい時に候補になりそうです.

 

1つ目の能力について

登場時に手札を1枚除外したならば1枚引きます.

手札の質を上げつつリムーブも増やせるので便利です.

 

2つ目の能力について

自身スリープでNSの相手ゼクスに5000ダメージ&この能力で破壊したら1枚まで引きます.

3コスト相当を処理しつつ,1ドロー出来るのはなかなか良さそうです.

リムーブが4枚以上ならリブートするので攻撃や降臨条件のコストに出来るのも良いですね.

 

5. ≪Shooting☆Star≫

赤と白と緑のゼクスを1枚ずつ要求する6コストのゼクスエクストラです.

ライフ回復と構えられる11000ダメージが魅力です.

 

1つ目の能力について

登場時にNSの相手ゼクス1枚までリソ送り&自分のライフが3点以下なら1点回復します.

色々なデッキで1点回復出来るようになる影響は大きいと思います.

2つ目の能力も考慮すると負けにくくなりますから.

リソ送りへの除去は状況を選びますが,任意なので悪く無いですね.

ただし,チャージを3枚消費するので降臨条件にゼクスエクストラを多く使うとチャージを確保出来なくなる点に注意です.

 

2つ目の能力について

手札1枚消費でNSにある相手のゼクス1枚に11000ダメージを与えます.

標準的なアークゼクスを焼けるので十分な火力です.

手札消費は重いものの,相手ターンにも構えられるので攻防ともに活躍出来るのも◎.

 

6. 美食楼のアイドル プリズム

P指定を持たない美食楼名称のプリズムです.

手札とトラッシュを増やせて5000バーンも構えられるので使いやすいです.

P指定無しなので赤のIGアイコンを採用したい時に候補になりそうです.

 

1つ目の能力について

登場時に手札を1枚捨てたならば1枚引き,トラッシュが5枚以上なら1枚まで引きます.

登場するだけで1ディス1ドローなので手札入れ替え手段として使いやすいです.

条件を満たせばさらに1ドロー出来るので序盤以外はドローソースとしても役立ちます.

≪白き焔≫のアンセルの1つ目と2つ目の能力を合わせたような印象の効果ですね.

 

2つ目の能力について

構えられる5000バーンなので良さそうです.

ただし,能力のプレイにトラッシュが10枚以上必要なので積極的にトラッシュを増やしたいです.

トラッシュのゼクスを2枚デッキ下に戻すのでアークゼクスを戻して確実に専用約束を使えるのも良いですね.

他にはプレイヤーエクストラでの回復を見越してLRを戻すのも良いと思います.

 

7. プリンセス・アイドル ペクティリス

P指定を持たないプリンセス名称のペクティリスです.

自身を退場させつつリソースからリーファーを登場させるので色々使えそうです.

5コストパワー7000って最近では珍しい気がしますね.

 

能力について

このカードが攻撃破壊した時,このカードをリソースにスリープで置いたならばチャージかリソースにあるコスト4以下のリーファーを1枚リブートで指定スクエアに登場させます.

このカードで相手PSを攻撃破壊して連続攻撃用のスクエアを確保出来るのが良いですね.

4コスト以下のリーファーをリブートで登場させられるのも色々使えそうです.

リソースだけでなくチャージからも登場させられるのも良さそうです.

プリンセスデッキ以外にはペクティリスやユーディデッキに採用するのも有りだと思います.

リンクゼクスが4コストなのでちょうど良さそうですし.

 

昔からこの手の効果は後々になって何かしら悪用されることが多いです.

なので,同名ターン1回制限は妥当だと思います.

 

8. おわりに

≪Last♪Sisters≫≪Shooting☆Star≫はどちらも優秀です.

3色必要なのは難点ですが,しっかり登場させられればかなりの脅威になりそうです.

新カテゴリのSHiFTやiDAの追加カードはP指定がないので色々なデッキで使えるのが良いです.

その中でもIGアイコンの≪舞鬼≫スクラッチ a.k.a カナ美食楼のアイドル プリズムは様々なデッキで採用を検討出来そうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント