ゼクス「ドラゴン†はろうぃんパニック†」新カード紹介「穢黒§継承 バラハラ」他5枚

Z/X新カード紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています.

スポンサーリンク

1. はじめに

2023年11月23日にZ/X EX43弾「ドラゴン†はろうぃんパニック†」が発売されます.

今弾は竜の巫女達やデスティニーベイン,リルフィ専用のアウェイクンパニッシャーとそれを登場させるアウェイクンゼクスが目玉のパックです.

シャドウや魔眼など過去に登場したカテゴリの強化も魅力です.

今回はレルムレイザー魔眼の新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 穢黒§継承 バラハラ

5コストパワー7500のバラハラのアウェイクンパニッシャーです.

 

1つ目の能力について

登場時にデッキ上3枚を1枚ずつ手札,チャージ,トラッシュに移動するのでアドを稼げます.

2つ目の能力で使うチャージを自前で用意出来るのも良いです.

 

2つ目の能力について

自ターンのみの起動能力でNSにある相手のパワー9000以下のゼクスを1枚破壊します.

6コスト相当のゼクスを破壊出来るので使いやすいと思います.

壊滅黒耀竜 レルムレイザーを1枚プレイ登場していれば8コスト相当のパワー11000まで破壊出来ます.

なので,有効に使える場面は多いと思います.

 

スポンサーリンク

3. 穢黒§開化 レルムレイザー

アウェイクンパニッシャー登場能力持ちのレルムレイザーのライフリカバリーです.

 

能力について

登場時にデッキ上から1枚までトラッシュに置きつつ,NSにある相手のゼクス1枚のパワーを-6000は使いやすいです.

トラッシュ増やしとパワーマイナスを同時に使えるのは便利です.

リバース・アルター レルムレイザーよりもトラッシュの質と量は増やしにくいです.

ですが,プレイ登場しなくても誘発するのが利点です.

 

4. 甘味ヲ奪ウ仮初ノ魔眼 バラハラ

1つ目の能力について

自分のトラッシュが15枚以上なら手札にあるこのカードのコストを-4します.

なので,手札で1コストになります.

魔眼はトラッシュを増やしやすいので条件達成は容易です.

P指定は無いのでトラッシュを増やしやすい黒系デッキなら採用出来ますね.

 

2つ目の能力について

トラッシュを1枚増やしつつ,トラッシュの質を上げられるのは良いです.

デッキ上からトラッシュに1枚も置かない選択も可能です.

なので,トラッシュを減らしたい時やデッキを増やしたい時にも使えますね.

 

3つ目の能力について

自身が同名の能力以外で登場したらトラッシュから同名を1枚までNSに登場させます.

1コストで5コストを2枚並べられるので攻め手を用意し易くなります.

誘発条件に制限があるのはこれ1枚で連鎖して盤面に4枚並べられないようにするためですね.

現環境でも流石に1コストで5コストが4枚並ぶのは駄目だということでしょうね.

同名の能力以外ならOKなので崩壊への序曲闇冥竜醒レルムレイザーでも登場させた場合にもこの能力は誘発します.

そのため,レルムレイザーデッキで採用するのも有りかもしれません.

 

5. 嫉妬ニ沈メル魔眼 インウィディア

魔眼用の覚醒条件持ちの8コストゼクスエクストラです.

かなり優秀なので最低でも2枚採用したくなりそうです.

2ターン目4リソース時に登場させられるなら3枚採用も考えられます.

 

1つ目の能力について

破天降臨で登場出来ますが,条件が特殊です.

リソースに魔眼3枚以上は問題ないですが,自分のトラッシュがちょうど15枚必要です.

多くても少なくても駄目なのでトラッシュ枚数を調整しやすい構築を求められます.

条件は厳しめですが,黒1で8コストパワー11000登場は優秀です.

 

2つ目の能力について

8コストパワー11000が絶界持ちなのは優秀です.

強力な妨害効果が多い環境なので絶界を持たないカテゴリデッキは辛いので助かります.

 

3つ目の能力について

自身か相手のゼクス登場時にスクエアのゼクス1枚破壊は強力です.

相手PS破壊はもちろん,自分のゼクスを破壊して連続攻撃のスクエアを確保出来ますから.

強力過ぎるので同名ターン1回制限は納得しかないです.

 

相手ターンにも誘発するのがかなり強力です.

自身が絶界持ちなので全体除去の無いデッキなら確実に1手潰せますから.

しかも,破壊するかどうかの選択肢はこちらにありますし,破壊対象も好きに選べます.

なので,パワー11000以上をポンポン投げられるデッキか全体除去を使えないデッキだとこのカードを破壊するのは大変そうです.

 

6. 魅了スル妖花ノ魔眼 ファシネイア

1つ目の能力について

トラッシュを2枚増やしつつ,トラッシュを1枚デッキ下に戻せるのは良さそうです.

デッキ上からトラッシュに置く枚数は任意なのでトラッシュを減らすことも出来ますね.

P指定や名称指定なども無いのでトラッシュを増やしたい黒系デッキなら色々なデッキで採用出来そうです.

こういったカードを作るためにマイペースなリンデンの封神は必要だったんでしょうね.

 

2つ目の能力について

魔眼デッキのゼクス展開手段として重宝しそうです.

効果は調整された鎖舞ウ暁月ノ魔眼 カテーナといった印象です.

相手のリソース5枚以上の制限がなくなって早く動けるようになったのは助かります.

その反面,同名ターン1回制限なので1ターンに複数の大型をプレイ出来なくなりました.

ですが,甘味ヲ奪ウ仮初ノ魔眼 バラハラ嫉妬ニ沈メル魔眼 インウィディアといった少ないコストで使える優秀なカードが増えたのでデメリットはそこまで気にならなそうです.

 

7. 輝キ放ツ宝珠ノ魔眼 カラット

4コストパワー11000と破格なサイズを誇る魔眼です.

サイズだけでなく効果も特殊です.

 

1つ目の能力について

自ターン終了時にデッキ上10枚にある魔眼をすべてトラッシュに置きます.

一気にトラッシュを稼げるので安定して3ターン目5リソースから動けます.

気になるのは登場時ではなく自ターン終了時誘発なことです.

2ターン目4リソース時に登場させられないと動き出しに大きく影響します.

能力誘発は強制なのでデッキが薄い時に困りそうな気もします.

 

2つ目の能力について

攻撃時に同名をデッキ下に置かないとダメージを与えられないデメリット持ちです.

サイズが破格なので与えられているデメリットなのでしょう.

トラッシュを1枚減らせるので調整として使うことも有りそうです.

 

8. おわりに

レルムレイザーは便利なカードが増えた印象です.

魔眼は墓地増やしや低コスト登場の優秀なゼクスが増えたので戦えるようになりそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント