H♡Pキャンペーン配布プロモ「参拝するプリズム」「参拝するアグリィ」の紹介

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

エンジョイ!ノスフェラトゥ発売と同時にキャンペーンが始まりました.

対象店舗で対象商品を2000円購入ごとに2種1枚ずつ新プロモをもらえるキャンペーンです.

つまり,エンジョイ!ノスフェラトゥ1つ購入毎に新プロモセットがもらえるということですね.

 

今回はキャンペーンでもらえる新プロモ2種を紹介しようと思います.

 

スポンサーリンク

2. 参拝するプリズム

SHiFTメンバーのプリズムのデッキ&マイスター強化用カードです.

 

一つ目の効果このカード登場時リソースにマイスターが4枚以上ある場合,デッキトップ3枚を除外し,除外からプリズム名称のカード1枚を手札に戻す能力です.

 

プリズムデッキ専用サポートとして運用出来ます.

ポイントは除外からプリズム名称のカード1枚を選んで手札に戻せることです.

つまり,IGOBに必要なイベントプリズム 極星の契りを回収可能だということです.

マイスターデッキはデッキトップを除外するためプリズム 極星の契りを巻き込みがちです.

このカードのおかげで除外してしまった契りを回収出来るのでIGOBしやすくなります.

 

また登場させるだけで良いので,プリズム 極星の契りを再回収するのも容易です.

除外に契りが無い場合でも,デッキトップ除外後に回収するので強引に探すことも可能です.

シフトするためには2度IGOBする必要があるので,このサポート追加は大きいです.

 

二つ目の効果このカードがスクエアにあるときスクエアにあるすべての自分のマイスターにパワー+1000とコスト+1する能力です.

 

マイスター全体パンプなので“極星契騎”プリズムもパンプされるのは利点です.

珍しい点はパワーだけでなくコストも上がる点です.

スクエアの自分のゼクスのコストが上がることで相手の除去を避けやすくなります.

例えば滅獄竜デスティニーベインはコスト3以下のゼクスを好きな枚数選んで破壊します.

ところがコスト3のマイスターがコスト4になるのでこの除去範囲から逃れることが可能です.

 

個人的には“極星契騎”プリズム正義の黄昏の対象から外れるのが大きいと思います.

 

登場時契り回収だけでなく,場にいると全体パンプもかけられるので優秀なサポートです.

自身が5コストなので他のマイスターから呼び出し易い点も魅力です.

 

スポンサーリンク

3. 参拝するアグリィ

SHiFTメンバーのアグリィのデッキ強化用カードです.

 

一つ目の効果このカード登場時手札を1枚トラッシュに置き,デッキトップ2枚をトラッシュに置き,トラッシュにあるアグリィ名称のカード1枚を手札に戻す能力です.

 

基本的には参拝するプリズムと同じような仕事をします.

アグリィデッキ専用サポートとして運用出来ます.

ポイントはトラッシュからアグリィ名称のカード1枚を選んで手札に戻せることです.

つまり,IGOBに必要なイベントアグリィ 輝姫の契りを回収可能だということです.

アグリィデッキはデッキトップをトラッシュに置くことが多いのでアグリィ 輝姫の契りを巻き込みがちです.

このカードのおかげでトラッシュに落ちた契りを回収出来るのでIGOBしやすくなります.

 

二つ目の効果このカードはトラッシュにある場合コストが1減る能力です.

ディアボロスは基本的に3コスト以下のゼクスをトラッシュから登場させる効果が多いです.

(不思議の国のアイドル アリスワンダーヒーラー ルクスリアなど)

このカードが3コストになることで不機嫌なアグリィから呼び出せるようになります.

リアニメイトしやすくなるので契り回収はもちろん,7コストディンギルにもなりやすいです.

 

4. おわりに

今回の配布プロモでプリズムとアグリィのIGOBが使いやすくなりました.

今後SHiFT強化パックが発売される予定なのでこの追加は嬉しいところです.

28弾からは各プレイヤーの2種類目のシフトが収録されます.

他のプレイヤーにもこういう感じのカードが欲しいところです.

 

欲を言えばエンジョイ!ノスフェラトゥ発売と同タイミングのキャンペーンなので,それに関連したプロモだと更に良かったです.

今後SHiFT強化パックが発売される予定なので,それに合わせて各メンバーのエンジョイスターター的なものがあると新規プレイヤーも現役プレイヤーも遊び易くて良さそうですね.

強化元のデッキを入手し易いと遊べるプレイヤーの間口が広がりますからね.

フリーカードが配布されなくなった今,新規向けに遊べるスターターは常に入手しやすい状態である必要があると考えます.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント