ゼクス28弾新カード紹介「通信機械コレスポンド」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年4月25日にゼクス28弾「星界の来訪者」(アストラル・ストレンジャー)が発売されます.

 

今回はキラーマシーンプラセクト関連の新カードを紹介していきます.

 

スポンサーリンク

2. 通信機械コレスポンド

アンテナ型のキラーマシーンですね.

フレーバーの台詞は七尾と怜亜っぽいですね.

ネオシャスター側についていた超が戻ってくるところですかね.

フレーバーだけだと話の全容が分かりにくいので,ストーリー更新して欲しいです.

 

効果はこのカードが登場したとき,デッキトップ3枚を公開し,その中のカード1枚を手札に加え,残りを好きな順番でデッキボトムに置き,自分の手札のカード1枚をデッキボトムに置きます.

要はデッキトップ3枚のうち1枚と手札のカード1枚を交換する効果です.

加える対象がカードなのでイベントも引けるため,手札入れ替えとしてはなかなか有用そうです.

 

スポンサーリンク

3. 触腕機械テンタクル

効果はこのカードがスクエアにいるとき,自分のゼクスが攻撃されると発動します.

その効果は,スクエアにあるバトル中でないあなたのゼクスを1枚選び,手札に戻し,ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び手札に戻します.

 

これはなかなか厄介そうな効果です.

触腕機械テンタクルがいる状態でゼクスを大量展開されていると,バウンスし放題です.

お互い手札に戻すゼクスにコスト指定が無いのもポイントですね.

守りの効果としては結構強力な部類に入るのではないでしょうか.

 

触腕機械テンタクル以外のスクエアにあるゼクスを効果で処理出来ないとかなり厳しい状況になりそうです.

 

4. 先遣蜂兵ハニービー

一つ目の効果はターン終了時,ノーマルスクエアにいるこのカードを破壊します.

デメリットの効果で重いですね.

普通に手札から4コスト払ってプレイした場合にも発動するので注意が必要です.

二つ目の効果で登場した場合とかでは駄目だったのでしょうか.

 

二つ目の効果はこのカードがリソースにあるとき,緑2コストで指定のスクエアにこのカードを登場させます.自ターンしかこの効果は使えず,スクエアに自分の[プラセクト]が3枚以上ある場合にしか効果をプレイ出来ません.

2コストで蜂兵を用意出来るので連続攻撃に向いています.

低コストで蜂兵を用意出来るので蜂兵群長サージェンティエ【運命剣臨】精霊樹ユグドラシルとは相性が良いです.

役割の似たカードには戦蜂兵ロイヤルブリゲイドがあります.

こちらは3コスト必要な代わりにスクエアにヴェスパローゼが1枚いれば登場可能です.

 

攻撃面では優秀なカードだと思いますが,採用する枠を作るのはなかなか大変そうです.

ヴェスパローゼデッキは枠が結構カツカツなので….

 

5. 輝く双翅ソムニブルマイスター

効果はこのカードが[プラセクト]の効果で登場したとき発動します.

その効果は,自分のリソースにある6コスト以下の[プラセクト]を1枚まで選び,リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させます.ターン終了時,登場させたゼクスをリソースにスリープで置きます.

プラセクトの効果で登場する必要があるので下記2体から登場させたいですね.

登場させたゼクスはターン終了時にいなくなってしまいます.

なので,すぐに効果が使えるタイプのプラセクトを登場させたいです.

6コスト以下で候補になりそうなのは下記の2体でしょうか.

跳躍する緑蔦ヴァインロカストなら,7コスト以下のゼクスを登場させられます.

雲を貫くセコイアビートルなら,リソースブーストが可能です.

 

6コスト以下の優秀なプラセクトが増えれば,このカードのパワーも相対的に上がりますね.

今後の追加カードも要チェックですね.

 

6. おわりに

通信機械コレスポンドはデッキを選ばずに色々採用されそうな感じですね.

触腕機械テンタクルは上手く使えばかなり厄介な守りのカードとして使われそうです.

先遣蜂兵ハニービーは低コストで蜂兵を用意出来るので連続攻撃に向いています.

輝く双翅ソムニブルマイスターは紅姫プラセクトで採用されそうですね.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント