エイト・アニバーサリー収録カード紹介「ニンジュツ・サンタ ウェアジャガー」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2019年11月24日にベルサール秋葉原でゼクストリーム2019.WINTERが開催されます.

ここでは8周年記念のZ/Xカードガチャ「エイト・アニバーサリー」が販売されます.

内容はZ/Xの歴史の中で活躍してきたカードの再録やリビルドです.

お一人様1回限定10パックで11000円とかなり高額ですが,内容はなかなか面白そうです.

今回は再録4種を紹介します.

 

スポンサーリンク

2. ニンジュツ・サンタ ウェアジャガー(再録)

ゼクストリーム 2018.WINTERで物販2000円購入特典として配布されたカードです.

なので,ちょうど1年ぶりの再収録となりますね.

上記2種で連続攻撃を行うライカンスロープデッキを使う際には必須のカードです.

長知内ユーリの追加で以前にも増して需要が高まっていましたね.

なので,このたび再録されて流通量が増えるのは良かったと思います.

 

スポンサーリンク

3. 支配する金狼ヤシギ(再録)

Z/X第24弾「絆が導く未来」でSRとして収録された最初のヤシギです.

この弾からIGOBが実装されたため,それ以前と比べてガラッと環境が変わった弾でしたね.

 

このカードは赤1コストで3コスト以下のゼクスを除外から登場させられるため,主にディンギルデッキで良く採用されました.

トラッシュを除外することで手札を補充できるのも強かったです.

需要が非常に高かったので,すぐに品薄になって値段がどんどん上がっていた覚えがあります.

需要が高かったため,28弾の予約キャンペーンでイラスト違いが再録されました.

今でも低コストを中心に動くデッキの場合は採用が検討出来る1枚ですね.

 

4. 恋の応援モテッツ(再録)

2017年5月~7月ゼクスタ景品として配布されたモテッツです.

収録されてから2年以上経過していますが,未だに強力なアイコン持ちゼクスです.

その便利さ故に何度も再録されています.

予約キャンペーンで唯一2回再録されているカードでもあります.

 

収録当時はこのカードを採用したいために,白をデッキに採用するレベルでした.

当時ほどではないですが,今でも白を使うならば真っ先に採用を検討したいレベルです.

上記2種とも非常に相性が良かったので三種の神器のように扱われていたと記憶しています.

緑竜の息吹の使用頻度が高い&強力すぎたため,封神指定を受けたのも記憶に残っています.

 

現状,恋の応援モテッツのイラストは4種あります.

左は2017年5月~7月ゼクスタ景品のときのイラストです.

左から2番目は24弾予約キャンペーンのときのイラストです.

左から3番目は2019年3月~4月ゼクスタ景品のシークレット版のイラストです.

左から4番目は29弾予約キャンペーンのときのイラストです.

 

余談ですが,2017年5月~7月ゼクスタからゼクスの大会は今の形式になりました.

それまでは,1ヶ月に1種類のPRカードが参加賞として配布されていました.

ホロは1位とおまけのランダム配布で入手出来ました.

今の形式の方が勝敗に拘らずに色々なデッキを使って遊べるため,私は好きですよ.

 

5. まだ見ぬ明日へ(再録)

EX弾「キャラクターパック アルモタヘル」でRとして収録されたイベントです.

封神解除後に再録されていなかったので,テキストが新しいカードは今回が初めてです.

 

封神される前はこのカードが猛威を振るった時期がありました.

2コストで3コストのゼクスを登場させられるのは破格ですからね.

さらに,ウェイカーLvアッパーを登場させることでモリモリレベルアップ出来ました.

そのため,首狩りのクローズラインで詰ませるハイウェイカーデッキが流行るほどでした.

現在ではリソースにアルモタヘルが必要になったため,アルモタヘルデッキで採用されます.

効果は同じなので,依然として強力なカードであることに変わりはないです.

 

6. おわりに

今回紹介したカードはいずれも一時代を築いたカードです.

しかも,どのカードも今でも採用率の高いカードばかりです.

なので,エイト・アニバーサリーの収録カードとしては非常にマッチしています.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント