ゼクス31弾新カード紹介「【剣誓『魔術師』】七尾」他3枚

Z/X新カード紹介
スポンサーリンク

1. はじめに

2020年1月23日にZ/X 31弾「神秘への道標(アルカナ・ホライゾン)」が発売されます.

今弾は30弾で未収録プレイヤー分のオーバーシフトやアプリレアが目玉です.

さらにE☆2Z/X Code reunionの追加カードも魅力です.

今回はシンクロトロンキラーマシーンの新カードを紹介します.

 

スポンサーリンク

2. 【剣誓『魔術師』】七尾

七尾専用オーバーシフトの1種類目です.

シンプルながら使いやすいドロー効果持ちです.

高度に発展した科学は忍術と区別がつかない,といったところでしょうか.

 

効果について

手札を増やしつつ,手札から山札に好きなカードを1枚戻せるのが魅力です.

手札に来たIGやエヴォルシードアイコンをデッキに戻すの役立ちますね.

もしくは暴龍機械ドラコニアスや次に紹介するカードのようにデッキから登場させたいゼクスを戻すのも良いですね.

 

スポンサーリンク

3. 機械と発明と青春シンクロトロン

ほぼ七尾がメインのイラストですが,シンクロトロンは左手に持っているものですかね.

今回もフレーバーのモールス信号を解読してみます.

☆が長点(-),★が短点(・)に相当するので下記のようになります.

 

・・・ 「ら」

・・- 「う」

・・ 「”」

--・・ 「ふ」

・--・- 「ー」

-・・-- 「ゆ」

・--・- 「ー」

 

love for you ってことでしょうか?

 

一つ目の効果について

登場するだけでデッキ上5枚から4コスト以下のゼクスを登場させられます.

登場させるゼクスの種族指定はないため,キラーマシーンデッキ以外でも使えそうです.

 

特筆すべきは効果発動にリソースの制限がないことです.

そのため,七尾のリソースリンクの効果を使えば1ターン目から効果を使えます.

効果でオリジナルXIII Type.EXを登場させれば3点くらい取るのも可能ですね.

その場合は,手札に「2コストのゼクス2枚」もしくは「2コスト&7コストのゼクス1枚ずつ」が必要ですね.

 

二つ目の効果について

自分のターン終了時にノーマルスクエアにある自分のゼクスを1枚破壊して1ドローします.

チャージを増やしつつ,手札も増えるため悪くない効果です.

効果で登場してターン終了時にいなくなるゼクスを対象にすると無駄がないです.

ただし,強制効果なので必ず盤面が空いてしまう点に注意です.

 

機械と発明と青春シンクロトロンが2枚以上いる場合も気を付けたいです.

ターン終了時に効果が誘発し,機械と発明と青春シンクロトロンの枚数分効果が待機します.

そのため,機械と発明と青春シンクロトロンをこの効果で破壊しても効果の発動回数は減りませんから.

 

4. 雑食機械イータウェイ

相手のゼクスをバウンスしつつ,自分のゼクスをバウンス出来る効果を持っています.

このフレーバーテキストは浄化の賛美歌をあづみやほのめが防いだときのものですかね.

 

効果について

相手がノーマルスクエアにある自分のゼクスを1枚戻したら,ノーマルスクエアにある自分のゼクスを1枚手札に戻せます.

そのため,相手のゼクスがノーマルスクエアにないと効果が使えません.

自身が低コストながらコスト制限なくバウンス出来るため,バウンス対象は相手が選ぶのだと思います.

この効果は相手ターンにも使用出来るため,防御にも使える点で優れています.

 

5. 雪崩機械アヴァランチ

楽しくウィンタースポーツに興じていそうな雰囲気を感じます.

しばらく前なので忘れていましたが,あづみの共振崩壊の能力は残ったままだったんですよね.

 

効果について

自分のターン終了時に手札を捨てた枚数分(3枚まで)スクエアにあるゼクスを手札に戻せます.

盤面の処理はこの効果に任せて攻撃に専念するのに使えそうな効果ですね.

相手にチャージを与えない除去のため,返しのターンの反撃が弱まります.

 

特筆すべきは相手のプレイヤースクエアのゼクスも対象に出来る点です.

相手のライフからゼクスが登場しても,そのゼクスをバウンス出来ます.

そのため,相手は返しのターンにディンギルを絡めたIGOBをしにくくなります.

 

6. おわりに

機械と発明と青春シンクロトロンはなかなかヤバそうな効果ですね.

リソースリンクとの相性が良いため,上手く揃えばかなり早い段階でライフを削れそうです.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.

 

コメント